« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月26日 (水)

どこがハッピーフライト?

20081126 ANAが全面協力して制作された最新作、ハッピーフライトが劇場で上映されています。(写真は買ったオフシャルガイドです)

これまでわが身を省みず、命がけともいえる20回にも迫る回数飛行する小型機内からアマチュア無線を運用し総交信局数も3000強局、さらにANA機に一日7フライト搭乗したこともある私にとってもたいへん興味津々で期待の大きな映画でした。既にご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、遅ればせながらやっと観てきました。

ストーリーはと言うと、まるで喜劇と思わせる楽しいハラハラドキドキのストーリーで構成されていました。豪華そして適材適所といえるキャストにも満足しました。さらに、昨今多くの方々が飛行機を利用していますが、航空業界は誰がどのような仕事をしているのかベールに包まれている部分もあります。それらを紹介しているところも多々あり、航空業界を知っていただきたい、理解していただきたいなどPR的な要素も含まれている物語でした。この映画をご覧になると、航空業界に詳しくなれること間違いなしです。

でも、ストーリーからすると、ハッピーフライト?、タイトルはどこからとったの?どれを意味している?とも言えますが・・・・ あとはご覧になって感じてください。

飛行機や運行の詳細がわかってますます飛行機が好きになった方(CAが好きになったと言う方もいるかも)、飛行機は苦手だなと思われた方、と大きく二分されるのではないかと思いました。もちろん、前者は私ですが、同行者は後者だったようです。

まあ、ハッピーエンドの楽しい物語でした。実際にはありえない状況もありましたが演出と言うことで納得のシーンも。コックピットや管制塔内、さらにはオペレーションセンター内もすべて撮影のために作られたセットとのこと、その完成度の高さに驚きました。皆さんも、ぜひハラハラドキドキ楽しんでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

モービルホイップアンテナで東京UHFコンテストに参加!

Qrv_20081123_2今年も11月23日の勤労感謝の日には,東京UHFコンテストが開催されました。多くの方々が固定や移動先から参加して元気な声が聞こえていました。私は業務の関係で,千葉県船橋市から写真のようなモービルホイップアンテナで仕事の前の時間を利用して,駐車場に停めた車内から参加し十余局とナンバー交換しました。

モービルホイップアンテナにもかかわらず,東京都内の局はもとより遠くは群馬県や栃木県の方々ともナンバー交換できました。群馬県前橋市からQRVされていたJE4AEJ徳山さんにモービルホイップアンテナからQRVしている旨をお話しするとビックリされて良く届いていますよとのコメントを頂戴しました。私も,こんなに遠くまで届くなんて驚いています。

Qrv1_20081123車内シャックは,運転席のハンドルを利用したテーブルにノートパソコンを置いて,ハムログを打ちながら快適にQRVしました。写真をクリックしていただくと拡大画面がご覧いただけます。私はちょっとしたお手軽移動に活用したいへん重宝します。らくらくオペレートにぴったりの逸品と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

CQ ham radio 誌 12月号発売中!

Cq200812 もうお求めになられた方もいらっしゃると思いますが、2008年最後の「CQ誌12月号」が発売されています。

今月の特集は,「アマチュアのインターネット活用」と「アンテナアナ・ライザーを使ってみよう」のダブル特集です。
アマチュア無線のインターネットの活用法について紹介しています。便利に活用してください。
1台持っているととても便利な「アンテナ・アナライザー」その基本的な活用方法,最新機器を紹介しています。
冬の夜長はアンテナ調整そして工作・・・などいかがですか?

使用画像はなんと10枚!
私の担当する「移動運用セミナー」誌面は,先月号に引き続きHF帯を移動運用で楽しんでみませんかと,HF帯マルチバンド移動運用実践編,筆者のV型ダイポールアンテナによる移動スタイルを10枚もの画像を用いて解りやすく紹介しています。(編集の皆さん、誌面2ページに10枚もの画像。たいへんご面倒をおかけしました。)
7~28MHz帯4バンドV型ダイポールアンテナは「ごっつい」と思われがちですが思いのほか簡単に設営できます。
画像をご覧いただくときっとご納得いただけることと思います。
ぜひ参考にしていただき,移動運用時にはHF帯マルチバンドで楽しんでください。

さらにカラーページでは,先月開催したアウト・ドアハムの集いの楽しい様子を誌面を大きく割いて1ページで紹介しています。167ページをぜひご高覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

JG1KTCの第506回理事会に出席つぶや記

20081116 11月の15日~16日にかけて日本アマチュア無線連盟(JARL)第506回理事会並びに評議員会が東京お茶の水のホテル聚楽において開催されました。15日の午後5時から午後8時過ぎまでと,16日の日曜日、午前9時30分から午後2時まで第113回評議員会を挟んで,午後2時~午後3時まで506回理事会が開催されました。

なお,理事会並びに評議員会の議事についてはJARLのWEBにて詳細が報告されますのでそちらをご覧下さい。また,評議員会の様子は評議員各位が運営されるWeb等でも報告されるのではないかと思いますので地域の方は確認してみてはいかがでしょうか。

20081116_2

120081116_6

(右画像は討議に臨む評議員各位,左画像は討議に臨む理事・事務局各位)

理事会,評議員会に出席したJG1KTCのつぶや記です。(誤字・脱字などありましたらお許しください。転送・転載は固くお断りします)

15日の理事会には,理事全員が出席し開催されました。専務理事から業務報告(委員会の開催、経理状況、会員数の推移、全日本ARDF大会開催,2008アマチュア無線フェスティバル収支報告など)がなされました。会員数の推移では,今理事会より毎月の会員数の増減を解り易く新たなスタイルでの表記をお願いしておりましたが実現し会員数推移がたいへん解りやすくなりました。会員数は,残念ながらなだらかではありますが減少が続いています。追加報告として,総務省無線設備規則の一部を改正する省令案等に係る電波監理審議会への諮問及び意見募集について電気通信大学コミュニケーションミュージアムのリニューアルオープンについて報告がありました。

続いて,選挙管理者の選任について,選挙裁定委員の選任について,公益法人制度改革について,地方本部費の配分,コンテスト規定の改正などについて審議を行いました。

20081116_3 16日の評議員会は,17名の評議員(2名欠席,うち1名は委任状提出)が出席して開催されました。議長にJA2BUL山田評議員,副議長にJE3LGJ村上評議員が指名され,議事が進められました。議案として,選挙管理者の選任について,選挙裁定委員の選任について,公益法人制度改革についてなどが審議されました。公益法人制度改革については熱心な審議がなされました。さらに,QSLカードの転送について「何枚溜まると転送するのか?指示しているのか?」など質問や要望,選挙制度や青少年育成などについてもたいへん熱心な発言・審議が続きました。

午後2時評議員会終了後,理事会再開,平成22年通常総会開催地についてや平成21年全日本ARDF競技大会開催地,平成21年度の連盟行事予定などを協議し決定しました。

さて,多くの会員の皆さんがたいへん心配しているQSLカードの転送遅配ですが報告がなく,専務理事に現況報告を求めました。専務理事からは全力で遅配解消に向けて業務を行っている旨の報告がありました。

さらに,11月初旬に到着したQSLカードを基に未だ改善には至っていない転送状況を報告すると共に,皆さんから頂戴した意見などを総合してさらなる尽力をお願いした次第です。

次に,QSLカード伝送について転送状況などを公開するなど,会員の皆さんへの情報公開についても強く訴えました。これまでにも増して信頼されるQSLビューローとなることを願って止みません。なお,転送の正常化・迅速転送など会員の皆さんへのサービス提供,アマチュア無線の活性化に繋げることも理事の責務と考えております。

QSLビューロー視察などについても検討し,午後3時,第506回理事会は終了しました。以上,つぶや記でした。時間が取れましたらあらためてつぶや記ます。 

一部追記修正しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

今日明日はJARL第506回理事会

今日と明日は,日本アマチュア無線連盟の第506回の理事会,そして明日は第113回評議員会が東京お茶の水のホテル聚楽で開催されます。

理事会では,事務局からの業務報告のほかに公益法人改革,来年開催の第51回通常総会関連,支部長選挙などについて審議することとなります。さらに,総額2千万円を超える地方本部費の予算案についても審議することとなります。地方本部均等割額のほかに会員一人あたり110円が,さらに一支部あたりの割当金が予算のベースとなっています。関東地方本部費は約500万円,東京都支部では約100万円が支部費と試算できます。さらに,慢性的なQSL転送遅延についてですが,現在ビューローに滞留していたQSLカードの大棚ざらえが行われていますが,今後の迅速・安定転送に向けてしっかりと審議しなくてはなりません。なお,会員数ですが残念ながら減少を続けています。

理事会,評議員会後にまたご報告したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

省エネQSLカード発行!

