« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月26日 (金)

ハムフェア2011「アウト・ドア」出展直前情報!!

合言葉は「アウト・ドア」

連日先着50名にプレミア商品をプレゼント!

2011fair0826 ハムフェア2011,お陰さまで,今年で単独22回目の出展となります.これもひとえに,皆さんのご支援の賜と心より厚く御礼申し上げます.
ブースは,ハムフェア会場正面,中央の出入口(3つある入り口の真ん中)を入り直進25m,クラブコーナーメインストリートを左折し20m直進,すぐ右側の角がブースナンバー C-004 移動運用大好き「アウト・ドア」ブースです.

今年も,トレードマークのお祝いの花輪が届きました.目印にぜひお立ち寄りください.(画像は,26日夕刻,皆さんの来場を待つアウト・ドアブースです)

今年も連日先着50名にプレミア商品をプレゼント!
アウト・ドアでは,2日間ともに来訪先着50名(両日で100名)に,ブースからプレゼントします.
合言葉は「アウト・ドア」です.ぜひお立ち寄りください.お待ちしております.

「移動運用よろず相談コーナー」をさらに充実
ブースでは移動運用の楽しさ・魅力をわかりやすく紹介する「移動運用よろず相談コーナー」をさらに充実,移動運用の必需品,移動運用にたいへん便利なノイズレス軽量コンパクト発電機,伸縮ポール,簡単組み立てアンテナなどを展示し,アンテナや電源などの装備,運用方法など移動運用関連のご質問にお答え致します.

ビックイベント大抽選会開催
恒例ビックイベント,ハムフェア名物とも言われているオリジナルステッカーの頒布(1枚100円はなんと22年間変わっていません.私もびっくりするほど!)
購入いただくとおまけに展示したフジインダストリー(株)の伸縮ポールやタイヤベース,アンテナ,コールマン商品など移動運用やアウト・ドア関連商品の当たる大抽選会を開催します.連日,午前10時,午後1時,午後3時からの3回です.

大抽選会は景気に関係なくパワーアップ,ブース人気投票で3年連続のベストブース,昨年は2位の栄誉に輝くことができました.この栄誉に恥じぬよう今年も鋭意準備いたしました.皆さんぜひともご期待ください.今年もクラブブース人気投票が開催されます.

出展最新情報
2011fairkaikaishiki アイコムやバーデックススタンダード,CQ ham radio,尾上印刷など出展各社の画像です.数社から新製品の展示がありました.画像をクリックしてご覧ください

Yaesu20110826

Icom20110826

Cq201100826

Fti20110826

Onoue20110826

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

ハムフェア2011 アウト・ドアブース出展のお知らせ&Tシャツ完成

今年も合言葉は「アウト・ドア」

2010fair001_2連日先着50名の方にノベルティをプレゼント!

8月27日~28日に東京ビックサイトで開催されるアマチュア無線フェスティバル「ハムフェア2011」に今年も皆さんにご支援・ご協力をいただき「ア ウト・ドア」をブースを出展します.
今年で単独22回目の出展となりました.これもひとえに,皆さんのご支援の賜と心より厚く御礼申し上げます.画像は昨年の様子です.昨年の詳細はこちら

Fair2011ブースは,ハムフェア会場正面,中央の出入口(3つある入り口の真ん中)を入り直進25 m,クラブコーナーメインストリートを左折し直進20m,すぐ右側の角が移動運用大好き「アウト・ドア」ブースです.今年も,トレードマークのお祝いの花輪を目印にぜひお立ち寄りください.(ブースはこちら 左の画像をクリックしてください)

●「移動運用よろず相談コーナー」をさらに充実!
2010fair002 ブースでは,移動運用の楽しさ・魅力をわかりやすく紹介,移動運用のお悩みにお答えする「移動運用よろず相談コーナー」をさらに充実,移動運用の必需品,ノイズレス軽量コンパクト発電機,伸縮ポールなどの装備も展示し,アンテナや電源などの装備や運用方法など移動運用関連のご質問にお答え致します.
人気のオリジナルステッカーの頒布,おまけの大抽選会は景気に関係なくパワーアップ,ブース人気投票で3年連続のベストブースの栄誉に恥じぬよう,初心に返り移動運用を愛好する皆さんのお役に立つブースとして出展に向けて鋭意準備を行っています.
今年も,移動運用のことなら何でも「アウト・ドア」にお任せください.
ハムフェアに来場されたら,ぜひ「アウト・ドア」ブースにお立ち寄りください。

売り切れ御免!オリジナルTシャツ頒布
●今年は人気のカラー,フォレストで極めた!

