« CQ ham radio 誌 11月号発売中! | トップページ | JARL QSLカード転送 転送月内到着が定着! »

2011年10月24日 (月)

ハムフェア2012 第1回実行委員会に出席

10月22日(土)午後2時から、東京巣鴨の日本アマチュア無線連盟事務局において、委員(4名の理事、関東都県の支部長)ら12名が出席して、ハムフェア2011の総括並びにハムフェア2012の第1回実行委員会が開催されました。

委員として出席したJG1KTCの報告&つぶや記です。

審議事項

ハムフェア2011の実施報告

 ◎2011年アマチュア無線フェスティバル報告・総括
  出展団体は205団体(357小間,昨年比2小間増)、来場者数は32,000人(両日の延数)、8J1Aの総交信局数は7402局(QSLカードは発行完了)。

 ◎収支報告
  昨年、私からもさらなる経費の削減圧縮をお願いしておりました。経費をさらに圧縮し運営努力を行い連盟分担金(赤字計上額)を昨年対比で300万円改善し今年度は▲45万円までに圧縮して運営いたしました。

 ◎催事など開催結果
  社会につながるアマチュア無線をキャッチフレーズに開催しました。
  がんばろう東北、東北復興プロジェクトとして、物品の販売や義援金の募集を行なった。物品の販売は好評だった。
  日本赤十字社の献血車をフェア会場内に駐車させて献血コーナーを設けて献血活動を行なった。97名もの申込者があった。

ハムフェアを中止しろと発言する理事がありましたが、今年も多くの皆さんにご参加いただき無事実施できて委員としてほっとしております。

②来年2012年度のハムフェア開催要項を決定
 
 開催日は、平成24年8月25日(土)・26日(日)の第四土日の2日間、会場は東京ビックサイトで開催いたします。
 
 ◎ハムフェア2012のキャッチフレーズの決定
  キャッチフレーズ・テーマについて意見交換、長時間検討を行ないました。
  将来に存続できるアマチュア無線、若年層ハムとの融合、「ビツクサイトで見つけるハムの未来」がキャッチフレーズに決定しました。

 ◎収支予算案の承認
  ハムフェア2012の収支予算案が提示され、それを承認しました。
  入場者数増に向けてのPR、さらなる経費削減を念頭に実施を御願いしました。

 ◎支部担当コーナーを決定
  各支部に担当いただくイベントコナーの担当部門の検討がなされ、本年度と同様にご担当いただくこととなりました。
  ハムフェアは関東各支部の方々のお力をお借りして運営されております。

 ◎自作品コンテスト、絵画コンクール
  自作品コンテスト並びに絵画コンクールの開催を決定しました。
  自作品テストのテーマは、誰もが参加できるテーマとすることで全員一致しました。
 
午後5時半、第1回の実行委員会が終了しました。次回は、来年の2月4日(土)に開催されます。

●アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア)実行委員会(敬称略)
理事:JA1AYO丹羽一夫,JE1KAB日野岳充, JH1UBU根本紀正,JG1KTC 高尾義則 
支部長:JH1LWP島田守康,JA1LVB伏見美幸,JL1HHN 安田晃央,JH1TID木村輝美,JH1WFK深津義徳,JA1EFK中村 弘,JI1KAV長江和夫,JF1KRV塚原 泉

|

« CQ ham radio 誌 11月号発売中! | トップページ | JARL QSLカード転送 転送月内到着が定着! »

JG1KTCのJARL活動報告」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509675/53074820

この記事へのトラックバック一覧です: ハムフェア2012 第1回実行委員会に出席:

« CQ ham radio 誌 11月号発売中! | トップページ | JARL QSLカード転送 転送月内到着が定着! »