CQ ham radio 誌

2021年12月31日 (金)

QSOパーティは1月2日から7日まで開催 6日間連続参加してお年玉プレゼントをゲットしょう!

QSOパーティは1月2日から7日まで開催

6日間連続参加してお年玉プレゼントをゲットしょう!


20220102001_20211231091601 昨年からQSOパーティの開催期間が1月2日午前9時から1月7日21時までに延長しています。

開催期間の延長、お一人でも多くの方に6日間連続参加いただきたく、今年もお年玉特別企画として、6日間連続してご参加いただいたJARL会員の局へ抽選で下記の記念品等がプレゼントされます。

◆ ハンディトランシーバー : 3台
◆ JARLオリジナル手ぬぐい : 100名

6日間、毎日異なる1局以上と交信し、合計20局との交信を達成された方は、ログシートに異なる局と交信された6日間の交信記録を記入して書類を提出してください。
忘れずにサマリーシートの 「意見欄」に「連続日交信」と記入してください。

ぜひ6日間連続で参加してみませんか!

QSOパーティのご案内・規約はこちらから

| | コメント (0)

2021年12月23日 (木)

CQ ham radio 誌 2022年1月号発売中!

CQ ham radio 誌 2022年1月号発売中!


Cq20220101 年の瀬を慌ただしくお過ごしのことと思います。寒さ厳しく大雪など荒れた天候となり本格的な冬の到来となりました。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。暖かくして風邪などひかぬようにお身体ご自愛のほどお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の新たな変異株「オミクロン株」の市中感染が確認されるなど心配が増幅してきました。健康にかかわる重要なことですのでソーシャルディスタンスの確保など、初心に戻って取り組んで参りましょう。

さて、CQ ham radio 誌 通巻906号 2022年1月号が発売になりました。
すでにお手元にお持ちの方もいらっしゃるかと思いますがご案内させていただきます。


◎2022年1月号新年号の特集・誌面は

今月の特集は「2022年のアマチュア無線、コロナ禍でもハムを楽しもう!」と題して、サイクル25に突入した2022年はHF帯の電波伝搬を楽しもうと題して、今後の太陽活動とコンディション予想や,さらにサイクル25で期待できるバンド・モードについて紹介していのます。

そして新たな年におススメのアマチュア無線の楽しみ方、人気のデジタルモードFT8運用はもちろん,コロナ禍で人気沸騰のソロキャンプ・一人で楽しむキャンプ&無線など,新たな提案を紹介しています。
ぜひ記事を参考にしていただき、2022年の目標を立てて引き続きアマチュア無線をエンジョイしませんか。

密を回避した遠征受信で大満足!~フィールド受信で楽しむBCL アフターコロナの遠征記~ D-STAR最新事情と楽しみを広げるヒント~2022年のD-STAR にぎわうデジタル音声通信ネットワーク~2022年のC4FM&WIRES-X 技術進歩がもたらすHF機の未来~HF用ファイナルアンプの今後を考える 海外交信の手段が増えた今だから~2022年は英語力を磨こう! 米国におけるHFアクティビティーと2022年の期待感~ニューヨークから見た空模様 ハムと社会の繋がりを考える~アマチュア無線の防災等での社会貢献とSDGs など、エキスパートの方々が執筆されております。

さらにトピックス、ユーザー・レポート、テクニカルセクション、DX WORLD、連載など、新連載も登場し盛りだくさんの誌面構成となっております。ぜひ参考にしていただきアマチュア無線をエンジョイしてください。

◎FROM J.A.R.L.(JARL情報)ピンク色のページ
日本アマチュア無線連盟にて編集しておりますピンク色の16ページの誌面では、2022年に75回目の開催となるQSOパーティをご案内させていただきました。

20220102001 電波の上で新年のご挨拶を交わすQSOパーティ、2021年から1月2日から7日までの6日間に開催期間を延長いたしました。その歴史も誌面にて紹介しております。
ステッカーと12支達成で記念楯の頒布は1974年から始まり、1990年には開催期間を1日間から、2日の午前9時から3日の21時までに延長、当時、私も委員として期間延長を審議いたしました。2021年からは、さらに多くの皆さんにご参加いただきたく6日間に開催期間を延長するに至っております。


さらに、12支達成された方への記念楯の頒布ですが、2021年から新たに、2巡目3巡目4巡目を達成された方には、金・銀・銅の記念楯の贈呈も開始いたしました。


そしてもう一つ、開催期間中の6日間を連続でご参加いただいた皆さんには、抽選でオリジナル手ぬぐいや最新ハンディトランシーバのお年玉プレゼント「お年玉特別企画」を2022年もご用意しました。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

また、JARLは2021年11月1日に新法人に移行して10周年を迎えました。新法人に移行後、連続して正員として在籍されアマチュア無線の向上と連盟事業の発展に寄与された会員の皆様を表彰させていただくことと致しました。表彰についてもご案内させていただきました。