2011_forest_2 昨年も日曜日には売り切れてしまった「アウト・ドア」オリジナルTシャツ,今年のカラーは大人に人気の
フォレスト,1枚1,000円(税込)にて頒布いたします.リーズナブルながら,適度な厚みが着崩れを防ぎ,快適さが持続するように作られた逸品です.左胸にワンポイントOUT・DOORのロゴを入れました.(画像をクリックしてご覧ください)

HPをご覧の皆様に優先頒布いたします.皆さん,今年も人気のカラーで極めてみませんか.サイズはS・M・L・LL(それぞれ枚数限定)となります.ハムフェアだけの製作頒布,お買い逃しのないようにお願いします.
完成いたしましたので順次発送いたします.代金は商品到着後に送料も含めて同封の振替用紙にて送金ください.(送料は1枚の場合240円,2枚500円,3枚以上は宅急便の着払いで発送いたします)
ハムフェアにご来場できない方のみならず,ご来場の方もお早めにお申込みいただければ幸甚です.
こちらまでEメールにてお申し込みください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

CQ ham radio 誌 9月号発売中!

CQ ham radio 誌 9月号発売中!

■今月号の誌面・特集は
Cq2011099月号の特集は,「~世界が広がるモールス通信~モールス通信スタイル集」と題して,8名の方の運用スタイル・楽しみ方やアドバイスを紹介しています。さらにQ&Aなども,参考にされてはいかがでしょうか。
P.52では,縦振り電鍵の打ち方として,JA2XT太田誠作さんが製作されたDVDが紹介されています。興味のある方は,太田さんに連絡してみてください。連絡先はこちらをご覧ください。

P.70から,被災地のハムは動いたと題して,「大規模災害発生時に唯一残る通信手段はアマチュア無線」震災後の支援の様子を報告しています。支援活動中に急逝されたJA1LRT岡崎さんも紹介されています。ご冥福をお祈りします。

付録として,ハムログに準拠したLog Book,JCC/JCGリスト&町村コードも掲載されており便利です。

今月号の「新・移動運用セミナー」誌面は
Jm3csr1月号より移動運用を愛好されている皆さんの楽しみ方やそのスタイルを紹介して参りました。
第9回は,道の駅からの移動運用を愛好され,全エリアの道の駅からの運用を完成されたJM3SCR澤田さんの楽しみ方を紹介します。三つの駅からの移動運用の参考にしてください。(画像は道の駅から運用する澤田さん)
JG1KTCのワンポイントアドバイスは,移動運用の際に車の窓を開けて運用していると虫や蛾が侵入し困っていると言う読者の方からのご質問に,エコロジーな運用のアイテムとして,車の窓に簡易網戸製作を紹介しています。製作時間たったの10分,これで皆さん快適に移動運用。

ひとことコーナーも復活,皆さんからお送りいただいた移動運用についてのコメントを紹介しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

JCC1805 静岡県熱海市からQRV!

皆さん,交信ありがとうございました

20110814_atami 8月14日の日曜日,静岡県熱海市へ移動し移動運用を楽しみました.

移動場所は,伊豆半島伊豆スカイライン滝知山園地,ちょうど東海道新幹線の丹那トンネルのうえに位置しています.滝知山園地の横には静岡県の丹那無線中継所があります.

日曜日ちょっと早起きし,自宅を午前7時に出発,東名高速に入ると既に20キロの渋滞が発生,小田原厚木道路も渋滞,箱根新道も渋滞,渋滞回避のため箱根ターンパイクを経由して伊豆スカイラインへ,午前10時過ぎに滝知山に到着しました.

写真のようなスタイルで運用を楽しみました.穏やかな天候の伊豆半島も午後には半島を吹き抜ける強風が吹きアンテナのビームが定まらない状況となりました.やむなく午後5時過ぎに撤収しました.

7MHz帯で90局,144MHz帯で20局と交信を楽しみました.久々使用したマスプロアンテナの144MHz帯10エレウエーブハンター,その性能を再認識することとなりました.

交信いただきました皆さんに厚く御礼申し上げます.

奥側の八木アンテナは,NPO団体の要職に就かれ無線運用以外にもお忙しい毎日をおくられているJE1FVX田島OM,430MHz帯で80局余とQSOを楽しまれておりました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

皆さん参加されましたか?第54回フィールドデーコンテスト

ナンバー交換ありがとうございました

2011年8月6日(土)21:00から7日(日)15:00まで,日本アマチュア無線連盟(JARL)主催の第54回フィールドデーコンテストが開催されました.

2011fd皆さん,参加されましたか.
JG1KTCは埼玉県比企郡ときがわ町剣ヶ峰駐車場(標高約830m)へ移動して,7MHz~1200MHzでコンテストに参戦しました.
18時間フル参戦と言いたいところですが,しっかりと睡眠をとってしまいました.
少し離れた場所からJH8HAV伊藤さん,7K4IVN関本さんが元気に参戦しておりました.