新しいQSLカードを発送しました

Photo QSLカードの発行ですが,コンテスト参加時や移動サービス時など同一局と複数の周波数やモードで交信した場合は,その交信内容を一枚のQSLカードにデータを記載して発行してはいかがでしょうか。もうやってるよ!との声が聞こえますが・・・・

私は,10月交信分のQSLカードを新しく作成したQSLカードにハムログのQSLカード印刷データを基に省エネスタイルで発行し昨日ビューローに発送しました。全市全郡コンテストの分は同一局との交信は1枚のQSLカードにまとめて印刷しましたのでなんと30%を超える省エネとなりました。
Photo_2皆さんも,ぜひひと工夫で「省エネ」してみませんか。

この省エネで,ビューローの転送枚数も減少?しビューローにも貢献?「お互いの省エネ」にもなるのではないかと思います。時にはこんな工夫もいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビューローからQSLカード到着 遅配解消は? その弐

10月末発送エリアの皆さん届きましたか?

QSLカード到着・転送遅配解消?と書きましたが,11月も三分の一を過ぎようとした8日や9日にやっと10月転送のカードが到着したとの情報をいただきちょっと驚いています。佐川ゆうパックの場合には何日かを要するとは言うものの,これでは「10月末発送ではなく11月初旬から発送と解りやすく表現すべきではないか」と言われても仕方がありません。ちょっと?ではないでしょうか。

さて,ブログをご覧いただいている皆さんに,「転送状況をお知らせいただけませんか」とお願いしたところ皆さんから情報やご意見をいただきました。この場を借りまして厚く御礼申し上げます。

皆さんからの情報・ご意見を要約すると,

①届いたQSLカードの量はいつもの2倍から3倍の枚数

②8月末転送時は,昨年末頃のQSLカードが多かったが,今回は春頃のQSLカードが多い

③どうして遅くなったのかの原因究明が必要

④安定した迅速な転送を望む   などどです。

今回は,溜まっていたQSLカードの大棚ざらえ?というものでした。

ただ,これで遅配が解消したと言うものではありません。毎月80~90万枚のQSLカードがビューローに到着します。滞留状況はと言うと,その4か月分の350万枚を超える枚数にもなっており,1回の転送で2倍3倍の量のQSLカードを転送したとしても,その転送期間中に到着したQSLカードが滞留することとなります。この大棚ざらえを何度か実施してこそ,やっと滞留分のQSLカードの転送が完了したと言えるのではないかと考えます。

今後,ビューローには慢性的な滞留・遅配を起こさぬように安定した迅速な転送をお願いしたいと考えます。

皆さんからのご意見にもあるように,JARLには,「解消したからよし」と言うような安易な考えで終わることなく,なぜ慢性的な遅配となったのかを徹底究明し,二度とこのようなことが発生しない環境,管理体制を確立し管理監督をしっかりと行っていくことが必須であることは言うまでもありません。

QSLカード転送は大きな会員サービス業務であり,慢性的な転送遅配は会員サービスの低下はもちろんのこと会員からの信頼もうすれ,アマチュア無線の活性化にも影響を与えていると私は考えております。ぜひとも改善させていきたいと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

ビューローからQSLカード到着 遅配解消は?

到着したQSLカードを分析

11月2日に島根のQSLカードビューローからQSLカードが送られてきました。偶数月発送先である関東・関西・中国地方と7Jのコールサインの方々にQSLが到着したことと思います。

QSLカード転送遅配の改善については先の「理事会つぶや記」でも報告しましたとおりですが,これまで慢性的な転送遅配7~8ヶ月も要していることは,会員サービスの低下はもちろんながら会員からの信頼もうすれ,アマチュア無線の活性化にも影響を与えていると私は考えております。

理事会でも改善を訴え,ビューローへの厳重注意,遅配改善,ついては会員の皆さんへの信頼回復を指示していたところでした。

20081102qsl1今回届いたQSLカードの総数は,なんと通常送られてくる枚数の約3倍もの922枚(数えるのもたいへん)でした。その内訳は下表の通りです。なぜ,今月は通常の3倍もの枚数になったのでしょうか。これまでの遅延分・滞留分を処理したからでしょうか?これまでビューローに保管されていたQSLカードの大棚ざらい・蔵出しでしょうか。蔵出ししている期間に届いたQSLカードはまた同じことを繰り返されるのでしょうか?

 2008年11月2日到着QSLカード等の内訳                         
     年    度  交信局数  到着QSL枚数
     1985年             1
     2001年              8
     2003年              5
     2005年            11
     2006年            18
     2007年      4016         173
   2008年1月         95          36
   2008年2月        290         148
   2008年3月        245         131
   2008年4月        941         265
   2008年5月        202          72
   2008年6月        112          33
   2008年7月        535          13
  QSLカード計           914
   SWLカード            7
   参 加 証            1
    総   計          922枚

20081102qsl2転送されたQSLカードの内訳表ですが,単に交信日のみを分類したのでは参考になりませんので交信数も併せて列記しました。(画像は表のとおり年・月ごとに分類したQSLカードです)

今回の転送は,3・4・5・6月並びに7月上旬に到着したQSLカードの一部だけ転送処理を行ったようです。QSLカードの何枚かにはビューローへの発送日が記入されていました。その日付は,4月や5月何日と記入されていました。7月初旬ビューロー到着QSLカードの転送だけを考えれば,11月初旬ですから4ヶ月目に到着と転送期間が早くなっていると思われますが,7月初旬の交信数を考えると到着したのはほんの一部だけと言えます。仮に7月中にビューローに届いたもの全てを転送と言うのであればかなりの枚数になろうかと考えます。また,当局は8月にも多くの方と交信を楽しませていただいておりますことから,改善の兆しはあると言えますが、今すぐに評価を行うのは時期尚早と言えます。

3ヶ月転送実現を掲げていることも視野に入れて,まずはその転送を実現し継続して実施された時点で,ほんとうに改善され適正転送が実施されているか否かその評価を行うべきと考えます。

なお,1985年交信のQSLカードも同封されビックリ,さらに2001年羽田初フライトKH2移動運用の際のQSLカードが含まれていました。もしかして,私が発行したQSLカードが迷子になったいるのかとも思いました。その他,2005年のカードにはコンテスト参加時のQSLカードが未着との請求もありました。なお,2007年のQSLカードの多くは10月以降のものでした。

20081102qsl3QSLカードに同封されていた東京コンテストの参加証,なぜか発行日は平成20年8月となっていました。とても不思議です。QSLカードは一枚も転送されないのに・・・。JARLの特別局のQSLカードやコンテスト参加証が優先されて転送されるのでは・・・と言う噂がありますが。

さらに,先日会員の方から,昨年11月末にビューローに送ったQSLカードが未だに転送されないので調査してほしいとの依頼がありました。詳細を確認したところ,一人だけでなく交信した複数の相手局に届いていないとのことですので単なる転送ミスではないようです。QSLカードの発送・ビューロー到着は間違いないようですし・・・となると,このQSLカードはどうなったのでしょうか?たいへん心配ですので,調査を依頼しております。もしかすると,今回転送されていたりして・・・・。

また,理事会等で会員が送るQSLカードに不備があるため転送に時間を要しているとビューローからの問題点として報告されていますので,今回転送された914枚の中にJARLがお知らせしている転送取り扱い規定に合っていないQSLカードがどれくらいあるか調べたところ,転送コールサインの記載不備(不鮮明や定められたところにコールサインの記載がないなど)や薄い用紙のものが17枚ありました。全体の2パーセントと言ったところでしょうか。コールサイン順に並べて提出についても,QSLカードの多くがプリンター打ち出しされたカードですので,ほとんどが順番に揃えられていると考えられます。

私に転送されたQSLカードを見る限り会員から送られるQSLカードの不備が大きいとはとても考えられません。残念ながら,単に転送遅配の言い訳と考えらても仕方ありません。しかし,JARLがお知らせしている転送取り扱い規定に合致しないQSLカードを発行している方には,注意を促すことが必要と言えます。これまで行っていないことが問題とも言えますが。

最後に,QSLカードの分類で,11月3日文化の日一日を過ごしました。ちょっと疲れ気味ですが。皆さんのお手元に届いたQSLカードの転送状況はいかがでしょうか?よろしければ状況やご感想をお知らせください。メールアドレスはこちらです。メール ぜひとも参考にさせてください。会員の皆さんにもっともっと信頼されるJARLに。アマチュア無線を楽しめる・盛り上げられる環境にして行きたいと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »