映画・テレビ

2008年12月13日 (土)

JA3CKF岡田OM 三村ALL SATRS 認定!

世界を変える100人の日本人に出演!

Ja3ckf テレビ東京系のバラエティ番組「世界を変える100人の日本人!」に、ハムフェア会場などでプロペラのついた風力発電機を背負ってアマチュア無線を楽しまれているJA3CKF 岡田 弘 さんが地球温暖化を食い止める天才技術者!として登場しました。

(写真は、テレビに登場し風力発電でアマチュア無線を運用するJA3CKF局、自宅のテレビ画像より)

当ブログで先にご案内しておりましたので、ご覧になられた方も多いことと思いますが、12月12日(金)午後8時から関東地方では12chテレビ東京、大阪地方の方はテレビ大阪、名古屋地方の方はテレビ愛知などで放映されました。

エネルギー問題を風の力で解決する男として三村ALL SATRS に認定されました。

率先して地球環境に優しいスタイルの実践、そして電気の節約を自ら実践しているJA3CKF 岡田OMの姿を拝見し考えられた方も多いことと思います。

「遊びの電力くらいはクリーンなエネルギーでまかないたい」とのテロップも流れました。

皆さんも日々のライフスタイルの中で考えてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

世界を変える100人の日本人に出演!?

世界を変える100人の日本人に出演!?

テレビ東京系のバラエティ番組「世界を変える100人の日本人!」に、自然エネルギーでアマチュア無線を楽しまれている地球温暖化を食い止める天才技術者!JA3CKF 岡田 弘 さんが登場される?ようです。岡田さんの移動スタイルを一度はご覧になったことがある方も多いと思いますが、ハムフェア会場などで、大きなプロペラのついた風力発電機を背負ってアマチュア無線を楽しまれています。

ニッポンの星発掘のバラエティ番組、12月12日(金)午後8時からの放送です。関東では、テレビ東京、大阪地方の方はテレビ大阪、名古屋地方の方はテレビ愛知でご覧いただけるようです。

地球の温度が上昇するなど、人間が生活するなかで地球環境に危機感を抱くなど環境問題への認識が日々高まっています。電気エネルギーを使用するアマチュア無線家に関係のない話とはいえません。率先して地球環境に優しいスタイルを自ら実践しているJA3CKF 岡田さんですが、世界の常識を変えた日本人として認定されるのでしょうか。ぜひともご覧になってください.

JA3CKF 岡田さんのWebのなかに、「アマチュア無線家は地球環境を守るよき社会人でもありたい」とのコメントもありました。

この情報は、移動運用を愛好する神奈川県の伊藤さんからいただきました。TU!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

どこがハッピーフライト?

20081126 ANAが全面協力して制作された最新作、ハッピーフライトが劇場で上映されています。(写真は買ったオフシャルガイドです)

これまでわが身を省みず、命がけともいえる20回にも迫る回数飛行する小型機内からアマチュア無線を運用し総交信局数も3000強局、さらにANA機に一日7フライト搭乗したこともある私にとってもたいへん興味津々で期待の大きな映画でした。既にご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、遅ればせながらやっと観てきました。

ストーリーはと言うと、まるで喜劇と思わせる楽しいハラハラドキドキのストーリーで構成されていました。豪華そして適材適所といえるキャストにも満足しました。さらに、昨今多くの方々が飛行機を利用していますが、航空業界は誰がどのような仕事をしているのかベールに包まれている部分もあります。それらを紹介しているところも多々あり、航空業界を知っていただきたい、理解していただきたいなどPR的な要素も含まれている物語でした。この映画をご覧になると、航空業界に詳しくなれること間違いなしです。

でも、ストーリーからすると、ハッピーフライト?、タイトルはどこからとったの?どれを意味している?とも言えますが・・・・ あとはご覧になって感じてください。

飛行機や運行の詳細がわかってますます飛行機が好きになった方(CAが好きになったと言う方もいるかも)、飛行機は苦手だなと思われた方、と大きく二分されるのではないかと思いました。もちろん、前者は私ですが、同行者は後者だったようです。

まあ、ハッピーエンドの楽しい物語でした。実際にはありえない状況もありましたが演出と言うことで納得のシーンも。コックピットや管制塔内、さらにはオペレーションセンター内もすべて撮影のために作られたセットとのこと、その完成度の高さに驚きました。皆さんも、ぜひハラハラドキドキ楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)