JG1KTCは約700QSO,多くの皆さんと交信を楽しむことができました.
ナンバー交換いただきました皆さんに心より厚く御礼申し上げます.

7MHz帯では,広がった7.130MHzでCQを出すも約2時間で90交信にとどまりました.早朝だったので混信も少なく快適な運用はできましたが・・・.

   7MHz     99QSO
    14MHz       8QSO
    21MHz     69QSO
    28MHz     33QSO
    50MHz   136QSO
  144MHz     90QSO
  430MHz   227QSO
1200MHz     30QSO
 TOTAL   692QSO でした.(重複局未チェック)

午後3時,ゴロゴロが聞こえましたので急いで撤収にかかりました.
撤収が終りホット一息,帰路についた途端に雷雨となりました.
ピカピカゴロゴロ,大雨で前が見えません.
滝のように流れる雨水,まさしくゲリラ豪雨に遭遇しました.
この雷雨が30分早かったらと思うと・・・

ラッキーと思いながらも,関越高速道は,東松山インターから練馬インターまで連続渋滞にびっくりしました.
練馬インターまで2時間以上もかかりました.

移動運用を満喫し,午後9時,自宅に戻りました.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

今日は第6回財政問題検討ワーキンググループ会議

8月5日(金)午前11時から,東京巣鴨のJARL事務局において財政問題検討ワーキンググループ(メンバーは理事7名と専門家1名,事務局3名の11名)会議が開催されます.

この「財政問題検討ワーキンググループ会議」は,JARLの収支バランスの不均衡を是正,多様なな角度から検討を行い短期的・中期的な対策を講ずる必要があり第519回理事会で設置を決定し,第520回理事会でメンバーが選任され検討を進め現在に至っております.

JG1KTCは,組織を縮小,収支バランスの不均衡を単に是正し会員減少を助長させることなく,多様な角度から検討を行いアマチュア無線の発展,連盟としての責務,会員サービス,将来に大きく関わる部分まで慎重かつしっかりと検討を進めることが必須であり,すぐできるところはすぐに,長期の検討が必要であれば時間をかけてしっかりと取り組むことが必要と考えて審議に臨みます.

取り決めがあり,お知らせできる点は限られておりますが,出席後に報告させていただきます.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

JARL第525回理事会報告 JG1KTCのつぶや記

JARL第525回理事会報告 JG1KTCのつぶや記

日本アマチュア無線連盟の第525回理事会が,平成23年7月30日(土)の午後6時~9時まで,翌31日(日)の午前9時25分から午後2時50分まで,東京巣鴨の連盟事務局にて開催されました.
全理事(1名は水害により遅れて出席)が出席し審議に臨みました.理事会に出席したJG1KTCのつぶや記です.
詳細は,JARLWebの理事会報告(会員専用ページ)にてご確認ください.

専務理事から業務報告がなされた.
①IARU第3地域理事会の開催について
②選挙管理会の開催について
③委員会等の開催について
④経理状況,会員数の動向など
会員数は,約2年ぶりに正員で前月比65名のプラスとなりました.
震災以降,アマチュア無線へ関心を持たれる方が増加し入会されたことと思います.
財政問題検討ワーキンググループ審議報告について,一部理事より審議内容が不透明である旨の意見があり,理事者に議事録を開示することとなった.
財政問題検討ワーキンググループのJG1KTCは,一部に申し合わせを順守しない状況もあり議事録を理事者に開示すべきと考えを示しました.

議題として以下の点について審議しました.
◎第1号議題 会長の互選について
会長・副会長の選出について理事の互選の結果,新体制は以下のとおりです.
会  長 JA5MG  稲毛 理事
副会長 JA1AYO 丹羽 理事
副会長 JH1UBU 根本 理事
(任期は平成23年11月1日に予定する移行登記後から平成24年6月に開催される定時社員総会の終結時まで)

◎第2号議題 JARL 用地の売却方法について
簿価に見合った販売希望価格2450万円にて販売を決定し,不動産会社の専任媒介にて案内を行うことを決定した。

◎第3号議題 第53 回通常総会における要望事項等の取扱いについて
経費削減のためとして3年毎にJARL会員局名録を発行との要望があったが,毎年の入会者数と退会者数を検討すると,毎年1万を超える数でかなりの数の会員が入れ替わる状況であり,現行の2年をさらに長くすることは局名録を陳腐化させることとなり,現行のとおり2年毎とした.
なお,会員局名録発行による赤字は発生しておりません.

◎第4号議題 特別局等の開設について
特別局4申請,特別記念局1申請について審議し開設を了承した.
決済方法等について次回の理事会にて審議することとなった.

◎第5号議題 アワード規程の改正について
アワード委員会から提出された改正案について審議し了承し,平成24年4月1日から実施について承認した.

<協議事項>
1.ハムフェア2011での対応について
2.新法人での役員・社員等の旅費交通費の取り扱いについて
JARL の財政健全化の一環として,一部遠隔地では鉄道利用は現実的ではないが「鉄道賃による金額」を交通費の支給額として適用する方法を承認した.
支給額は,「鉄道賃」+「特急料金(自由席)」にて算出し「食事代」は支給しない.
宿泊代は現行と同様に支給しない.
沖縄県の場合は航空機の利用(旅割)する.
役員は平成23年11月の法人移行登記完了と同時にこの方法を適用,社員は平成24年6月開催予定の定時社員総会から適用,委員は平成24年6月以降の新委員会組織から適用することとした.

3.表彰規程見直し案について
正員歴表彰については,新法人への移行することから,今後の表彰等の取り扱いについて協議した.
平成23年度末をもって正員歴表彰および役員等の表彰は廃止することとなった.

4.理事からの提案について
(1)会員が海外運用した際の外国局へのビューロー経由QSL発行の手数料無料化について
この財政難の折に,海外から運用した局だけを優遇し費用を軽減することはいかがなものかとの意見が多数あった.
JG1KTCは,今年度よりコンテスト委員会から申出のあったコンテスト参加賞の廃止については,その費用約30万円,JARL4大コンテスト計で延1万人もの会員の方々にご理解をいただくことなったこと.
さらに,国内で複数のコールサインをもたれている方でQSLカードの転送を希望される方々約800名にも転送のご負担(約300万円)をお願いしていること.
国際貢献,会員増につながる?と言い150名程度50万円の負担だから何とかすべきとの考えはいかがなものかと考える.海外運用が国際貢献なら,国内移動は地域振興,地域活性化と言える.会員増につながるのかも?である.
将来的にQSLカード転送規定の全面的な見直しが必要となった時点で,他の規約と併せて検討することが望まれると,意見を申し上げました.
挙手の結果,反対多数で現状のままの取り扱いとした.

(2)全会員を対象とする意識調査実施の件について
意識調査については必要性はあると考えるが,全会員を対象とすると1000万円を大きく上回る費用がかかる.
臨時社員選挙の投票用紙配布の時に行なえば費用を軽減できるが,公平な選挙に適合できるかどうか?,選挙管理会の判断を仰ぐこととなる.
JG1KTCは,全会員を対象としなくともNHKなどの調査でも無作為約1000から2,000名程度の抽出数で信頼できる数値は確保している点を申し上げました.
実施する方向でさらに検討をおこなうこととなった.

(3)会員コールサインの一括公開の件について
JARLWebの会員検索で,エリア毎の会員コールサインを一括出力できるように変更提案があった.
その理由が,非会員宛のQSLカードを簡単に排除することができるようになりJARLビューロー,会員自身にとってもムダな作業と経費が無くなるとのことであった.
現実的にそうなるであろうか.QSLカードの交換を約束すれば,交信時に非会員であってもQSLカードを発行しビューローに送る.
非会員だからと発行せずにそのままにしておけば,その後に会員になってもQSLカードは届かない.
アマチュア無線局同士の信頼関係が揺らぐことにもならないかと,意見を申し上げました.
一部理事より,選挙対策だとの発言もあり,コールサインからアドレスをつくりスパム業者のよい材料となること等が指摘され,この取り扱いについては挙手による採決の結果,反対多数で現状のままの取り扱いとした.

(4)JARLの非常通信網について
被災者は,通信の「結果」を強く待って期待しているので,形だけできればいいというものではないとの指摘が多数あり,採決には至らなかった.

(5)担当理事制度の導入について
新法人の定款には「業務執行理事は1名」として明記しており、業務執行理事となる「担当理事」を配置するには定款改正が必要である.
これを理解せずに提案,提案者自ら取り下げた.

(6)予算編成について
既に,8月5日に開催する財政問題検討ワーキンググループで実施方法等を検討することとなっている.

(7)JARLのボランティア制度導入について
ボランティアを年間経費300万円をかけて運用するとの具体案に首をかしげる理事も.
非常勤職員の活用,幹部職員,後継者の育成にも務めていくこととした.

(8)新JARL誕生を記念し特別記念局の開設について
関東や信越など何カ所の地方本部から既に提案がある.

(9)監事の選任について
提案があったが,従前よりその予定である.

(10)養成講習会のPR について
提案者の誤解であった.

(11)理事会の開催時間について
提案を検討し,開催時間帯等の微調整を行なった.

5.新法人設立後の会員証について
6.JARL 会員局名録へ「再免許用紙」を付録とすることについて

理事から10を超える提案がありました.
理事者は自由に議案や審議事項の提案可能ですが,審議に値するか事前審査の必要性を痛感しております.
認識不足等による無用な時間を費やすことがないことを願っておりましたが,残念ながらや多くの時間を費やすこととなりました.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »