« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月22日 (土)

ビジネスマナー講座

ホスピタリーマインド

Jarl201704214月21日(金),日本アマチュア無線連盟では,株式会社ミントス の チーフインストラクター 大石 信子 先生をお招きして,東京豊島区大塚の連盟事務局にて事務局職員向けにビジネスマナー講座を開催しました.

大石先生は,元JALの国際線客室乗務員,JALアカデミー社を経て,ファーストクラスのマナーで最高のおもてなしをと「ミントス社」を創設され,副社長とし運営にも当たられておられます.

ビジネスマナー講座では,基本的なビジネスマナーのほかに,顧客に提供する個々のサービスの質,接遇能力を向上,ワンクラス上の「おもてなしの心」ともいわれている「ホスピタリーマインド」についてまでも指導いただきました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

第26回移動運用セミナー開講 (参加費無料,昼食付)

ビギナーハム大集合!
皆さんとランチョンアイボールQSOで盛り上がろう!
 

●ビギナーハム特典●
開局3年未満の方と22歳未満の方の
堂平天文台の施設利用料520円を主催者が負担!

第26回移動運用セミナー開講 (参加費無料,昼食付)

移動運用の魅力を一人でも多くの方に知っていたただき,そして楽しんでいただきたいと移動運用の普及並びに交信による移動運用のPR,愛好者の拡大・技術向上並びに非常災害時の備えの周知,アマチュア無線の活性化,JARL会員増強を図る目的で全員参加型のセミナーを今年も下記の日程で開講いたします.
移動運用に興味をお持ちの方,移動運用を愛好されている方,多くの皆さんのご参加をお待ちしております.

日  時:平成29年5月7日(日)11時~15時(10時30分受付開始:雨天決行)

主  催:アウト・ドア

共  催:日本アマチュア無線連盟,CQ ham radio

場  所:堂平天文台「星と緑の創造センター」
     埼玉県比企郡ときがわ町大字大野1853番地
     関越自動車道東松山インターで下り,国道254号線を経由し県道172号線
     (大野東松山線)へ左折し直進,ときがわ町経由 会場まで約60分

催  事:①移動運用についての講演 ②アイデアのアドバイス
      ③愛好者の皆さんとのアイボールQSO  ④アイボール昼食会
    
  ⑤大オークション大会ほか

参加費:無料(昼食&飲物付き,栄養士が作る特製カレーライスとサラダが食べ放題
     
駐車場も無料,
     堂平天文台「星と緑の創造センター」の施設利用料520円はご負担願います.

申込み:食材準備の関係から可能な方には事前エントリーをお願いしております.
      メール →
out-door@nifty.com FAX→03-3766-6308

詳細はアウト・ドアのWebサイトにてご案内しておりますのでご覧ください.

昨年の様子はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

埼玉県比企郡ときがわ町からQRV!

皆様,交信ありがとうございました.

Jg1ktc_201704155月7日(日)に第26回移動運用セミナーを 「堂平天文台「星と緑の創造センター」 (埼玉県比企郡ときがわ町)にて開講いたします.

第26回移動運用セミナーのご案内はこちらを

4月15日(土),開講させていただくにあたりご挨拶並びに会場を確認にお邪魔しました.

その帰りに,堂平山に並ぶ剣ヶ峰の駐車場(標高約830m)にて移動運用を楽しみました.
時折小雨の降る天候でしたが,夕刻には晴れて風も収まり,久々7MHzにQRVしました.
装備は,タイヤベースに伸縮ポール,ロングサイズのV型ダイポールのお手軽スタイルにて交信を楽しみました,

JA2PEI静岡県沼津市の藤原さんと4年ぶりの交信を皮切りに,札幌市厚別区のJK8DYW松本OM,JO4CVI(JR3CDE/4)深坂JARL鳥取県支部長からもお声がけいただき支部大会のご案内をいただきました.
JARL社員としてご活躍いただいている北海道三笠市のJH8MYB原田OMからもお声がけいただきさらにびっくりしました.

「アウト・ドア賞」にチャレンジいただいている佐賀県神埼市のJP6EAK船津OMから,78歳まだまだ移動運用を楽しみますと元気なお言葉をいただきました.

高知県香美市のJA5RUU原OMからJARL高知ハムの集いでお待ちしておりますとのメッセージをいただき,アイボールQSOを約束しました.

まだまだ多くの皆さんからいただいた叱咤激励に感謝しながら,短時間でしたが80余局との交信を楽しみました.各局,交信ありがとうございました.短時間のQSOで申し訳ありません.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

JARL会員増強組織強化委員会を開催

4月14日(金)に,東京豊島区大塚の日本アマチュア無線連盟事務局にて第3回の会員増強組織強化委員会を開催しました.
当日は,委員,アドバイザー,事務局から計15名が出席しました.

会員増強,ニューカマービギナー向けイベント,会員特典,広域ハムフェア,会員増強企画について検討等が行われました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

CQ ham radio 誌 2017年4月号 発売中!

Cq_201704皆さん,アマチュア無線を楽しまれていますか? 新年度,いかがお過ごしでしょうか.地域によっては,桜の開花情報や満開など,春を実感できる季節となりました.
新年度になり,新しい生活環境となられた方もいらっしゃると思います.体調に留意して,新年度をお過ごしください.
そして,これからの季節は,ぜひ屋外へ出てアマチュア無線を楽しみませんか.

CQ ham radio 誌 2017年4月号が発売されています。
すでにお手元にお持ちの方も多いと思いますが簡単に誌面をご案内させていただきます。

■4月号の特集・誌面は
今号の特集は,「~運用テクニック向上・QSLカード/アワード収集・移動運用・海外交信・AMモード…~」と題して,どなたにも楽しんでいただけるナチュラルなコンテスト参加について,一人でも多くの方にコンテストを興味を持っていただきた,ビギナーハムの皆さんも参加しやすい楽しみ方を紹介しています.

私も,「移動運用で楽しむコンテスト」と題して,肩の力を抜いて楽しむコンテスト,屋外運用の魅力や注意点などを執筆させていただきました.
ぜひ参考にしていただき,コンテストに気軽に楽しんでいただければと思います.

また,コンテストに参加すると,多くのアワードが手軽にゲットできますので,コンテストに参加してアワードもゲットしてみませんか.ぜひ誌面を参考にして楽しんでください.

その他,今月も内容てんこ盛りの誌面,ぜひ参考にしていただきアマチュア無線を楽しんでいただければと思います.

Japan Camping Car Show 2017 見て歩記」は,2月に開催された日本最大級のキャンピングカーショーをJG1KTCが取材しました.
見て歩記として紹介しておりますので是非ご高覧ください.

別冊付録として「リモート・シャック構築ガイド」,あなたもリモート・シャックを計画してみませんか.

■今月号の「新・移動運用セミナー」誌面は
担当させていただいております「新 移動運用セミナー」誌面では、「アウト・ドア・イベントインフォメーション」として,5月7日(日)に開催いたします第26回移動運用セミナーをご案内しております.今年は,昨年まで後援いただいたCQ ham radio 誌と日本アマチュア無線連盟が共催として開催いたします.

第26回移動運用セミナーの詳細については こ ち ら をご高覧願います.

The Expedition Award 4月1日から申請料無料に!
移動運用を愛好される方だけが受賞できるアワードの第一人者でもあるThe Expedition Award(通称:ペディション・アワード)が,チャレンジいただいた皆さんの栄誉を讃えると共に多くの皆さんにチャレンジいただきたく,申請料が無料になりました.
その詳細をご案内しております.ぜひご高覧いただき,申請をお待ちしております.

The Expedition Awardの規約は こ ち ら をご高覧願います.

●ひとことコメントコーナー
皆さんの近況や移動運用のコメントを紹介しています.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

JARD 3アマeラーニング開講式典に出席

Jard_201703312017年3月31日,東京巣鴨の 一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)本部 にて,4月から開始されるeラーニング方式による第三級アマチュア無線技士(3アマ)養成課程の開講式典がありました.

ご案内をいただき,日本アマチュア無線連盟(JARL)から私JG1KTCのほかに玉眞専務,吉井審議役が出席し開講をお祝いしました.

午前11時,スタートアップセレモニー,3アマeラーニング養成課程システムをスタートさせました.

三木JARD会長の挨拶,4月期3アマeラーニング養成課程の講師・管理者への辞令交付,システム紹介などが行われました.

3アマ eラーニング養成課程はこちらをご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »