« 明日・明後日はJARL理事会&支部長連絡会 | トップページ | JG1KTCの理事会に出席つぶや記 その② »

2008年9月30日 (火)

JG1KTCの理事会に出席つぶや記 その①

QSLカード転送遅配

2008092827日から28に開催されたJARL第505回理事会並びに支部長連絡会に出席しました。JARLのWEBにて詳細が報告されますのでそちらをご覧下さい。また、支部長連絡会の様子は、支部のWeb等でも報告されることと思いますので所属されている支部のWebや会報をご覧下さい。(画像は支部長連絡会、討議に臨む支部長各位)

理事会、支部長連絡会に出席したJG1KTCのつぶや記です。(誤字・脱字などありましたらお許しください。転送・転載は固くお断りします) 27日の理事会には理事全員が出席し開催されました。先の選挙で当選された4エリア糠沢地方本部長も元気に出席されていました。専務理事から電波法の改正(当ブログでも報告済み)、選挙管理会の開催、委員会の開催、経理状況、会員数の推移、2008アマチュア無線フェスティバル報告、第14回ARDF世界選手権大会結果(当ブログでも報告済み)、特別記念局の収支報告などが行われました。なお、会員数の動向については先にご報告したとおりです。

さらに、多くの会員の皆さんがたいへん心配しているQSLカードの遅配解消について、理事の視察を検討していた矢先、専務理事からQSLビューローを訪問(視察とは言えず)しQSLカードの転送状況を確認してきた旨が報告されました。

現在は滞留解消に向けて鋭意努力をしている。遅配の要因として、郵政民営化による業務負担増、作業人員の確保困難などを挙げていましたが11月を期限に改善を図り転送期間3カ月を実現すると報告がありました。訪問した際には、25名が作業をしており保管状況も良いとの異例の発言がありました。

しかし、昨今の汚染米事件など、事前通告後の訪問で真の実態が把握できたのか疑問であり、QSLカードの遅配・誤配は今に始まったことでないことや、あと1~2ヶ月で多量の滞留カードの処理が実現可能なのか甚だ疑問、さらに10月までに解消と報告しながら既に遅れていることなど、多くの疑問があります。

アマチュア無線活性化、会員確保にも大きく関係するQSLカードの転送、6月の理事会(当方の出席つぶやきで報告)で私も強く訴え理事の総意として、ビューローへ厳重注意、遅配の一刻も早い遅延解消を要望、さらには理事による視察を要望した次第です。それを受けて、10月末には遅配が解消されると専務理事から報告がありましたが、その約束を反故にするものであり、先に述べたとおり多くの疑問もあり改善・実態調査についてさらに強く要望した次第です。理事による監査を行い現状を会員の皆さんに報告、情報公開するとともに、遅配原因を究明しビューローと共に改善・改革を進めることが会員の皆さん並びにJARLにとっての最善策ではないかと強く訴えました。支部長連絡会においてもQSL転送に関しての熱心な質問がありました。

さて、QSLカードの転送期間3カ月となれば、9月初旬にエクスパック2パックで発送した8月交信分の私のQSLカードも、12月末には関東 ・ 関西 ・ 中国地方の方々に転送されるはずです。会員の皆さんもぜひ注視してください。転送期間を必ず短縮させましょう。

公益法人改革については、当初、来年開催の釧路総会に上程する予定で進めてまいりましたが、理事会にて協議の結果、上程を見送りさらに検討を進めるという結論に達しました。

時間の関係で、後ほどあらためてつぶや記たいと考えます。

|

« 明日・明後日はJARL理事会&支部長連絡会 | トップページ | JG1KTCの理事会に出席つぶや記 その② »

JG1KTCのJARL活動報告」カテゴリの記事

コメント

間違って書いたQSLカードが1枚も一向に帰ってきませんが、どこかに保管されているのでしょうか。それとも捨てられているのでしょうか。
非会員宛のものが加入勧誘のために貯められているのかも分かりませんが、一定期間後のものは返却して欲しいものですね。
改善できるのであれば、よろしくお願いします。

投稿: ja2tth | 2008年10月 2日 (木) 07時59分

間違ったコールで送ってしまった迷子QSLカードが一向に戻ってきません。非会員宛のものは加入勧誘のためにプールされているようにも聞きましたが、一定期間経過後は破棄処分されているのでしょうか。是非戻して欲しいと思いますが、視察が実現したら、この点もよろしくお願いします。
なお、DXに比べてJARL BU-ROは大変優秀だと感じています。2ケ月毎なので遅いと感じるのでしょうね。

投稿: ja2tth | 2008年10月 2日 (木) 17時51分

ブログをご覧いただきありがとうございます.
QSLカードの件は,下記の取り扱い規定に沿って運用されているようです.
http://www.jarl.or.jp/Japanese/5_Nyukai/tensokitei.pdf

非会員宛に送られたQSLカードは3カ月保管後に廃棄と記載されています.
非会員宛のQSLカードを勧誘のためにストックして会員を勧誘するほどの活力がJARLにあれば喜ばしいところですが・・・.おこなっていません.
総会でも質問したことがありますが,会費切れで非会員となった局で,ある一定数以上のQSLカードが届いた局に入会を促したことはあるようですが.
返却してもらえるといいですね.転送も遅配がずっと続くなどQSLビューローの運営を根本的に見直さないと改善されないようにも感じています.
まずは,何とか正常化させたく尽力します.

投稿: jg1ktc高尾義則 | 2008年10月 3日 (金) 11時19分

間違って書かれたというのは,コールサインでしょうか? 間違ったコールサインが非会員だとすれば取り扱い規定のとおりの扱い,廃棄されていると考えます.
諸外国の取り扱い方法がわかりませんが,JARLは高額を支出して業務委託をおこなっています.契約の詳細は明らかではありませんが,2~4ヶ月以内転送は最低条件と考えます.現在は転送期間は倍の6~8ヶ月も要しています.これはちょっと遅すぎですね.なかなか改善しません.
正常化に向けて尽力します.

以前は翌月転送でしたから,なお更に遅いと感じるのかもしれませんが・・・

投稿: jg1ktc高尾義則 | 2008年10月 3日 (金) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509675/42642334

この記事へのトラックバック一覧です: JG1KTCの理事会に出席つぶや記 その①:

« 明日・明後日はJARL理事会&支部長連絡会 | トップページ | JG1KTCの理事会に出席つぶや記 その② »