« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

JG1KTCの理事会に出席つぶや記 その①

QSLカード転送遅配

2008092827日から28に開催されたJARL第505回理事会並びに支部長連絡会に出席しました。JARLのWEBにて詳細が報告されますのでそちらをご覧下さい。また、支部長連絡会の様子は、支部のWeb等でも報告されることと思いますので所属されている支部のWebや会報をご覧下さい。(画像は支部長連絡会、討議に臨む支部長各位)

理事会、支部長連絡会に出席したJG1KTCのつぶや記です。(誤字・脱字などありましたらお許しください。転送・転載は固くお断りします) 27日の理事会には理事全員が出席し開催されました。先の選挙で当選された4エリア糠沢地方本部長も元気に出席されていました。専務理事から電波法の改正(当ブログでも報告済み)、選挙管理会の開催、委員会の開催、経理状況、会員数の推移、2008アマチュア無線フェスティバル報告、第14回ARDF世界選手権大会結果(当ブログでも報告済み)、特別記念局の収支報告などが行われました。なお、会員数の動向については先にご報告したとおりです。

さらに、多くの会員の皆さんがたいへん心配しているQSLカードの遅配解消について、理事の視察を検討していた矢先、専務理事からQSLビューローを訪問(視察とは言えず)しQSLカードの転送状況を確認してきた旨が報告されました。

現在は滞留解消に向けて鋭意努力をしている。遅配の要因として、郵政民営化による業務負担増、作業人員の確保困難などを挙げていましたが11月を期限に改善を図り転送期間3カ月を実現すると報告がありました。訪問した際には、25名が作業をしており保管状況も良いとの異例の発言がありました。

しかし、昨今の汚染米事件など、事前通告後の訪問で真の実態が把握できたのか疑問であり、QSLカードの遅配・誤配は今に始まったことでないことや、あと1~2ヶ月で多量の滞留カードの処理が実現可能なのか甚だ疑問、さらに10月までに解消と報告しながら既に遅れていることなど、多くの疑問があります。

アマチュア無線活性化、会員確保にも大きく関係するQSLカードの転送、6月の理事会(当方の出席つぶやきで報告)で私も強く訴え理事の総意として、ビューローへ厳重注意、遅配の一刻も早い遅延解消を要望、さらには理事による視察を要望した次第です。それを受けて、10月末には遅配が解消されると専務理事から報告がありましたが、その約束を反故にするものであり、先に述べたとおり多くの疑問もあり改善・実態調査についてさらに強く要望した次第です。理事による監査を行い現状を会員の皆さんに報告、情報公開するとともに、遅配原因を究明しビューローと共に改善・改革を進めることが会員の皆さん並びにJARLにとっての最善策ではないかと強く訴えました。支部長連絡会においてもQSL転送に関しての熱心な質問がありました。

さて、QSLカードの転送期間3カ月となれば、9月初旬にエクスパック2パックで発送した8月交信分の私のQSLカードも、12月末には関東 ・ 関西 ・ 中国地方の方々に転送されるはずです。会員の皆さんもぜひ注視してください。転送期間を必ず短縮させましょう。

公益法人改革については、当初、来年開催の釧路総会に上程する予定で進めてまいりましたが、理事会にて協議の結果、上程を見送りさらに検討を進めるという結論に達しました。

時間の関係で、後ほどあらためてつぶや記たいと考えます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

明日・明後日はJARL理事会&支部長連絡会

今週末も働かせていただきます

明日27日の土曜日、東京お茶の水のホテル聚楽において、午後2時から午後9時までと、28日の日曜日、午前9時30分から午後2時まで平成20年度支部長連絡会を挟んで、午後2時~午後3時まで日本アマチュア無線連盟第505回理事会が開催されます。

理事会では、JARLの今年度の業務進捗状況が報告されるほか、公益法人改革についてJARLの公益法人改革への今後の取り組みについて方向性やスケジュールについて討議を交わすことになります。

JARL会員数ですが、配布された資料によると9月現在 75,296名で、残念ながら昨年同月対比 2,100名の減(内正員は 1,753名減)となっており、会員減少はなだらかながらも止まるところ知らずと言ったところです。

日曜日開催の支部長連絡会は、早朝の午前9時30分開会と前泊して出席の支部長も多いことと思います。支部長のほかに理事が出席し、業務報告のほかJARDから養成講習会の開催についてや、公益法人改革のJARLの公益法人改革への今後の取り組み・対応についてなどが報告されます。さらに支部事業の活性化について意見交換がなされる予定です。

JG1KTCは、在京なるも理事会で将来を見つめた建設的な討議を切望し審議延長も視野に入れて、27日の夜はホテルを予約して両日の理事会並びに支部長連絡会の議事に臨みます。(宿泊費は自己負担ですのでご安心ください) 

討議の詳細などについては、出席後にご報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

JR1CHU金重OM 第二位銀メダル!

IARU第14回ARDF世界選手権大会開催

Ardfworld_2008 9月2日~7日まで、お隣の韓国でIARU第14回ARDF世界選手権大会(14th World ARDF Championship)が、世界31ヶ国から500名を超える選手らが参加して盛大に開催されました。JARLからは、参加9部門、総勢約40名の選手団が参加しました。例年、世界大会ではヨーロッパ勢が上位を独占するなかJAから参加のJR1CHU金重好美OMが、強豪を退けて第二位入賞、銀メダルを獲得されました。心よりお祝いを申し上げます。OMおめでとうございます。

2007pdjr1chu例年開催する「アウト・ ドア」主催の移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」にもご参加いただき画像のようなスタイルでアクティブにアマチュア無線を楽しまれています。大会の様子が金重OMのブログでも紹介されていますのでぜひご高覧下さい。

JARLWebやCQ誌での詳細報告が待ち遠しいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

CQ ham radio 誌 10月号発売!

災害発生時のハムの姿を考えよう!

Cq200810CQ誌10月号が発売になりました。今月の「アウト・ドア」誌面は、移動運用で楽しむアワードハントについて紹介しています。苦節?年、なかなか完成しなかったアワードも移動運用なら・・・そんな魅力も紹介しています。そして、熱く燃えたハムフェア2008アウト・ドアブースの出展報告を掲載していますのでご高覧いただければ幸甚に存じます。

今月の特集は、そのときハムはどうする? と題して、大規模災害とアマチュア無線について、まだ記憶に新しい6月に発生した岩手・宮城内陸地震で活躍したアマチュア無線をインタビュー形式で紹介しています。私も8月に震源(震央)地から近い岩手県一関市厳美町天王地区を訪れ甚大な被害状況を当ブログでご報告しました。現在も、栗駒山(須川岳)方面へ向かう道路は秋田県側からしか開通しておりません。移動運用ポイントでもあった宮城県栗原市の「いわかがみ平」は現在もなお道路が寸断され交通が確保されていないと言う状況が続いています。未だ復旧のめどが立たない状況も多々、その被害の大きさに驚きを隠せません。心よりお見舞い申し上げます。誌面では、災害発生時のアマチュア局の社会貢献などあり方、実際に活動されているクラブなどを紹介しています。皆さん、災害発生時の対応を真剣に考えてみませんか。

カラーページで、ハムフェアの様子(アウト・ドアブースの様子はこちらこちらをご覧下さい)も掲載されていますので、ぜひご高覧下さい。

JG1KTCの運営するアウト・ドアのWebサイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

アマチュア無線局の電波利用料が大幅減額!

電波利用料が年間500円から300円に!

平成20年5月23日に成立した電波利用制度の見直しなど電波法の一部を改正する法律(平成20年法律第50号.施行:一部を除き公布の日から九月を超えない範囲内において政令で定める日)が10月1日に施行されます。この改正では、使途の見直し、料額の見直し、納付委託制度の整備が図られています。アマチュア局においても、電波利用料が年額500円から300円に大幅減額されるとともに、銀行や郵便局などの金融機関のみならずコンビニエンスストアでの納付(納付は平成21年4月1日から)が可能となりました。

JARLでも予てより電波利用料の適正算出などについて要望を行ってきた経緯もあり、早期実現に歓迎、活性化の一助になることを期待せずにはいられません。

また、これらの制度を3年毎に見直すことも付記されており、適正使用へ今後変更となることもありえると言えます。

電波法の一部を改正する法律(平成20年法律第50号)
(成立日): 平成20年5月23日
(施行日): 一部を除き、公布の日から九月を超えない範囲内において政令で定める日

概要(PDF)
条文・理由(PDF)
新旧対照条文(PDF)

(所管課室名) 総合通信基盤局電波部電波政策課

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

ご案内 第19回「アウト・ドア」ハムの集い

パイルアップに感激!移動運用を楽しもう!

2 今年も「アウト・ドア」ハムの集いを,1018()19()に,移動のメッカ絶好の移動ポイントとして有名な埼玉県比企郡ときがわ町堂平山(標高876m)山頂の銀色ドーム「堂平天文台」星と緑の創造センターで開催します.移動運用の情報交換,ノウハウなどアマチュア無線の楽しみ方など講演の準備も進めております.今年も天文台内に無線運用コーナーを設けて会場からの移動運用も体験できます.その電波の飛びにはびっくりするに違いありません.さらにも天文台の名のとおり今年も望遠鏡による天体観測も計画しております.皆さんのご参加をお待ちしております.なお,昨年の楽しい様子はこちらで報告していますのでご覧ください.

日 時:平成201018日(土)~19日(日)

    午後6時集合

場 所:埼玉県比企郡ときがわ町大字大野1853

    「堂平天文台」星と緑の創造センター

参加費:8,000円1泊2食付(飲み物・賞品付)

定 員:30

催 事:特別講演・ゲーム・抽選会・無線運用・小ミーテング等

オプション:望遠鏡で天体観測

申込み:こちらをご覧いただきお申し込みください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

JARL理事(中国地方本部)欠員補充選挙   混戦を制したのは壇上から訴えたJA4FRV糠沢さん

高知総会壇上から厳しく訴えた糠沢さんが当選!

JH4RUM 加藤  宏之 氏  361票
JH4HRW 京泉  盛勇 氏  387票
JA4BVC  藤谷  光信 氏  322票
JA4FRV  糠澤  富子 氏  399票 当選
JF4OVU 宇根山竜二 氏   390票

5名が立候補し激戦・混戦模様のJARL理事(中国地方本部区域選出)の欠員補充選挙の開票が巣鴨のJARL会議室で行われ,その結果が選挙管理会から発表されました。その開票結果を見ると,すべての候補者が300票を上回る得票を得ると言う大混戦でした。さらに,当選者と次点が9票差,さらに3票差で次次点が続くと言った激戦・混戦模様です。これまで無風状態の中国地方ですが,この混戦は,混乱・混迷といった4エリアを物語っているとも言えるのでしょうか。若手として彗星のごとく登場したJH4RUM 加藤さんは大健闘なるも残念ながら願い叶わずとなりました。当選は,高知総会で壇上から厳しく訴えたJA4FRV糠沢さんです。これまで評議員の補欠選挙に立候補されましたが惜しくも落選,今回は混戦の中を一歩抜け出し見事に当選されました。当選おめでとうございます。前に本部長が任期半ばで辞任したことのもある中国地方,中国地方本部の再建・健全運営が最重要とも言えるのではないでしょうか。本部長としての手腕,理事としての活躍を祈念します。これによりQSLビューローの運営情報公開に一歩近づいたと言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

第49回 ALL ASIAN DXコンテスト

明日の朝まで ALL ASIAN DX コンテスト 開催中!

皆さん,休日をいかがお過ごしですか.仕事をされている方もいらっしゃることと思います.土曜日から月曜の朝まで,ALL ASIAN DX コンテスト が開催されています.コンテストには参加していないという方も,時間が取れるようであればバンドをワッチしてみませんか.DX局との交信,カード交換が手軽に楽しめます.珍局ゲットも夢ではありません.規約をご高覧のうえ,ぜひ参加しませんか.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

防災の日に考える

9月1日、今日は防災の日です。

岩手宮城内陸地震では、アマチュア無線による緊急最新情報の伝達がなされ、被害状況の把握や被災者の救助がスムーズに行われたことは記憶に新しいことと思います。その後、災害時の通信網の確保・情報収集などが大きく取り上げられるようになりました。先日、日本放送協会のテレビ番組でも、アマチュア無線が取り上げられていました。アマチュア無線が非常災害時には通信手段の一つ、いや最も活用できる通信手段として大きな役割を担うことになるのではないでしょうか。皆さん、今日は防災の日、アマチュア無線を見直してみませんか。

20080831tokyodoom2_2  さて、昨日はアマチュア無線でたいへんお世話になっているOMに誘われて東京ドームへ都市対抗野球の応援に行ってきました。1階スタンドは超満員、社歌の斉唱、社員になった気分、いや社員の方々以上にしっかりと応援しました。(社歌、我社では校歌と言いますが覚えていますよ。もちろん歌えますよ!) 試合結果は残念ながら21三振を喫す惨敗でした。

20080831tokyodoom3しかし、相手チーム共に社員一同一致団結応援する姿に感銘した次第です。相手チームは、群馬・栃木からアマチュア無線活動にもアクティブな自動車メーカーでした。

その後は、職域クラブ代表者のOMらと一緒に秋葉原へ移動し一次会二次会と、アマチュア無線談義に花を咲かせました。JARLの将来、終身会員、公益法人、ハムフェア、デイトンハムペンション、コンテスト、移動運用など時間を忘れて熱く熱く語り合いました。全市全郡コンテストでの再会を約してOMは最終の新幹線で名古屋へ戻られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »