« 島根のJARLQSLビューローから到着したカードを分析 | トップページ | 熱海市滝知山で豪華ランチ!? »

2009年3月 9日 (月)

設営時間たった60秒 シングルデルタループアンテナ

8日の日曜日、東京は雨が今にも降り出しそうな空模様でしたが、無線機のスイッチを入れると移動局の元気な声がガンガン聞こえました。バンド内をワッチすると、いつもより多くの方が屋外からQRVしているように感じました。どんよりとした今にも雨が降り出しそうな天候だったからなお更にそう感じたのかもしれません。

いやいや、そうではなかったのです。谷底ロケーション、自宅に設置してあるクリエイトデザイン社の50MHz帯4エレ改造八木アンテナ(4エレ八木は市販されていません)でも、多くの方と交信が楽しめました。春の足音と共に、移動運用を楽しまれる方も増えている様子が実感できました。

20090308 午後2時を過ぎて、皆さんの元気な声に刺激されて、近郊の高台へと車を走らせ、画像のようなスタイルでちょっとだけQRVしました。50MHz帯のアンテナは、設営時間たった60秒デルタループアンテナ(JA6RGB宮崎OM制作、なかなか優れものです。その性能は、CQ ham radio 誌 私の担当する「移動運用セミナー」 2008年5月号誌面で検証済み)、車に装着しているポールに差し込んで完了です。(画像は装着したところ、ポールを伸ばして完了)

どんよりした天候でしたので、無理せず気軽に手軽に遊んできました。皆さんも、外に出てアマチュア無線で遊んでみませんか?

|

« 島根のJARLQSLビューローから到着したカードを分析 | トップページ | 熱海市滝知山で豪華ランチ!? »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 設営時間たった60秒 シングルデルタループアンテナ:

« 島根のJARLQSLビューローから到着したカードを分析 | トップページ | 熱海市滝知山で豪華ランチ!? »