さらに「2022 IARU HF World Championship」コンテストの連盟本部局(HQ局)の公募について、入会者をご紹介いただいたJARL会員の方々ににQUOカードをプレゼント、さらに抽選で最新ハンディトランシーバが当たる「入会金無料キャンペーン」のご案内、KDDIミュージアムのご案内、あのときJARLは~昭和の自体とアマチュア無線~、ニューカマー&お試し入会キャンペーンのご案内、各地の行事カレンダー、各地域のイベントなどをご案内させていただいております。
ぜひご高覧いただけますと嬉しいです。

◎別冊付録は
1月号の別冊付録は、毎年好評の「ハム手帳(HAM NOTEBOOK)」です。カバンに入れて持ち歩いて便利に使えるアマチュア無線家向けの情報が満載のスケジュール帳です。バンドプラン、DXCCエンティティー、JCC/JCGリスト、欧文・和文通話表などなども掲載しています。
2022年も「ハム手帳」をお傍に、一緒に過ごしてみませんか。

◎1月号の「新移動運用セミナー」誌面は (P.230~P.231)
担当させていただいております「新 移動運用セミナー」誌面、2022年も当コラムを担当させていただきます。移動運用でアマチュア無線を盛り上げて行きたいと考えます。倍旧のご指導ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

屋外へ出るのがおっくうになるこの季節、でも寒い季節には寒い季節だけの魅力もいっぱいあります。装備はしっかり冬装備、無理せずに余裕をもった計画で、安全第一を念頭に応答率がアップする移動運用を楽しんでください。

◆アウト・ドア・インフォメーション「QSOパーティで移動はじめ!」
2022年も,電波のうえで新年のご挨拶を交わすQSOパーティ(JARL主催)が1月2日~7日に開催されます。参加しやすくなったQSOパーティ、さらに開催期間中の6日間を連続で参加された方には抽選でプレゼントも。
2022年は移動先から新年のご挨拶を交わしませんか。標高というタワーの威力は絶大、ロケーションの良い運用ポイントや珍市珍郡などに移動して参加はいかがでしょうか。移動運用でのご参加をご案内させていただきました。

◆ありがとうコール移動運用報告!
1年間交信していただいた各局や、安全に移動運用が楽しめたことなどいろいろな出来事に感謝して、各地で移動運用を愛好される方々による「ありがとうコールの移動運」が行われました。報告を紹介させていただきました。


◎移動運用の冬装備 安全を願って! 
冬用タイヤで安全を確保して移動運用を楽しみましょう!
Cq20220102 寒い季節の移動運用も車を活用すれば手軽にそして快適に楽しむことが出来ます。寒いと億劫になりがちですが楽しまれている方も少なくありません。年末大売り出し、カーショップでは「クルマの冬装備」と銘打って各社の冬用タイヤや滑り止め装置の展示特価販売が行われています。
寒い季節には移動運用には行かないからと夏タイヤのままという方も少なくありませんが、四季を通して多発している車のトラブルの中でタイヤ関係トラブルは第2位と上位に位置しています。

2021winter筆者の長年の寒い季節の移動運用の経験を基に、冬用タイヤ選択の際の注意点などを執筆させていただきました。
ぜひ参考にしていただき、冬用タイヤの装着と滑り止め装置の携帯、安心装備で応答率のアップする寒い季節の移動運用を楽しんでいただけますと嬉しいです。

ひとことコーナーでは、愛好される皆さんのコメント等を紹介させていただきました。

 

========================================================
 JARLのラジオ情報番組“Radio JARL.com”放送中!
 毎週日曜日21:00~21:30/FMぱるるん76.2MHz
 インターネットのサイマルラジオ並びにリッスンラジオ
 同時配信.パソコンでお聴きいただけます。
 バックナンバーなど番組ホームページは こちらから
========================================================

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

ありがとうコールの移動運用!

ありがとうコール間移動運用!

埼玉県西部の奥武蔵グリーンラインからQRV!


12月6日は「アウト・ドア」メンバーと一緒に「ありがとうコールの移動運用」を行いました。


2021120501 7/50/430MHz帯にQRVしました。交信いただいた皆様に、日頃炉のお声がけに感謝、1年間安全に移動運用が楽しめたこと、健康に移動運用が楽しめたこと、コロナが収まり移動運用が再開できたことなどなど、皆様に感謝の気持ちをお伝えしました。


交信いただいた方から「アンテナ保険、滑り込みました」「Radio JARL .com 聴いてます」「ニュース シブ5時 みました」などのコメントもいただきました。


とくに、カムバックしましたとのコメントをいただくことが多かったです。


7MHz帯では、清田JARL熊本県支部長とも交信できました。


皆様、交信ありがとうございました。

| | コメント (0)

2021年12月 3日 (金)

師走には「ありがとう」の感謝の気持ちを贈りましょう!

師走には「ありがとう」の感謝の気持ちを贈りましょう!


202112010001 今年も早いもので師走ですね.

移動運用に出かけると「移動運用お疲れ様」や「お帰りは気をつけて」と,交信の中で優しい言葉をいただくことがありとても嬉しいですね.

近年,とくに「いつものお声がけ」を期待することも多く,皆さんからのお声がけ,パイルアップで移動運用の疲れが吹っ飛ぶことも多々あります.

でも,交信いただいている皆さんに感謝の気持ちをお伝えする機会はなかなかありません.

そこで師走には,交信していただいた皆さんや安全に移動運用が楽しめたこと,電波で感動との遭遇に感謝して,ありがとうの感謝の気持ちをこめた移動運用を行いませんか.

相手局に感謝の気持ちが伝わることと思います.

師走には移動先から交信いただいた皆さんに「ありがとう」の感謝の気持ちを贈りませんか.

(画像はある年のありがとうコール移動運用)

 

========================================================
 JARLのラジオ情報番組“Radio JARL.com”放送中!
 毎週日曜日21:00~21:30/FMぱるるん76.2MHz
 インターネットのサイマルラジオ並びにリッスンラジオ
 同時配信.パソコンでお聴きいただけます。
 バックナンバーなど番組ホームページは こちらから
========================================================

 

 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

CQ ham radio 誌 2021年12月号発売中!

CQ ham radio 誌 2021年12月号発売中!


Cq20211201 朝晩冷え込むようになり冬の訪れを感じる季節となりました。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。気温の大きな変化、風邪などひかぬようにお身体ご自愛のほどお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言等も全面解除されて最近は新規患者数も激減しておりますが、新たな変異株「オミクロン株」の感染者が日本で確認されるなど心配も増幅されました。
健康にかかわる重要なことですのでソーシャルディスタンスの確保など、初心に戻って取り組んで参りましょう。


さて、CQ ham radio 誌 通巻906号 2021年12月号が発売になりました。

すでにお手元にお持ちの方もいらっしゃるかと思いますがご案内させていただきます。


◎12月号の特集・誌面は

今月の特集は、ステイホームで再開局しよう「アマチュア無線カムバックの勧め」です。新型コロナウイルス感染症の感染拡大,緊急事態宣言発令下のSTAY HOME、自宅での在宅時間が増えるなど時間の使い方が大きく変化した方も少なくないようです。在宅勤務が増えて通勤に充てていた時間を自分磨きに活用したり、自宅で楽しめる何かを再発見される方が増加しました。
アマチュア無線連盟が会員皆様の満足度の向上に努めて数々の新たな取り組みの開始とコロナ禍とが相まって、アマチュア無線に興味をお持ちいただき楽しまれる方が増加、会員数が大幅に増加し、各メディアでも注目されました。

12月号の特集は、アマチュア無線を再開される方、しばらく遠ざかっていた方、これまで楽しむ時間の余裕がなかった方にお役に立つ内容となっています。時代を超えた今どきのアマチュア無線の楽しみ方のご提案です。

コロナに負けないアマチュア無線界~STAY HOMEで楽しむハムライフ 視野を広げてみるとシャックにいることが楽しくなる! フィールド運用で復活! カムバックハムにお勧め~ハムのためのソフトウェア&Webサービス 青春の思い出を楽しむハムライフ~自作のお勧め カムバック・ハムに伝えたい最近のAM事情 ちょっとした工作でハムの心を思い出す ログを制すものは交信を制す!? など、エキスパートの方々が執筆されております。

さらにトピックス、ユーザー・レポート、テクニカルセクション、DX WORLD、連載など、盛りだくさんの誌面構成となっております。ぜひ参考にしていただきアマチュア無線をエンジョイしてください。

◎FROM J.A.R.L.(JARL情報)ピンク色のページ
20211204-cq 日本アマチュア無線連盟にて編集しておりますピンク色の16ページの誌面では、世界スカウト機構の公式国際行事「JOTA 2021」日本アマチュア無線連盟が公式に支援いたしましたボーイスカウト日本連盟のアマチュア無線体験プログラム、10月16日~17日に行ったアマチュア無線イベントを紹介、モデルケースともなる東京のスカウト会館にて実施しされた様子を報告しております。
20211203-cq 次に、10月14日の国際防災デーに実施した防災訓練に日本アマチュア無線連盟も参画し訓練を行った様子、番組制作に協力したNHK「ニュース シブ5時」の特集「人気再燃!?アマチュア無線」のご紹介・ご報告、東京2020オリンピックパラリンピツク記念局、東京2020JARL記念アワード、5賞を達成された方に頒布される記念オーナメントをご紹介させていただきました。
さらに、2022QSOパーティのご案内、JARL東京都支部並びに神奈川県支部が合同で開催しましたアウトドアミーティングの開催報告、ニューカマー&お試し入会キャンペーンについて、各地の行事カレンダーではイベント等をご案内させていただきました。ぜひご高覧いただけますと嬉しいです。

◎別冊付録は
Cq20211202 12月号の別冊付録は2022カレンダーです。真空管の暖かい温もりが綺麗でとても魅力的です。
とても素敵に仕上がってます。ぜひシャックにいかがでしょうか。

 

◎12月号の「新移動運用セミナー」誌面は (P.212~P.213)
担当させていただいております「新 移動運用セミナー」誌面、今年一年間の締めくくり、1年間執筆担当させていただくことが出来ました、多くの愛好者の皆さん,読者の皆さんのご支援の賜物、心より厚く御礼申し上げます。
JG1KTCのワンポイントアドバイス、The Expedition Award 山頂部門650山特別賞を受賞、ありがとうコールの移動運用を掲載させていただきました。ご高覧いただけますと嬉しいです。

◆JG1KTCのワンポイントアドバイス
2021122-cq 移動運用も冬装備でと題して、寒い季節にはおっくうになる移動運用ですが,標高と言うタワーの威力は絶大,空気が澄んで視界も良く眺めは最高でこの時期だけの魅力もいっぱいです。でも、寒い季節の移動運用は安全第一で,そんなアドバイスをさせていただきました。

◆The Expedition Award 山頂部門650山特別賞を受賞、
2021121-cq移動運用愛好者の勲章アワード、「The Expedition Award」山頂部門650山特別賞を受賞された7K3QUX 木村 一元さんに、受賞の喜びや受賞までの山岳運用の様子を紹介いただきました。コロナ禍で感染防止並びに感染拡大防止に努めた様子も紹介いただきました。ぜひ参考にしていただければと思います。
(規約など詳細はアウト・ドアのWebサイト:http://out-door.jp/参照ください)


◆ありがとうコールの移動運用の勧め!
師走には、今年交信していただいた皆さんや安全に移動運用が楽しめたこと、電波で感動との遭遇に感謝して、ありがとうの感謝の気持ちをこめた移動運用を行いませんか。
毎年12月を「ありがとうコール移動運用月間」と制定しています。移動運用を愛好されている皆さん、師走には電波で「ありがとう」の気持ちを、交信いただいた皆さんに感謝の気持ちを贈りませんか。

ひとことコーナーでは、愛好される皆さんのコメント等を紹介させていただきました。

 

========================================================
 JARLのラジオ情報番組“Radio JARL.com”放送中!
 毎週日曜日21:00~21:30/FMぱるるん76.2MHz
 インターネットのサイマルラジオ並びにリッスンラジオ
 同時配信.パソコンでお聴きいただけます。
 バックナンバーなど番組ホームページは こちらから
========================================================

| | コメント (0)

2021年10月19日 (火)

CQ ham radio 誌 2021年11月号発売中!

CQ ham radio 誌 2021年11月号発売中!

急に寒くなった東京です。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。気温の大きな変化、風邪などひかぬようにお身体ご自愛のほどお願い申し上げます。
新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言等も全面解除、最近は新規患者数も激減しておりますが、
お一人お一人の健康にかかわる重要なことですのでソーシャルディスタンスの確保など、初心に戻って収束に向けて取り組んで参りましょう。

さて、CQ ham radio 誌 通巻905号 2021年11月号が発売になりました。
すでにお手元にお持ちの方もいらっしゃるかと思いますがご案内させていただきます。

◎11月号の特集・誌面は
Cq202111-01 今月の特集は、別冊付録 連動企画 アマチュア無線機器購入ガイド2021、アマチュア無線機購入の参考になる情報を集約した誌面構成となっております。多種多様な144/430MHz対応トランシーバから人気のオールモード/オールバンド対応コンパクトトランシーバを選択する際のヒントなど、さらには最新HF帯トランシーバの特徴などにも触れています。別冊付録の「2021アマチュア無線機器カタログ」を見ただけでは読みとれないような点についても、実際の利用シーンをイメージできるように紹介しております。アマチュア無線機器を初めて購入する方、買い替えられる方、そして現在使用中の方にもお役に立てる誌面構成となっております。

◆よくある質問からひも解く~V/UHF機と周辺機器選び ◆別冊付録「無線機器カタログ2021」を読み解くための~D-STAR対応無線機選びに役立つ知識 ◆~シンプルなデジタル音声通信モード~C4FM対応機の特徴と楽しい活用法 ◆~初めの1台としてお勧めの無線機!~オールバンド/オールモード搭載コンパクト機の魅力 ◆サイクル25の好コンディションに向けて~現行HF固定機を使ってみよう ◆多種多様な製品群から目的に合った機種を選ぶ~アンテナ・チューナ・ガイド 2021 ◆現代でも利用できる~外付けプリアンプの活用 ◆大切さは無線機選びと同じ~自分にフィットする安定化電源を探そう電源の選び方etc、さらにトピックス、ユーザー・レポート、テクニカルセクション、DX WORLD、連載など、盛りだくさんの誌面構成となっております。ぜひ参考にしていただきアマチュア無線をエンジョイしてください。

◎FROM J.A.R.L.(JARL情報)ピンク色のページ
日本アマチュア無線連盟にて編集しております16ページの誌面では,総務省が作成した小冊子「社会貢献活動でのアマチュア無線の活用」を紹介させていただきました。さらに、JARL会員皆様専用の「アンテナ第三者賠償責任保険」のご案内、東海ハムの祭典、アマチュア無線の世界で広がる青少年育成への取り組み、 あのときJARLは昭和39年にスポットをあてて紹介(ハムを主役にした連ドラ ハローCQ撮影開始など)、キャンペーン・販売品のご案内、各地の行事カレンダーではイベント等をご案内させていただきました。

◎別冊付録は
Cq20211102 別冊付録は特集誌面との連動企画「2021アマチュア無線機器カタログ」です。
最新のトランシーバから周辺機器までをすべてを網羅し掲載、アマチュア無線を愛好家の皆さんにお役立ち「保存版」となっています。



◎11月号の「新移動運用セミナー」誌面は (P.218~P.219)
担当させていただいております「新 移動運用セミナー」誌面では、待ちに待った新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言並びに蔓延防止措置の全面解除、この日を待っていました!、2021年、初めての移動運用を楽しんた様子をレポートさせていただきました。アイボールQSOや移動運用の様子をぜひご高覧いただけますと嬉しいです。誌面を少し紹介。

◆アイボールQSO!
20211019002 奥武蔵グリーンライン、顔振峠、傘杉峠を経て黒山展望台(埼玉県入間郡越生町標高約600m)へ、展望台ではJA1ZYG青梅アマチュア無線クラブの皆さんが青梅市市制施行70周年記念特別局「8N1OME」の運用サービスを行っておりました。制限が解除されたこともあり特別局の移動サービスに力を注がれておりました。
画像は、黒山展望台にて青梅市市制施行70周年記念特別局「8N1OME」の運用を行った青梅アマチュア無線クラブの皆さん(左から7M3HYT伊藤前会長、JQ1OKU沼田会長、JI1MFZ貫井さん)

◆堂平天文台「星と緑の創造センター」
20211019003 堂平山山頂には、東京天文台「堂平観測所」として日本の天文学を支えてきたドーム施設があり、ときがわ町に移管されて約20年、現在は堂平天文台「星と緑の創造センター」としてキャンプ施設として多くの方に利用されています。遠く東京都心まで見渡せる素晴らしいロケーションにアマチュア無線愛好者の利用も多い施設でもあります。
 コロナ禍で営業を休止としておりましたが10月から営業を再開しましたので、利用の際の注意点などを伺いました。当面の期間、新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、複数名のグループで予約する場合は家族単位のみを受付、日帰り(デイキャンプ)での利用は休止とのことです。アマチュア無線の運用についても当面禁止とのことですのでご注意ください。

◆7/430MHz帯にQRV!
20211019004 アンテナを簡単設営し、17時過ぎから7MHz帯でCQを出すと、早速、大阪府茨木市のJR3WJX小治さん、福岡市博多区のJE6SMW中村さんと続けてコールをいただき、バンドコンディションにも恵まれて途切れることなく19時過ぎまで、0エリアを除く9のエリアの方々約70局と交信することが出来ました。
イベントでのアイボールを懐かしむ北海道河東郡音更町のJE8JSX坂森さん、ペディション・デーにご参加いただいた兵庫県明石市のJO3RUL田畑さん、愛媛県今治市のJAG会長JH5GEN越智さん、いつも元気を頂戴するJE8FWP川本さんとも交信を楽しみました。

19時過ぎにバンドコンディションが変化し、430MHz帯にQSYしました。430MHz帯では、東京都杉並区JA1GIN齋藤さん、東京都稲城市JH7LOO/1寺内さんとの交信を皮切りに、関東エリアの皆さんからコールをいただきました。
東京都目黒区のJR1EMM駒田さんからは記念局運用の激励、「JA1TOKYO」運用時に激励・応援QSOをいただいた埼玉県川越市のJK1BYI辺見さんからもコールを、東京2020オリンピックパラリンピック記念局「JA1TOKYO」を運用した際に交信いただいた方々からも多数コールいただき、記念局の運用への謝意も頂戴しました。ありがとうございます。
さらに今回も「電波が強力に届いています!」とコメントを皆さんから頂戴しました。使用している装備を紹介すると、さらに驚きのコメントも頂戴しました。
久々「標高と言うタワーの威力は絶大、出力にも勝る!」を実感することが出来ました。

約3時間の夜間の運用、たいへん多くの方々と交信を楽しむことができました。お一人お一人との交信、すべてが忘れられない感動となりました。コールいただきながら交信に至らなかった方も多数おられたことと思いますが、何卒お許しください。次回によろしくお願いいたします。

ひとことコーナーでは、愛好される皆さんのコメント等を紹介させていただきました。

| | コメント (0)

2021年8月21日 (土)

CQ ham radio 誌 2021年9月号発売中!

CQ ham radio 誌 2021年9月号発売中!

Cq2021091 残暑 お見舞い申し上げます。
台風、大雨、不安定な天候が続いております。熱中症にもご注意いただき、ご安全にお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染、あと少し不要不急の外出を控えて、ソーシャルディスタンスの確保、密閉、密集、密接となる行動を避けるなど、お一人お一人の健康にかかわる重要なことですので十分に注意をお願いいたします。

さて、CQ ham radio 誌 通巻903号 2021年9月号が発売になりました。
すでにお手元にお持ちの方もいらっしゃるかと思いますがご案内させていただきます。

◎9月号の特集・誌面は
Cq2021092  今月の特集は、楽しみの幅を広げよう「ハムのDIY実践アイデア」です。手軽に手に入る材料で取り組むアマチュア無線家に役立つDIYの提案、ご近所のホームセンターに出かけて材料を調達して自宅でじっくり取り組める DIYアイデアやそのノウハウを紹介しています。コロナ禍の今、ご自宅でアマチュア無線をより快適に楽しむためにもぴったりの特集です。

◆アマチュア無線と木工・木工DIYに挑戦しよう ◆DIYで楽しむ・無線機クリーンアップ大作戦 ◆工夫して楽しむ・私のDIY工作術 ◆習うより慣れたい・DIYで始める圧着入門 ◆アパマン・ハムの工夫と実践、コンパクト・シャックに役立つDIY ◆今さら聞けない・釣り竿アンテナDIY ◆店舗特性を見極めて賢く使い分けよう!ホームセンターはDIY素材や工具の宝庫など、どれも必見です。ぜひ参考にしてください。

そしてもう一つ、台風シーズンの到来の季節となりました。さらに大雨や突然の豪雨など、不安定な天候が続いております。台風などの強風からアンテナを守る対策のノウハウ、台風シーズンに備えたいアンテナの安全対策DIYも必見です。
ご参考にしていただき、安全第一でお願いいたします。

Ja1tokyo_20210822110601  ●東京2020オリンピック・パラリンピック記念局
「JA1TOKYO」東京都西東京市から世界に向けて発信!!(P.143)
東京都西東京市に開設した東京2020公式プログラム、東京2020オリンピックパラリンピック記念局「JA1TOKYO」の開局の様子、7K1KJK 泉田 裕彦 衆議院議員のQRVの様子などを、カラーページにて紹介していただきました。ぜひご高覧ください。

さらに誌面では、ユーザー・レポートや連載誌面まで、盛りだくさんの誌面構成となっております。

◎今月の別冊付録は FT8活用マニュアル
新しい楽しみ方のデジタルモードFT8を、より快適に楽しむためのノウハウ満載です。ぜひ参考にされてはいかがでしょうか。


◎JARL編集のページ FROM J.A.R.L.(JARL情報)ピンク色の誌面

Ja1tokyo_20210822110602 日本アマチュア無線連盟にて編集を行っております16ページの誌面では,東京2020オリンピックパラリンピック記念局「JA1TOKYO」の開局の様子などを、詳細にご報告させていただきました。
日本経済新聞にアマチュア無線連盟の会員増などをご紹介いただいたインタビューコメントをご報告させていただきました。

各エリアからPR運用を行っております東京2020オリンピックパラリンピックPR記念局「8J※OLYMPIC」の運用の様子も紹介させていただきました。

ハムフェア2021のご案内、9月4日~6日まで開催されますALLASIANDXコンテストのご紹介、あのときJARLは、「1964年」東京オリンピックの年をクローズアップして掲載しております。
そして各地の行事カレンダー、イベントをご案内しております。


◎9月号の「新移動運用セミナー」誌面は (P.216~P.217)

20210724001_20210822110401 担当させていただいております「新 移動運用セミナー」誌面では、皆様に愛されて、今年で40回を迎えた移動運用の祭典、移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」の参加速報を掲載しました。
7月の最終土日7月24日(土)25日(日)に、コロナ禍3密を避けてソーシャルディスタンスの確保、感染防止策を施して「単独での参加」を基に、2年ぶりに開催させていただきました。
皆様、ご参加ありがとうございました。ご参加いただいた皆様方からお送りいただいた参加報告、一部を速報として紹介させていただきました。

移動運用の祭典「 40th The Expedition Day 」参加速報!

新しいハムの楽しみを見つけた! JA1QQU 押尾 泰典 殿
202109pdja1qqu-2参加コメント:移動経験のある湯河原町から,夜にセットアップ完了し翌朝,ゆっくりと朝食を食べてから運用開始.眼下に真鶴半島と相模湾,その向こうに伊豆大島が霞んで見えるすばらしいロケーション.しかし,駐車スペースは炎天下で暑く木の陰で水分補給しながら参加.話しがはずんだりしてのんびりQSOができた.局数とマルチを追いかけるコンテストとは全く異なる移動運用となり,新たなハムの楽しみを見つけたような気がする.

下記の皆さんの参加の様子も誌面にて紹介させていただきました。

JA1QOV JE1FVX JE1NJO JE1QJE JA2RID JR2GLS JN2TZB JK3SNL JS3UUU JJ4MEA JF5IHP JL6HPP JG0SPY ご参加・ご報告ありがとうございました。


ひとことコーナーでは,ペディション・デー参加の皆さんのコメントや愛好される皆さんのコメントを紹介させていただきました.

| | コメント (0)

2021年8月 1日 (日)

CQ ham radio 誌 2021年8月号発売中!

CQ ham radio 誌 2021年8月号発売中!

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が収まりません。あと少し、不要不急の外出を控えて、ソーシャルディスタンスの確保、密閉、密集、密接となる行動を避けるなど、お一人お一人の健康にかかわる重要なことですので十分に注意して生活して参りましょう。

さて、CQ ham radio 誌 通巻902号 2021年8月号が発売になりました。
すでにお手元にお持ちの方もいらっしゃるかと思いますがご案内させていただきます。

◎8月号の特集・誌面は
Cq202108 今月の特集は、「夏の電波伝搬を楽しむ!」サイクル25がスタートしHFバンドがにぎわっています。Eスポ伝搬などの異常伝搬を体験できることも増えてきました。
特集では、今体験できるHFハイバンドの伝搬メカニズムを徹底解説しています。そ
して、V/UHFでも超遠距離通信を実現できる伝搬や狙いどきについても紹介しています。特集を参考にしていただき旬のHFハイバンドV/UHFを楽しみませんか。
ぜひ参考にしていただきアマチュア無線を楽しまれてください。

◎FROM J.A.R.L.(JARL情報)ピンク色のページ
日本アマチュア無線連盟にて編集しております16ページの誌面では,第10回の定時社員総会の様子、朝日放送テレビの報道番組でJARL会員数増加の紹介、第64回フィールドデーコンテスト規約、アマチュア無線フェスティバル「ハムフェア2021」のご案内、各地の行事カレンダー,イベントを紹介しております。

◎別冊付録は
別冊付録は,2021年最新版「FT8入門マニュアル」コロナ禍の時間がとれる機会に活用してみてはいかがでしょうか。読み応えたっぷりの誌面構成となっています。

◎8月号の「新移動運用セミナー」誌面は (P.208~P.209)
担当させていただいております「新 移動運用セミナー」誌面では、皆様に愛されて、今年で40回を数える移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」、皆様方からのご意見を基に、コロナ禍3密を避けてソーシャルディスタンスの確保、感染防止策を施して「単独でのご参加」を基に、7月の最終土日7月24日(土)25日(日)に開催させていただきます。
あの日あの時の「ペディション・デー」の感動や喜びを思い出してください。移動運用を楽しむあなたが主役です。感染しない感染させない安全第一で、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

第40回 THE EXPEDITION DAY のご案内は ⇒ こちらを


「高知県内ローラー移動運用報告」!

202108ja5sui 移動運用を愛好されるJA5SUI谷本OMから、コロナ禍の感染並びに感染拡大防止に努めて、高知県内
から50MHz帯のローラー移動運用の報告をいただきましたので掲載してご紹介いたします。

高知県安芸市、室戸市、高岡郡津野町、安芸郡内6市町村、吾川郡内2町の11ポイント、コンディションの上昇でDX局との交信にも感激、合計600局を超える方々と交信できました。

 

ひとことコーナーでは、愛好される皆さんのコメントを紹介させていただきました。

| | コメント (0)

2021年7月21日 (水)

ご案内 7月24日~25日は移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」!

◆7月24日~25日は移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」◆

◎今年は単独参加で屋外からアマチュア無線を楽しみましょう!

20190714-pdaward

夏の定番,移動運用の祭典,移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」が近づきました.

移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」はコロナ禍,3密を控えてソーシャルディスタンスの確保,感染防止策を施して,単独でのご参加を基に,7月の最終土日の24日25日に開催させていただきます.

この企画も,皆様に愛されて今年で40回を迎えることが出来ました.心より厚く御礼申し上げます.

移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」は,屋外からアマチュア無線を楽しむ皆さんが主役です.

どなたでも自由にご参加いただけます.フィールドから運用すれば貴方が主役です.移動運用を行ったことがない方もこの機会にハンディ・トランシーバ片手に屋外へ,移動運用を体験してみませんか.

青空の下,爽やかな風が吹く自然の中での運用は最高です.

20210724001
この2日間,好きな時間帯に好きな場所から好きな周波数・モードで,自由気ままに移動運用を楽しんでください.

実行委員会では今年も特別賞を制定して,皆さんのご参加をお待ちしております.

今年は,新型コロナウイルス感染症の感染並びに感染拡大防止に努めてください.

さらに季節は真夏,熱中症などにも十分に気を付けて,無理な運用はなさらないようにお願いいたします.

日陰や車内など運用場所を選び,体調に十分に留意してご参加をお願いします.

ペディションデーは、CQ ham radio 誌6月号215ページ並びに「アウト・ドア」のWebサイトにてご案内しております。

ご高覧いただき,皆様方のご参加をお待ちしております。

 

◆移動運用を楽しむハムの日「第40回ペディション・デー」のご案内は ➡ こちらを

 

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

CQ ham radio 誌 2021年7月号発売中!

CQ ham radio 誌 2021年7月号発売中!

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が収まりません。あと少し、不要不急の外出を控えて、ソーシャルディスタンスの確保、密閉、密集、密接となる行動を避けるなど、お一人お一人の健康にかかわる重要なことですので十分に注意して生活して参りましょう。

さて、CQ ham radio 誌 通巻901号 2021年7月号が発売になりました。
すでにお手元にお持ちの方もいらっしゃるかと思いますがご案内させていただきます。

◎7月号の特集・誌面は
2021061901 今月の特集は「アンテナ建設お役立ちガイド」、アマチュア無線を楽しむために必要不可欠なアンテナ、ベランダや屋根のルーフタワーに、さらにタワーを立てての設
置など、皆さんそのスタイルは様々です。
アンテナの設置も、ご自分で行う方、ローカル局などに手伝ってもらう方、専門の方にご依頼される方など、いろいろなスタイルがありますね。コロナ禍、ご自宅からアマチュア無線を楽しんでいただくために、
特集では「アンテナ工事」に係る知識に注視して「アンテナを立てるのは業者に頼んだけれどメインテナンスは自分で行う」方が多いという点に着目しての誌面構成となっています。ぜひ参考にしていただき、安全第一で設置やメンテナンスを、そしてアマチュア無線楽しまれてください。

昭和基地で作業に携わったプロフェッショナルが語るアンテナ・メインテナンスと安全対策、「オート・アンテナ・チューナ活用ガイド」に学ぶよく飛ぶアンテナのための知識と実践、そこが世界への窓口 ベランダやバルコニーにアンテナを上げよう、安全な作業をする小技 ベランダ・アンテナ設置のTips、安全かつ確実に建てよう! コンパクト・アンテナ設置時に必要なノウハウとアイデア集etc

さらに誌面では、ARRL CEO David Minster氏のインタビュー、 八重洲無線の最新トランシーバ「FTDX10」、JVC ケンウッドポータブルバッテリ「BN-RB10-C」、アイコムのアンテナチューナ「AH-705」で楽しむ移動運用などのユーザー・レポートや連載誌面まで、盛りだくさんの誌面構成となっております。

◎FROM J.A.R.L.(JARL情報)ピンク色のページ
日本アマチュア無線連盟にて編集しております16ページの誌面では,会長就任以降、大変多くの皆様方にご支援をいただいております「賛助会員」につきまして、JARLへのご協力をお願い「個人賛助会員」「法人賛助会員」につきましてのご案内を掲載させていただきました。ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

20210531-news02 フジテレビ「NEWSイット!」の取材の様子、6月末日まで実施しております販売店様、協賛メーカー様、JARLの三位一体となって会員皆様向けに初めて実施しておりますJARLフレンドリーショップ「会員ありがとうキャンペーン」について、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を記念した記念局の最新情報、JARL記念局情報、ハムフェア2021のご案内、第2回ハムらde無線フェアの詳細報告など,各地の行事カレンダー,イベントを紹介しております。(画像はフジテレビ画面より)

◎別冊付録は
別冊付録は,保存版「アマチュア無線のはんだ付け入門」、タイトルに入門の文字が入っておりますが、これだけの専門的な内容、究極のはんだ付けが出来るバイブルと言っても過言ではないと感じております。最近は握る機会が少なくなったはんだごて、コロナ禍の時間がとれる機会に活用してみてはいかがでしょうか。読み応えたっぷりの誌面構成となっています。

◎7月号の「新移動運用セミナー」誌面は (P.216~P.217)
202107js3uuu 担当させていただいております「新 移動運用セミナー」誌面では、皆様に愛されて、今年で40回を数える移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」、皆様方からのご意見を基に、コロナ禍3密を避けてソーシャルディスタンスの確保、感染防止策を施して「単独でのご参加」を基に、7月の最終土日7月24日(土)25日(日)に開催させていただきます。
あの日あの時の「ペディション・デー」の感動や喜びを思い出してください。移動運用を楽しむあなたが主役です。感染しない感染させない安全第一で、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
(画像は、コロナ禍の昨年、山岳写真を室内に拡大展示し気分は山岳移動を楽しんだ笑顔が眩しいJS3UUU大塚OM、貴方も出番ですよ!)

第40回 THE EXPEDITION DAY のご案内は ⇒ こちらを

「アウト・ドア賞」受賞おめでとう!
2021077k2odm 移動運用を愛好される皆様方の勲章アワード「アウト・ドア賞」、今号では28年間移動運用を継続して楽しまれ28年賞を
受賞された 7K2ODM 原さんの喜びのコメントを紹介させていただきました。原OM、コロナ禍ですのでご無理をなさらず奥様と一緒の移動運用、29年賞に向けて楽しまれてください。

「アウト・ドア賞」は、1年間を通して移動運用を継続して楽しんだ方に贈ら移動運用を愛好される方への勲章アワードです。規約はいたって簡単、毎月1回以上の移動運用を行い合計50局(1ヵ月の延べ交信局数)以上と交信、毎月1回以上の移動運用を行い1年間(12ヶ月間)継続して楽しんだ人にこの「賞」が贈られます。
(※申請者の移動運用への情熱を讃えて申請料は無料としております)

コロナ禍で「アウト・ドア賞」7年賞達成まで!
202107jh3mkp コロナ禍の中で、緊急事態宣言の発令に伴う移動運用時秀句などを経て7年賞を受賞されたJH3MKP岡口正幸さんの達成までのヒストリーを紹介させていただきました。ぜひご高覧いただけますと嬉しいです。

2020年1月から始まった「アウト・ドア賞」7年賞への挑戦、まさか新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言が2度も京都府に発出されるとは想像も出来ず、移動運用も不要不急の外出自粛の対象になると考えて、コロナ禍で措置や宣言期間中の移動運用は行わないと決めました。
この賞は、移動運用を続けて行く上でのモチベーションアップに重要な存在、【目標】があって、それを【継続】していける力を生み出すもの、それが私にとってはこのアワードなのです・・・・。

「アウト・ドア賞」の規約はこちら ➡ 移動運用アワード

ひとことコーナーでは,愛好される皆さんのコメントを紹介させていただきました.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