« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

狂い咲きではありません!

Photo 今年も早いもので,もう10月も終ろうとしています.暑かった夏,東京では朝晩かなり冷え込むようになりました.寒いなと思っていたら,ニュースではやっと平年並みの気温に・・・とのコメントがありました.やっと平年並みです.皆さんがお住まいの地域でも大きく気候が変化していることと思います.冬に向かって一直線ですね.季節の変わり目には体調をくずしやすいのでお体くれぐれもご自愛ください.

1さて,26日は東京CWコンテストでしたが,あいにく仕事となり出勤前のちょっとだけ何局かにお声がけ?で参加しました.職場の薬草園では,秋なのに桜が.沖縄よりも早く桜が開花? いやいや狂い咲きではありません.ちゃんと名のある綺麗な「十月桜」が満開.ちょっと過ぎたかな? スナップに収めてみました.

11月1日には,市町村合併で一市と二つの郡が消滅します.静岡県庵原郡由比町が静岡市へ編入し静岡市清水区となり,同じ庵原郡の富士川町が富士市へ編入となり,庵原郡が消滅します.さらに,鹿児島県大口市と伊佐郡菱刈町が合併し伊佐市(イサシ・JCC4625?)が誕生します.同時に,大口市と伊佐郡が消滅します.ほかにも,静岡県志太郡大井川町が焼津市へ編入し焼津市となります.来年1月1日には志太郡岡部町が藤枝市に編入し志太郡が消滅の予定です.

由井町の浜石岳(標高707m)から雄大な富士山をバックに移動運用を行ったのを懐かしく思い出しておりました.今週末は,消滅&誕生の移動サービス局がQRVすることと思います.特に金曜日はさようならサービスが聞こえることと思います.聞き逃せません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

アウト・ドアハムの集い 開催される

第19回アウト・ドアハムの集い速報!

2008tsudoi0101 今年で19回を数える「アウト・ドアハムの集い」を,関東平野1都6県360度のパノラマ眺望,高原リゾート気分を満喫できる絶好の移動ポイントとして有名な埼玉県比企郡ときがわ町堂平山(標高876m)山頂の堂平山の「堂平天文台」星と緑の創造センターで,10月18日(土)~19日(日)に開催しました.
2008tsudoi06_2当日は好天に恵まれ最高の移動日和となりました.遠路,北は北海道,西は愛知県からも熱心な愛好者の方々に参加いただき開催しました.そのプログラムは以下の通りです.詳細は,「アウト・ドア」のWebサイトにて報告したいと考えています.
(画像は参加の皆さんと堂平天文台と設営したアンテナ群をバックに.なお,途中帰宅者・就寝中の者は写っていません.左側後ろには45cm反射望遠鏡が収まった白色の観測室が見えます)                                                       

2008tsudoi09

2008tsudoi10

2008tsudoi04

                                                                                                    

                                                                          

                                       

第19回「アウト・ドア・ハムの集い」プログラム

司会進行 JG1KTC

第一部 夕食・自己紹介(18時~19時過ぎ)
☆夕食を食べながらプロフィール自己紹介        参加者全員

第二部  (19時30分~21時)
プログラム1
☆ここだけの話 優勝者が激白! 移動運用の楽しみ方・スタイル
        アウト・ドアコンテスト優勝者 JK8HXB  石山  勝 殿

☆ここだけの話 優勝者が激白! 移動運用の楽しみ方・スタイル
      アウト・ドアコンテスト優勝者 JR2GGV  越智 幹汎 殿
プログラム2
☆移動運用セミナー詳説 移動運用のとりこになろう! 
          移動運用でアマチュア無線を楽しむ JG1KTC

第三部 (21時~22時)
☆豪華賞品?の当たるビンゴゲーム大会
            アウト・ドア・ビンゴ担当部長 JE1FVX 田島 喜樹 殿

★7w高出力ハンディトランシーバ,50MHz帯HB9CVアンテナほか 数々のビックプレゼント,さらにプレミア商品・人気商品などなど

第四部 選択参加 スペシャルプログラム(ビンゴ終了次第~)
① JG1KTCの活動報告 コスモ1階会場(飲み物・おつまみ付)
② 未知との遭遇 宇宙に未知なる感動を求めて 望遠鏡で観察
③ 未知との遭遇 移動運用を楽しもう 会場からQRV

●JG1KTCの運営する「アウト・ドア」のWebサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

CQ ham radio 誌 11月号発売中!

CQ誌11月号発売中!

Cq200811 今月の特集は,手作りで楽しむアマチュア無線,近年,手作りと言ってもアンテナぐらいかな?と思われる方も少なくありません.半田付けもしばらくやっていない方も多いのではと思います・・・・.
工具の選び方からキットの製作,アンテナ製作など簡単な手作り品を紹介しています.今月は久々,手作り・キットで楽しんでみてはいかがでしょうか.FCZ寺子屋シリーズなんてなつかしいな.OIKey-F88ケーシング・コンテストでは優秀作品が紹介されています.なかなかです.

今月のアウト・ドア「移動運用セミナー」誌面は,HF帯を移動運用で楽しんでみませんかと,「HF帯マルチバンド移動運用実践編」と題して,V型ダイポールアンテナによる移動スタイルを紹介しています.
7~28MHz帯4バンドのV型ダイポールアンテナというと,固定用では?との声もありますが,決してそんなことはありません.簡単組み立てから小スペースで可能な「完全自立型設営」方法までを紹介していますのでぜひ参考にしていただければと思います.HF帯もマルチバンドアンテナで移動運用を楽しんでください.コンテストにもぴったりです.

カラーページでは,ハムフェアクラブブース紹介 P.176 に移動運用大好き「アウト・ドア」ブースがフェイスアップで紹介されています.左から二人目は,QP1AMIとして「アウト・ドア」誌面にも登場していたこともあります.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

第29回全市全郡コンテスト参加報告

オールバンドで移動運用を満喫

皆さん,全市全郡コンテストはいかがでしたが? 残念ながらコンディションは最低でしたが移動運用を満喫しました.駄文ですが読んでやってください.

2008acag4 移動地は国土交通省堂平山無線中継所が山頂にある埼玉県比企郡ときがわ町の剣ヶ峰駐車場(多くの方は堂平山と言っている)に移動し参加しました.自宅を土曜日の朝出発,環七通りを北上,連休と言うこともあり交通量は多く途中早くも渋滞,目白通りはずっと渋滞,関越道に入りしばらく走行するも渋滞12キロの表示,鶴ヶ島インターで降りて一般道を,途中ガソリンスタンドで発電機用のガソリン,コンビニで食料を購入して目的地へ到着したのが正午近くでした.

駐車場は幸いにも貸切状態,この場所から約1㌔先の堂平山山頂のキャンプ場「堂平天文台」では,入間市のクラブとTDKアマチュア無線クラブがコンテストに参加するとのこと,きっと暖く暖くらくらくなんだろうなと思いつつ,ブールーハウス(青い車)組の私は気合を入れていました? 到着後間もなく天候が回復,強い日が射す青空の暑い中での設営となりました.

しばらくすると,同士のCQ誌常連筆者となりつつあるOMが到着しました.今回は,「完全自立スタイル」で参加するとのこと,どこかで聞いたような言葉,そう私がCQ誌「移動運用セミナー誌面」等で紹介している「他の方の迷惑にならないように,広い場所を占用しないで駐車スペースのみ使用してアンテナを設置して完全自立スタイルで移動運用を楽しもう」と,いつも口にしている言葉ではありませんか.

準備を開始しているところに,TDKアマチュア無線クラブの前会長の訪問を受けて,「気付け薬」をいだきながらしばし無線談義に花を咲かせました.

2008acag3私は, タイヤベースを前後のタイヤで踏んで2本の伸縮ポールを設置し,完全自立型で写真のとおり下記のアンテナを設置しました.これで7~1200MHz帯にQRVできます.同士のOMも同様にタイヤベースを前後のタイヤで踏んで写真のように設営しました.(白い車の画像です) 暑くて暑くて汗を拭き拭きの設営となりました.続いて車内シャックの設営,夕食,仮眠など開始まであっというまに時間が過ぎました.私は,久々,ケンプロのメモリーキーヤーKP-200(とても懐かしい.知っている方は少ないかも?)をセッティングしました.年代物となりましたが,まだまだしっかりと働いてくれました.

7~28MHz帯     V型ダイポール
50MHz帯       HB9CV
144~1200MHz帯   コリニアGP

午後9時,コンテスト開始,50MHz帯にQRV.CQを出している局にお声がけ後に周波数を確保してCQを連呼,100QSO後に144/1200MHz帯にQRV.夜半からは21/28/430MHz帯にQRV.午前1時を過ぎて大きな睡魔に襲われQRT.車中水平飛行となりました.早朝には寒くて何度も目が覚めました.

たっぷり睡眠をとり翌朝は6時半から運用再開,144MHz帯ではJI1EQI万田さんよりBLOG見てますとのコメント,さらに14MHz帯でも熊本のJA6GXP浅井さんらからコメントをいただきました.皆さんありがとうございます.

2008acag2_2さらに,昼にTDKアマチュア無線クラブの元会長,現広報担当の訪問を受け無線談義に花を咲かせました.なんと,堂平天文台からから歩いてきたとのことビックリでした.そのほかにも,無線やってますがこんな大きな設備は・・・と,来訪者がありました.

午前中,午後と睡魔に襲われ小休止しながらQRV,途中美味しい食事やあたたかいおふろ,が恋しく幾度かリタイヤの危機もありましたが何とかオペレートすることが出来ました.

午後8時をまわったところで,430MHz帯で周波数を確保してCQを出しているも疲労蓄積,コールいただいた方に周波数を譲ろうとその旨を伝えるも,あと少しですからガンバレと励ましの言葉をいただき,結局,連続5局に断られ最後までQRVすることとなりました.嬉しいやら悲しいやら・・・・

午後9時コンテスト終了.7~1200MHz帯,SSB・CW・FMモード,総交信局数は600局700局には残念ながら届きませんでした.

まあ,マイクを握りながら夢心地でしたから仕方ありません.いつもお声掛けいただいているOM,ご支援いただいたいているOMなどなど,多くの方々と交信できて嬉しく思います.激励もいっぱいいただきました.また,初めて交信する局も多く感じました.ただ,直線距離約2㌔の近接局の電波がバンド中に広がり144MHz帯ではほとんどQRV出来なかったことが残念でした.

午後10時にはすべて撤収完了.同士のOMから「もう終ったの.早いね」と言われ,手際いいのかな?と思いつつも,おなかペコペコ,早く美味しい食事にありつきたかったから?気合が入っただけ?

帰路途中のコンビニで暖かいおでんでおなかを満たしました.今だけどれでも70円のお徳セール中でした.道路は,連休だからでしょうか?午前零時だというのに関越道は大渋滞,午前1時半過ぎに無事自宅に戻りました.今年の全市全郡はこんな感じで楽しみました.移動運用で多くの感動に出会えました.皆さんはいかがでしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

明日,明後日は全市全郡コンテスト!

アマチュア無線をコンテストで楽しもう

Photo今年も早いもので10月,過しやすくなりました。先日まで暑い暑いと言っていたのが嘘のようです。明日,明後日(2008年10月11日(土)21時00分から12日(日)21時00分(JST)まで)は,JARL主催第29回全市全郡コンテストが開催されます。オールバンド,市郡区がマルチプライヤーとなるコンテスト,多くの局との交信で高得点が得られるコンテストと言えます。都道府県支庁がマルチプライヤーとなるコンテストとは異なり,マルチプライヤー獲得を気にせずに気軽に交信を楽しめば楽しむほど知らぬうちに得点がUPするコンテストです。市郡区ナンバーがコンテストナンバーですから,珍市,珍郡など未交信地域との交信も容易です。コンテストは・・・という方,ビギナーの方もぜひ参加してみませんか。明日は一部の地域で天候の崩れがあるようですが,11日の日曜日は全国的に好天となりそうです。ぜひ,移動運用で参加してみませんか。新たな感動の出会いを体験してください。私も,山岳の移動地からオールバンドで参加,コンテストを楽しみたいと思っています。皆さんと交信できるのを楽しみにしています。

(画像は,頑張った人?入賞者に贈られる賞状)

JG1KTCの運営するアウト・ドアのWebサイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

訃報 JA1AKA 荒川OM ご逝去

とても悲しいお知らせ

Ja1aka_omATV(アマチュアテレビ局)の荒川OMとして著名なJA1AKA荒川OMが,病気療養中のところ10月2日にご逝去されました。OMは,CQ誌のATVコラムを長年ご担当され,アマチュアATVの普及や啓蒙に尽力され,自らがATVと,日本各地の山岳からアクティブにQRVされていらっしゃいました。「アウト・ドア」ハムの集いにも積極的にご参加いただき,OMからいろいろなことを学ばせていただいておりました。2002年のハムフェア自作品コンテストでは最優秀賞(総務大臣賞)を受賞されるとともに,「ひとりぽっちのテレビ局1/2日本百名山」と50座を制覇され山頂からATV運用を達成されるなど山岳からの移動運用にアクティブにご活躍されておられました。昨年のハムフェア自作品コンテストでも入賞されるなど,最近までお元気なお姿を拝見しておりましたのに残念です。一時期体調を崩されたとのことでしたが,その後復活されお元気にご活躍と思っておりました。突然のご逝去に言葉もありません。ご冥福をお祈り申し上げます。(画像は総務大臣賞を受賞されたときのもの,ハムフェア「アウト・ドア」ブースにて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

ハムフェア2009 第1回実行委員会出席

アマチュア無線フェスティバル実行委員会開催

10月4日(土)に東京巣鴨のJARL事務局において,来年のハムフェアの第1回実行委員会が実行委員12名(JARLニュース2008秋号P53掲載)が出席して午前11時から開催されました。JG1KTCは8月のハムフェアで会場視察など働かせていただきましたが,委員会にははじめての出席でした。(ハムフェア出展報告にて報告)

議事はハムフェア2008の総括として,開催報告が事務局からなされました。各コーナーを担当いただいた関東地方本部内の都道府県各支部のご尽力に感謝します。続いて,2009ハムフェアの開催について,キャッチフレーズの選定,催事内容の確認,役割分担,自作品コンテストのテーマ選定,絵画コンクールのテーマ選定などを行いました。JARLニュース2008冬号にて,開催要項等が掲載されることになります。

最後に2008ハムフェアの会計報告並びに2009年度の収支予算が提示されました。2008年度は昨年決定した当初予算より若干の追加支出となりました。2009年度については当初予算で収まるように努力したいとの説明がありました。ハムフェアについては,例年JARLから高額の分担支出を行っており,JARL最大のイベントではありますがJARL財政が逼迫状況下での開催であり更なる経費削減をお願いした次第です。

次回の委員会は,1月末に開催されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

JG1KTCの支部長連絡会 出席つぶや記

平成20年度支部長連絡会

28日の日曜日,東京お茶の水のホテル聚楽において、午前9時30分から午後2時過ぎまで全国から46名の支部長,理事全員,事務局幹部職員らが出席して平成20年度支部長連絡会が開催されました.詳細は,JARLWebまたは所属する支部の支部長さんより報告がなされると思います.

支部長連絡会に出席したJG1KTCのつぶや記です.(誤字・脱字などありましたらお許しください。転送・転載は固くお断りします)

遠路,前泊しての出席の方も多く,前日夜には2エリアの支部長さんが幹事となり支部長さん有志の情報交換,懇談会が開催されたようです.偶然にも,その二次会に飛び入り参加させていただき懇親を深めることが出来ました.多謝!

200809281 私にとっては,初めての支部長連絡会に出席しました.ご出席の支部長さんは画像のとおりです.(敬称略,1名ご不幸があり欠席となりました)画像の座長席側に理事・JARL幹部職員が3列で並び支部長さんと向かい合うかたちで着席します.私は,理事者側の最前列,議事進行を務める副会長の隣,神奈川県支部長のちょうど真正面に着席しました.出席表とお顔を拝見して,いつも交信させていただいている方,初めてお目にかかる方,久しぶりの再会など皆さんの元気なお顔を拝見することが出来ました.

開会の挨拶,自己紹介と続き,議事に入り,新人の育成としてJARDより養成講習会の現況と開催要請がありました.講習会合格者の3割はJARLに入会しているとの報告もありましたが,支部長さんから質問にもありましたが,講習会受講者全員にJARLへの入会を促していただけるよう切望する次第です.

続いて,公益法人制度改革について進捗状況の報告がなされました.釧路総会には定款改正など上程しない旨の丁寧な報告がなされました.

質疑応答では,先に報告のとおりQSL転送の迅速化,公益法人制度改革についてたいへん熱心な質問がありました.

ときどき,地域の温度差をちょっと感じた支部長連絡会でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

JG1KTCの理事会に出席つぶや記 その②

公益法人改革

9月27~28日開催の理事会、支部長連絡会に出席したJG1KTCのつぶや記です.(誤字・脱字などありましたらお許しください.転送・転載は固くお断りします)詳細は, JARLWEBにて報告されていますのでそちらをご覧下さい。

QSLカード転送については先にご報告させていただきましたとおりです.

この公益法人改革は,すべての社団や財団など(全国で25000とも言われています)のすべての法人が今年の12月1日には特例民法法人となり,平成25年11月30日までの間に,認定を受けて公益法人,受けずに一般社団法人,NPO法人,解散などを選択せねばなりません.

JARLは,会員の皆さんやアマチュア無線愛好者を代表する団体として公益法人として活動することは不可欠でありその必要性は言うまでもありません.

公益法人改革については,これまで8回の公益法人改革実務委員会を開催して検討してまいりました.私は,今年度から6月と8月の委員会に出席し長時間熱い討議・検討をいたしました.

来年の釧路総会で,定款改正等を上程して会員の皆さんに諮り,認定申請に臨む予定で進めてまいりましたが,27日に開催しました理事会で,ガイドラインが未発表など不確定要素が多いこと,社員制度(会員の今後の取り扱いなど)について再検討が必要と判断し理事の総意として,釧路総会では諮らず今後理事会並びに公益法人改革実務委員会で検討・協議を進めたのちに総会に上程し諮ることとなりました.公益法人認定申請はできるだけ早期に申請するに変更はありません.

●支部長連絡会に提示した「不確定要素」 
  外的要素
    ①認定申請書の審査の際に適用されるガイドラインが未だに未確定。
    ②公益性の50%の確認。
    ③申請に必要な財務諸表。
  内的要素
    ①定款・規則・規定等の見直しに時間を要している。

    ②社員の選出方法の再検討。

私にとっては,まだ2度目の理事会でした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »