« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

JG1KTCの理事会出席つぶや記

504rijikai_200806291_3 6月28~29日開催のJARL第504回理事会に出席しました。東京は、梅雨の真っ只中じめじめした天候、巣鴨の事務局に到着したときにはびっしょりひと汗をかいてしまいました。事務局に五時半過ぎに到着、会議室へと向かいます。会議室には、JARL事務局長以下幹部職員や既に到着された理事者が、挨拶、追加資料の確認そして予習?・・・(画像は理事会資料)。全国区選出理事、北は北海道、南は九州、各エリア選出理事者計16名、監事2名が全員出席して午後6時に理事会が開会しました。私にとっては2度目、審議を行うと言う点では最初の理事会、ご支援いただきました皆さんを代表して臨みました。会長が議長として午後9時まで、業務報告・審議がなされました。
午後9時から、別会場にて自由参加でミーティング。その後、場所を移してさらにミーティング、夜半過ぎにホテルに向かいました。
2日目は強い雨の降るあいにくの天候、午前9時過ぎから審議再開、これから2年間の会員のための運営・施策に活発な議論を交わしました。
正式な理事会報告・審議等の詳細は、JARLWebの会員専用ページにて報告されますのでご高覧下さい。様子を簡単に「JG1KTCの理事会出席つぶや記」にて紹介します。
業務報告として、選挙関係異議申し立て(詳細はJARLニュース夏号参照)、JARLガイダンス局の運用、国際非常通信訓練参加について、各委員会開催について、経理状況や会員数(正員・准員等の合計75,572名、前月比186名減)などの報告がありました。
議案・議題として、助成審査会委員並びに表彰審査会の選任参与の任命、各種委員会の設置について、審議いたしました。表彰のあり方、参与の業務内容、委員会の活動・諮問内容などついて討議、公益法人改革についても審議を重ねました。
私JG1KTCは、JARLの将来を大きく左右する公益法人改革、その実務委員会委員並びにアマチュア無線フェスティバル実行委員会委員として審議に参加させていただくこととなりました。鋭意、尽力してまいります。
さらに50回通常総会で出された要望等の審議をおこないました。
多くの会員の皆さんが心配しているQSLカードの転送、私の調べたところ転送に6~7ヶ月を要し、現在はさらにQSLカード転送遅延が発生していることから、JARLとして委託先である転送会社へ厳重注意、QSLカード転送期間の短縮、業務改善を指導を実施いたします。今後さらに、業務改善状況の視察を実施する予定です。
私も、会員の皆さんのためのJARLとして、転送会社にQSLカード転送迅速化、閉鎖的運営からの脱皮、会員の皆さんに信頼される対応、業務・サービス向上を強く訴えました。
さらに、ハムフェア2008の対応、Dスターやワイヤーズなどインターネット回線等を活用した通信の指針構築など、多くの議案を審議しました。なお、ハムフェア2008では、理事者が交代で「ハムなんでも相談デスク」を担当いたしますので来訪ください。
20080628_2また、岩手・宮城内陸地震でアマチュア無線が活躍したことは報道各紙で紹介されていますが、アマチュア無線など無線が通信手段して重要性が再認識されている旨が新聞紙面を基に、山之内理事より紹介がありました。たいへん失礼とは思いますが、皆さんに知っていただきたく画像にて紹介させていただきました。

今週末は6mANDdownコンテストです。そして7月10日にハムフェア2008説明会、7月中旬に公益法人改革実務委員会、21日には東京都登録クラブ代表者会議と、もちろん出席いたします。その翌週は移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」、忙しい日々が続きます。

以上、「つぶや記」でした。正式な理事会報告・審議の詳細は、JARLWebの会員専用ページにて報告されますのでご高覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

今日明日はJARL理事会

20080628rijikai_3 本日の夕刻から明日の夕刻近くまで東京巣鴨のJARL事務局にて第504回理事会が開催されます。総会会場で開催された第503回理事会では、会長・副会長選任が主でほとんど審議事項はありませんでしたが、504回はこれから2年間の運営など重要な審議事項が多数あります。本日の審議は午後9時までとなっていますが、審議延長や協議事項、さらに明日の審議が午前9時開始とのこともあり巣鴨のホテルを確保しましたので安心です。時間を気にすることなく臨めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

ベストカップル賞

2007pdja5uimjj5dkf1_2 CQ ham radio 誌7月号「移動運用セミナー」誌面にて、第26回ペディション・デーの特別賞受賞局の一部の皆さんを発表・紹介しました。ベストカップル賞を受賞されたJA5UIM徳島市の藤原さんより「夜中CQ誌を見ていてソファーから落っこちそうになりました」と、喜びのメッセージをいただきました。ベストカップル賞に相応しい移動運用、そして楽しい雰囲気が伝わる最高のスナップを皆さんにもぜひご覧いただきたく紹介します。皆さん納得の微笑ましい(うらやましい)スナップ、皆さんもぜひファミリー、カップルで移動運用を楽しんでください。さらに、7月の26~27日に開催されるペディション・デーにも参加しますとのコメントも添えられていました。詳細は、CQ ham radio 誌8月号特別誌面並びにアウト・ドアのWebサイトでご案内します。移動運用未経験の方もこの機会にぜひ、皆さんのご参加をお待ちしております。

多くの人に楽しんでいただきたいと7つの特別賞を制定しています。
★アウト・ドア賞…究極のアウト・ドアマンに贈呈
★最多交信賞…最も多くの局と交信した人に贈呈
(報告の際に,ログの写しを同封)
★ベストグループ賞…楽しい企画で参加したグループに贈呈
★ベストファミリー賞…楽しい企画で参加した家族に贈呈
★ベストカップル賞…楽しい企画で参加したカップルに贈呈
★ベストスナップ賞…素敵なスナップ写真を撮影した人に贈呈
★立派で賞…頑張った人にその努力を讃えて贈呈
各賞の受賞者には,栄誉をたたえ賞状と『アウト・ドア』特製ポロシャツ(立派で賞除く)を贈呈します.さらにアウト・ドア賞受賞者には,クリスタル楯も贈られます.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

よさこい高知総会記録Movie紹介!

JARL通常総会記録Movie紹介
よさこい高知総会の実行委員会の皆さんの活動が,JA5KM廣江OMによりMovieに収録されWebサイトで紹介されています.Movieには実行委員会の皆さんの総会に向けての精力的な準備活動の様子,記念局'8J50JARLの運用の様子などが約10分間の記録映像としてまとめられています.さらに総会の前夜祭の様子が,挨拶・ご祝辞が約10分間,マジックショー・よさこいなるこ踊り・ミニコンサートなどアトラクションが3部構成でそれぞれ約10分間にまとめられ紹介されています.出席していた私もビックリのとても貴重な映像?も多数含まれています.お時間のある方はぜひご高覧いただければと思います.画像に皆さんのお知り合いのOM・YLの姿も納められていませんか.
また,21日には総会実行委員会のスタッフ方々の反省会並びに慰労会が開催されたとのことです.実行委員会の皆様たいへんお疲れ様でした.大成功をお祝い申し上げます.
情報をお送りいただいたJA5OEJ戸田OMに多謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

ALL ASIAN DXコンテスト開催中!

第49回のALL ASIAN DX コンテスト電信部門が本日9時から23日月曜日の午前9時まで48時間ロングランで開催されています.(電話部門は9月6日(土)9時から8日(月)9時まで) 皆さん,バンド内を覘いてみませんか. 珍局ゲットも夢ではありません.

以前,JARLコンテスト委員,コンテスト審査分科会委員として,このコンテストはじめJARL主催コンテストのログ審査をさせていただいたことを思い出しました.現在の審査方法など詳細は把握しておりませんが,「正直者がバカをみない損をしない」が私のモットーです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

「アウト・ドア賞」継続15年賞発行!

移動運用を楽しむ人達の勲章! 申請料無料のアワード

Outdoor15001_7k2odm アマチュア無線を継続して楽しむ皆さんや移動運用を楽しんでいる皆さんの更なる励みになるようにと『アウト・ドア賞』を制定しています.
この賞は,1年間を通して移動運用を楽しんだ方に贈られるものです.規約はいたって簡単,毎月1回以上の移動運用を行い合計50局(1ヵ月の延べ交信局数でOK)以上と交信すること,そして移動運用を1年以上継続して楽しめば1年賞を受賞できます.この賞は一年単位で発行しています.申請書類も,わざわざログシートを作成する必要はなく交信時に記入したログの写し,交信記録のプリントアウトで申請が可能です.ぜひ皆さんも移動運用を楽しんでいただき,申請いただけるのをお待ちしております.愛好者の皆さんの栄誉を讃えて申請料は無料としております.詳細はこちらをご覧ください.

この賞を平成5年5月に制定し今年で16年目,15年間継続して移動運用を楽しんでいただいた愛好者5名に15年賞を授与しました.さらに多くの皆さんに,それぞれ継続年賞を授与しました.皆さんおめでとうございます.これからも大いに移動運用・アマチュア無線を継続して楽しんでください.

アウト・ドア賞 15年賞(第1号)7K2ODM 原   譽 行 殿
アウト・ドア賞 15年賞(第2号)JO2KVB  大石 秀人 殿
アウト・ドア賞 15年賞(第3号)JE3CSO  中田 勝明 殿
アウト・ドア賞 15年賞(第4号)7K1XFB   内藤 知行 殿
アウト・ドア賞 15年賞(第5号)JE0AZQ   佐 藤   彰 殿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

CQ誌7月号発売.第26回ペディション・デー特別賞受賞局発表!

CQ誌7月号が発売になりました.

Cq200807私の担当させていただいている「移動運用セミナー」誌面では,第26回ペディション・デー特別賞受賞局を発表,紹介しています.その素晴らしい数々の移動運用のパフォーマンスをぜひご高覧ください.今年は,7月の26~27日に開催します.詳細はCQ誌8月号並びにアウト・ドアのWebサイトにてご案内します.皆さんのご参加をお待ちしております.

また,5月11日に栃木県真岡市で開講しました移動運用セミナーを,各地からのイベントレポートカラー誌面で1ページを使用して紹介していますのでご高覧ください.ただ,目次に掲載がないのが残念です.掲載誌面はP168です.

そして特集はアンテナ製作入門,JA1UKF田口さんら移動運用にアクティブな方々の力作を大きく誌面を割いて紹介しています.自作のアンテナで移動運用なんて最高ですね.ぜひチャレンジしてみてませんか.さらに,移動運用セミナーにもご参加いただいたJH8HAV伊藤さんのユーザーレポート,なぜか白く輝く愛車が目をひきます.

新物好きの私は,IC-7700とIC-7800のレポートも注意深く拝読しました.それ以上に興味をひたいたのがアイコム社の広告,最新のIF DSPを搭載し上級機に迫る性能を実現したHF+50MHzトランシーバーIC-7200の発表・発売,とても興味津々です.

IC-7200のリンクが削除されたようです。詳細が掲載されていたのに残念。プレス発表はこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

伊豆半島滝知山から移動運用

Jcc1805atami20080615ちょっと読んでやってください! 

週末は梅雨の晴れ間、15日はJE1FVX田島OMと一緒に伊豆半島、伊豆スカイライン滝知山園地(標高約680m)から7/50MHzにQRV、さわやかな新緑の中でのんびりと移動運用を楽しみました。休日には珍しくちょっと早起き(年寄は目が覚めて寝てられない?)して午前7時半過ぎに自宅を出発。東名高速・小田原厚木道路・箱根新道・伊豆スカイラインの有料道路を経由して滝知山へ。

途中、東名高速では、いつの間にか私の後ろに白バイがピタリ。赤色灯も点滅しているではないですか。おっと、誤解しないで下さい。時速100Kmで安全運転中なのになぜ?なぜ?と思いつつしばらくそのまま走行、どうも別件で私を抜きたかったようで車列が切れたところで車線を譲ると、会釈してあっという間に見えなくなってしまいました。その加速にビツクリ、時速2??Kmは出てる?すごく「速かった」です! でもなぜか、さらに安全運転を心がけるようになりました。

Jcc1805atami200806153_4余談はさておき、途中、ランチの食材を購入して、9時半過ぎに現地に到着。普段なら、まずはアンテナ設営ですが、おっと順番が逆、今回はまずランチの準備。テーブルを組み立てテーブルクロスを、食材の下ごしらえ・・・ランチに「力」を注ぎました。下ごしらえが終わったところで田島OMが到着。それぞれ画像のようにアンテナを設営し10時半過ぎから2時間ちょっとQRV。私は7MHzにQRV、6エリアを除く9のエリアの方々合計78局 とQSOを楽しみました。7エリア宮城県栗駒山いわかがみ平(標高1123m)で開講した移動運用セミナーに参加いただいたJL7N YX石塚さんから、道路寸断など地震被害のインフォメーションもいただきました。1時半を過ぎおなかもペコペコ、ランチタイムに突入、画像のような豪華?(山の上では)なランチ、メインはひとくちステーキ、さらにチャーハン、サラダにデザート、自然の中で食べると一段と美味、最後はコーヒーマスターの田島OMの挽き立てホットコーヒー、その美味しさに「おかわり」までしました。午後3時半頃までのんびりと過ごしアンテナ撤収、交通渋滞が始まる前に帰路に。幸い大きな渋滞もなく、午後6時前に自宅に無事帰着、家族で夕食にも間に合いました。

JG1KTCの運営するアウト・ドアのWebサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

地震お見舞い申し上げます

岩手・宮城内陸地震,被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます.一刻も早い救出,一刻も早い復旧を心より祈ります.

同居するJA1MCKの実家は一関市巌美町.震源地にも近く,寸断された国道342号線に面し近くには崩壊した橋,裏には磐井川支流が流れています.幸いにも被害は,テレビが落ちた,門が動いた,蔵の壁が落ちた程度,みんな無事とのことです.しかし,墓地の墓石は倒壊,全滅とのことでした.やっと停電も復旧したが,まだ余震が続いているようです.不安とのことでした.

2005fdjg1ktc過去にこの実家をベースに,須川岳(栗駒山)をはじめ岩手県内各地から山岳移動サービスを行ったこともありました.私も毎年,ベースキャンプとして岩手県・宮城県から移動運用を楽しませてもらっています.画像は,この地震で孤立した宮城県栗駒市のいわかがみ平,駐車場の一角をお借りしてフィルドデーコンテストにマルチバンドで参加したときのも のです.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

会員のための公益法人に

高知総会でも公益法人への移行に不安を抱く会員が多かった。この公益法人改革について、4月には内閣府公益認定等委員会からそのガイドラインが発表されている。我々アマチュア無線家唯一の代表団体と言える日本アマチュア無線連盟(JARL)が、「民法第34条に基づいて営利を目的とせず公益のために設立される公益法人」として認定され活動できることは、アマチュア無線家の代表団体としての信頼も高まり地位も保全され活動の幅も広がり会員にとってはもちろん有益となることは歴然、これに異を唱える会員はいないと考える。しかし、「公益法人の実態が見えない。会員に有益なのだろうか。会員サービスは担保されるのか。」と言った意見が噴出していることも否定できない。これは、日本アマチュア無線連盟の将来、今後の姿を真剣に案ずる会員の素直な気持ちの表れと言えよう。このように、真剣に考えていただける会員が多いことは、日本アマチュア無線連盟にとってたいへん有益であり喜ばしいことである。これまで審議してきたJARL公益法人改革実務委員会においても発表されたガイドラインを深く読み取り精査するとともに、公益法人への移行が日本アマチュア無線連盟会員にとって最も有益な選択であるかを広い視野で判断し、将来に存続できる日本アマチュア無線連盟の姿を構築することが必須と考える。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

昼寝させないように頑張ります

ブログ開設をお知らせしたところ,多くの皆さんから激励をいただきました.厚く御礼申し上げます.なかでも移動運用・コンテストにとてもアクティブなhiroさんから「お昼休みの楽しみが増えた.ゆっくり昼寝が出来ない・・・・」と,叱咤激励?をいただきました.ご期待に背かぬよう昼寝をさせないように尽力します.(笑)

Airmobile01さて,プロフィールの画像についてお尋ねがありましたので紹介しておきます.エアーモービルフライト,名古屋空港に向けてフライト,50/430MHzにてQRVしながら箱根上空を飛行中に撮影したものです.画像をクリックしてください.ヘッドセットの老舗,ちょっと高価ですがWのデビットクラーク社のヘッドセットにアマチュア無線用のマイクとスピカーを組み込んで運用.右耳で航空管制や機内の会話を聞きながら,左耳でアマチュア無線を聞いて交信していました.ですからアマチュア無線交信中にも,航空管制を聞き機長とコパイの会話にも参加できました.時々,フライトのアドバイスをしてたりして・・・.単発プロペラ機にもかかわらず関東から高知や高松,広島,大阪八尾,仙台への遠距離フライトでも,機体を置いて帰ることなく無事帰着できています.これがこれまで多くのフライトの「誇り」と考えています.三人のパイロットに感謝!.また,交信の際にはハムログを活用してパソコン入力をしながら運用しています.単発プロペラ機ですから,ジェットコースター並みのアップダウンもありますが大丈夫です.信じられない方もいるようですが・・・. 詳細は次回に・・・

プロフィールの詳細はこちらをクリックしてください.

飛行する小型機の機内からアマチュア無線を楽しむ.その交信局数は3,000局超のエ アーモービルフライトはこちらをクリックしてください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

「秋葉原」凄惨な事件に思う

凄惨な事件が休日を襲った.関東近郊の方ならずとも秋葉原を訪れたことがある方は多いことと思います.私も,「電気製品なら秋葉原がいちばん」と言われた頃からアマチュア無線全盛の時代にはハムショップやパーツショップへ毎週のように足繁く通ったことを思い出した.今も回数は減ったものの時々立ち寄っている.そして,秋葉原へ行けば必ず通るのが中央通り凄惨な事件が発生した交差点だった.その数は何百回かも,アマチュア無線家なら同じように思われた方も多いと思います.誰もが被害者となりうる凶悪犯罪,許せぬ犯罪,凄惨な状況に目を覆いたくなりました.お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします.負傷を負われた方々にお見舞い申し上げます.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

電波法令抄録を予約

Denpahorei2008しばしば,JARL総会の質問者席から「会員には無料配布をしては」との質問が出る電波法令抄録ですが,無線局には最新の「電波関係法令集」の業務関係書類として備え付けが定められています.電波法令抄録2007年版が今月いっぱいで有効期間切れとなります.早速,13日に発売されます「電波法令抄録2008年版」を購入予約しました.皆さんも期限切れにご注意ください.お忘れなく.

JG1KTCの運営するアウト・ドアのWebサイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

オリジナルJARL総会報告発送

Sokai2008kochihoukoku_5 1461名の多くの皆さんよりご委任いただきました.委任状を当方までお届けくださいました皆さんに,JG1KTCオリジナル総会報告(A4サイズ4ページ)を郵便にて順次発送しております.順次発送となりますので到着までに少々お時間を頂戴することをご了解ください.ご委任くださいました皆さん,ありがとうございました.

会員の皆さんに,これからも真実をしっかりとお伝えして参りたいと考えております.噂だけが一人歩きしたり,知らぬ間に噂に踊らされることなどのないようしっかりと自分の目で確認し,会員の皆さんの立場にたって判断し,真実をしっかりとお伝えして将来に存続できるJARLにしたいと考えております.今後も変わらぬご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます.多くの皆様のさらなるお力添えを切にお願い申し上げる次第です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »