« 必見! JARLの過去9年間の財政状況! | トップページ | まるでだまし討ち!とても悲しいです!会員皆様のために注力を! »

2024年3月 9日 (土)

まるでだまし討ち! ご報告 会員皆様のために全身全霊を捧げ精力的に活動して参りました!

JARL選挙 理事候補選挙に立候補 JG1KTC 高尾 義則 の所信は こちらを ご高覧願います。

まるでだまし討ち!

JG1KTC高尾義則は会員皆様のために、

全身全霊を捧げて精力的に活動して参りました!


※長文になりますがお読みいただけますと嬉しいです。

届けられた報告書(案)には、不適切と思われる支出、私的飲食、私的な費用の支出と騙ってますが、どれがそれなのか具体的な指摘は一切ありません。人を貶めるために、単に数字を膨らませたり、その他の点についても、人を貶めるために記述したものにすぎません。とてもとても悲しくなります。

JG1KTC高尾義則は、会員皆さまのために会長職に専念、会員皆さまのサービス向上、会員皆さまの満足度の向上、会員増強、組織の活性化、連盟の発展に向けてロビー活動はじめ幾多もの幅広い広報活動をはじめとした、積極的な取組みを行いました。
指摘を受けた点について、
すべて連盟組織のための活動であり、私的飲食費、私的な費用の支出は、一切ありません。
また、私的飲食費・私的費用の支出の類は一切ありませんが、指摘の中には、JG1KTCが出席していない活動に関わる費用や連盟主催の会議、委員会、イベント、福利厚生費等が含まれており、そもそもにおいて、私的飲食費・私的費用と指摘されるべきものではありません。この点についても意見を申し上げました。

さらに、今から5年も前の2020年度からは、連盟組織のための活動、広報活動にかかる費用は、すべて自己負担いたしております。

Jarl_ikenteisituseyo_20231130_20240309172101先にご報告しました通り、JARLから、11月末にJARL会長名で、何の根拠も示さず一方的に、「不適切と思われる支出」とか「業務執行に大きな問題があったと考える」などの不適切な表現、さらに「上記期日までに文書でのご意見のご提出がない場合には、報告書(案)の内容を全て承認されたものみなします」(原文のまま)と記載された書面が届きました。

一部の社員らからJARLに送った書きかけの(案)の書面、未完成の(案)にも拘わらずそれを受理し、12月19日までに意見を提出しろと言うものでした。

Syainyushi_houkokusyoan (案)の書面は、18ページもの(案)の途中書きかけの書面、さらに61ページの不明確な膨大な資料が同封されており、たった19日間程度で、意見を提出しろとの強引な要求、先にも申し述べました通り、恐ろしく恐怖を覚えました。

JARLが、このような、書面を送る団体になってしまったことが、とても悲しく思いました。


しかしながら(案)に対しても、意見を提出しないと、いわれなき事項をすべて認めたことにされてしまうので、(案)の書面に対してですが、すべてについて、誠心誠意、意見を申し述べております。


Jarl_iken_teishitsu_01_20231218こちらがその書面(1ページ)です。  クリックすると拡大します。

①(案)の書面ではありますが意見を提出について

②(案)を示しつつ、期日までに意見がない場合はすべて承認は強引すぎる

③示されたものが正確なのかどうか不明確である

④誠心誠意、会員皆様、JARLのために、主張・意見を提出させていただきます


完成した意見の書面、代理人弁護士を通して12月18日に提出していただきました。

誠心誠意作成した主張ないし意見、全16ページからなる意見書、全文はこちらからご覧ください。

➡◆送られてきた(案)書面に対してJG1KTCの意見書

こちらをご覧いただけますと、すべてご理解いただけるものと考えます。

意見書の中で説明しておりますが、割り勘云々については、記憶にないものの、オーセンス法律事務所の助言をいただき、会長在任中に代金を連盟に返納いたしております。
その他につきましても、意見書にて詳細をご説明させていただいております。


その後は、しばらくは何の連絡もありませんでした。

今年の1月16日の午後に突然、JARLではなく、社員有志代表でもある弁護士から、私の代理人弁護士に直接連絡がありました。

不在にしていたところ、メールが届き、今後はメールにて連絡をとのコメントがありましたが、その後も複数回電話が入ったとのことでした。

会って確認したいことがあるとのことでした。要約すると、どれが私的飲食・私的費用ではないのかを教えろと言うものでした。

突然の社員有志の代表でもある弁護士からの連絡に、JARL宛に書面を送付しました。

その後にJARLから、1月25日付の書面が届き、2月5日までに回答しろという書面でした。

先にも申し述べました通り、どれが私的飲食・私的費用でないのか特定し具体的に教えろという内容でした。

Jarl_renraku_2024020312月3日、代理人弁護士を通して、JARLに書面を送付いたしました。左の画像がその書面です。クリックすると拡大します。

その内容は以下のとおりです。

代表理事てもある貴職もご承知の通り、日本アマチュア無線連盟の会計責任者は専務理事でありますところ、私的飲食費。私的費用と指摘されている2017年度以降の支出についても会計責任者により決済されたものであり、加えて、税理士による確認及び承認、監査法人公認会計士による監査、さらには、監事監査、理事会、及び社員総会にてご承認いただいております。

つきましては、まずもつて、貴連盟(及び代表理事である貴殿)に対し、下記の点について、具体的にお示しいただきますよう本書面をもつて申し入れいたします。

Jarl_renraku_2024020321  1「不適切と思われる支出が発見されました」(報告書(案)2頁)とありますが、そもそも不適切とはいかなる意味であるかをお示しいただいたうえ本報告書(案)で挙げられている項目がなにゆえ不適切であるか、具体的にその詳細をお示しください。

2 多数の私的飲食費等(報告書(案)2頁)とありますが、本報告書(案)で
挙げられている項目のどれが私的飲食費等に当たり、それがなにゆえ私的飲食費等に当たるか、具体的にその詳細をお示しください。

3 私的な費用(報告書(案)2頁)とありますが、本報告書(案)で挙げられ
ている項目のどれが私的な費用に当たり、それがなにゆえ私的な費用に当たるか、具体的にその詳細をお示しください。


送付後は何の連絡もなく、2月29日の夜に、「この報告書を3月6日にJARL WEBで公表する」と、代理人弁護士にJARLから連絡がありました。

229_20240229ビックリしたのですが、添付されていたのが(案)書面ではなく、2月15日付にて、社員有志が提出した「前会長・髙尾執行部に関する報告書」でした。

左画像の書面で、この書面を見るのは、2月29日、この日が初めてであり、大変驚きました。そのほかも驚きの状況がありました。詳細は後述します。

(案)を示しておきながら、回答しなければすべてを承認・認めたことにするとの暴挙、意見を提出したのちに、こちらが提出した意見書を読んだ後に、新たな報告書(報告書を書き直し
)を作成し提出、一方的な報告書をJARLも受け取りそのままにするなど、
まるで「だまし討ち」ではないでしょうか。


理事会では、(案)で意見を出させておきながら、あとから出された(差し替えられた)一方的な新たな報告書をみて審議がなされたようですが、JARLでは、このようなことが当たり前なのでしょうか?

いつから、このようなことが行われるようになったのでしょうか?

このようなことが許されるのでしょうか? とても悲しくなります!

たいへんな恐怖を感じております!


JG1KTC高尾義則は、会員皆さまのために会長職に専念、会員皆さまのサービス向上、会員皆さまの満足度の向上、会員増強、組織の活性化、連盟の発展に向けてロビー活動はじめ幾多もの幅広い広報活動をはじめとした、積極的な取組みを行いました。

指摘を受けた点について、すべて連盟組織のための活動であり、私的飲食費、私的な費用の支出は、一切ありません。
また、私的飲食費・私的費用の支出の類は一切ありませんが、指摘の中には、JG1KTCが出席していない活動に関わる費用や連盟主催の会議、委員会、イベント、福利厚生費等が含まれており、そもそもにおいて、私的飲食費・私的費用と指摘されるべきものではありません。誠心誠意、回答させていただきました。

さらに、今から5年も前の2020年度からは、私にかかる連盟組織のための活動、広報活動にかかる費用は、すべて自己負担いたしておりますことを申し添えます。


お読みくださりありがとうございました。

続く・・・


JG1KTC高尾義則は全身全霊を捧げて取り組んで参ります。ご支援賜りますようお願い申し上げます。

◆JARL全国の区域内の理事候補者選挙 立候補のご挨拶はこちら
◆立候補のご挨拶 詳細版はこちら
◆JG1KTCの略歴やハムライフ紹介画像は こちらから

ぜひこちらもご高覧ください。参考にしてください。


-----------------------------------------------------
皆様に深謝! JARL会長7年/理事15年
会員皆様主役のJARL組織運営に邁進!
CQ誌アウト・ドア&移動運用セミナー連載執筆33年
JG1KTC 髙 尾 義 則
======================================================

|

« 必見! JARLの過去9年間の財政状況! | トップページ | まるでだまし討ち!とても悲しいです!会員皆様のために注力を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

JG1KTCのJARL活動報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 必見! JARLの過去9年間の財政状況! | トップページ | まるでだまし討ち!とても悲しいです!会員皆様のために注力を! »