« 2月交信局のQSLカードを島根JARLビューローに送付しました | トップページ | 設営時間たった60秒 シングルデルタループアンテナ »

2009年3月 7日 (土)

島根のJARLQSLビューローから到着したカードを分析

今年も早いものでもう3月です。桜の開花も待ち遠しい今日この頃です。先月末から出張や会合で慌しい日々を過ごしておりました。

先日ビューローからQSLカードが転送されてきました。偶数月発送先である関東・関西・中国地方と7Jのコールサインの方々にQSLが到着したことと思います。

QSLカード転送はJARLの重要な会員サービス業務であり、遅配は会員サービスの低下はもちろんながら会員からのJARLに対しての信頼もうすれアマチュア無線の活性化にも影響を与えていると考えて、昨年5月の理事就任時から転送の正常化・迅速転送を理事会等で訴え続けてまいりました。12月18~19日にはJARL理事会初の島根ビューロー視察を実施し、詳細を2月開催理事会で報告いたしました。

20090303qsl視察後は慢性的と言われてきた遅配から完全離脱、厳しい環境下で従業員の方々が心をこめたQSL転送作業を行っており、現在は順調に転送が行われております。今回は11月末までに島根ビューローに到着したQSLカードが転送されました。その内訳は下記のとおりです。(画像は到着したQSLカード、下表のとおり年・月ごとに分類したものです)

    2009年3月3日到着QSLカード等の内訳
     年    度 交信局数    到着QSL枚数
     2004年        2
     2005年        7
     2006年        15
     2007年      4016      48
   2008年1月        95      1
   2008年2月       290      19
   2008年3月       245      3
   2008年4月       941      37
   2008年5月       202      8
   2008年6月       112      6
   2008年7月       535      38
   2008年8月       643      105
   2008年9月        28       2
  2008年10月       723          224
  2008年11月        25            2
  QSLカード計            517
   SWLカード              0
   参 加 証              1
   総    計           518枚

11月交信局のQSLカードも転送されたことから、11月末日までにビューローに到着したQSLカードの転送処理を行ったことが確認できると言えます。昨年春の転送状況と比べれば3分の1の転送期間に短縮されました。あるOMから送られたQSLカードには、11月中旬にビューローへ発送した旨の小さなマークがありました。このマークをみても、さらに信頼されるビューローへと尽力が不可欠であると思いました。

2月理事会でも転送期間3ヶ月以内を決議したことから、今後は転送期間が2.5ヶ月、2ヶ月~に短縮されるとともに、一部の方々へ届いていない状況がありましたが、大きく改善が図られ確実に皆さんのお手元に届くことと思います。それらを確認するとともに、継続された時点で転送の最終評価を行いたいと考えます。

20090303qsl2さて、最近、複数の交信をまとめて記載したQSLカードが到着します。私も、コンテストなどで複数の周波数やモードで交信した同局には1枚にまとめて記載したQSLカードを発行しています。でも、今回届いたQSLカードの中には、2007年一年間に交信したQSOを1枚にまとめたもの、2006年と2007年の2年間に交信した4回のQSOを1枚にまとめて記載したQSLカードがありました。当然ながら、私の移動先の記載(XX県移動も)はありません。それぞれ違う移動先からの交信でしたのでいただいたQSLカードを見て違和感を覚えました。さらに、3年分のQSLカードを同時に発送されたと思われる方からのカードも到着しました。

驚いたのは、移動運用やコンテストにアクティブなJG1IEB宮下OMから届いたQSLカードです。私が発行しております「アウト・ドア賞」賞状がカードになっていました。なお、皆さんが心配している転送誤配は一枚もありませんでした。

中には、転送規定にぎりぎりのQSLカードが何枚か同封されていました。転送規定に合致しないQSLカードは、JARL事務局にて廃棄処分となっていますが、大量の規格外カードを送る方が少なくありません。該当会員へのフィードバック、返送、書面での注意喚起が不可欠と考えますが、残念ながら関係者には理解してもらえません。何度も同じことを繰り返し、発行したつもりでも実際は届いていない、ビューローも効率の悪い転送業務となるなど問題も生じているのに残念です。

皆さんのお手元に届いたQSLカードの転送状況はいかがでしょうか?よろしければ状況やご感想をお知らせください。メールアドレスはこちらです。メール ぜひとも参考にさせてください。会員の皆さんにもっともっと信頼されるJARLに。アマチュア無線を楽しめる、盛り上げられる環境にして行きたいと考えます。

|

« 2月交信局のQSLカードを島根JARLビューローに送付しました | トップページ | 設営時間たった60秒 シングルデルタループアンテナ »

JG1KTCのJARL活動報告」カテゴリの記事

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509675/44269760

この記事へのトラックバック一覧です: 島根のJARLQSLビューローから到着したカードを分析:

« 2月交信局のQSLカードを島根JARLビューローに送付しました | トップページ | 設営時間たった60秒 シングルデルタループアンテナ »