理事候補選挙 ご支援ありがとうございました ご注意ください JARLより会員の皆様へのお知らせ!  

◆JARL 2022 通常選挙

JARL全国区域内選出理事候補者選挙立候補


御礼 ご支援ありがとうございました こちらをクリック

 

ご注意ください!

JARLより会員の皆様へのお知らせ

当連盟の一部会員による連盟に対する批判活動について

 

6月18日に、日本アマチュア無線連盟より会員の皆様に、お知らせが発信されました。

20210618001 昨今、当連盟の現執行部に強い不満を抱く一部の会員らが、現執行部を打倒すべく様々な批判的活動を行っております。

現執行部を打倒せんとする思いが強すぎるあまりか、法令違反行為や名誉棄損行為、虚偽の事実を流布する行為等々、行き過ぎた手段に及ぶケースが発生しており、当連盟の外部関係者からもクレームが多数寄せられる事態に陥っております。


法令違反行為等の看過し難い活動については既に弁護士等に相談しながら適切な措置を講じさせていただいており、今後も毅然とした態度で臨む所存であることをここに表明させていただくとともに、彼らの主張の中で特に誤解を与えかねない点につきましては、この場を借りて説明させていただきたいと思います。


JARLより会員の皆様へのお知らせ ➡ こちらをクリック

 

==========================================================================

◆JARL 2022 通常選挙

JARL全国区域内選出理事候補者選挙立候補


多くの皆様よりご支援を賜り心より厚く御礼申し上げます.

選挙管理会から,候補者が定数を超えなかったため,無投票当選の確定について通知をいただきました.

ありがとうございました.

引き続き,会員皆様の満足度向上・会員サービスの更なる充実に努めて尽力します.

こちらをご高覧をお願い申し上げます ➡ クリック

 

批判・反対が改革ではありません!


批判ばかりでは,皆様が快適にアマチュア無線をお楽しみいただくことはできません.

単なる収支バランス改善の名の下に,会員皆様へのサービスのご提供中止や皆様にご不便やご迷惑をおかけすることがあってはなりません.

ワンチーム組織一丸となって建設的な取り組みが必須です.引き続きさらに努めて参ります.

| | コメント (0)

2022年3月31日 (木)

「HAM world(ハムワールド)」2022年5月号発売中!

「HAM world(ハムワールド)」2021年11月号発売中!

 

2022033101 株式会社 電波社 の,アマチュア無線誌「HAM world(ハムワールド)」2022年5月号が発売されています.

今号でも,日本アマチュア無線連盟の活動報告など情報を掲載いただきました.

ありがとうございます.

お手元にお持ちの方も多いかと思いますが,ぜひご高覧いたいただけますと嬉しいです.

引き続き,専門誌をはじめ,テレビ,ラジオ,新聞各紙など各種マスメディアを通して連盟活動を皆様方に広くお伝え出来るように努めて参ります.

◆JARLの最新情報をお届けするJARL NOW!(P.126~p.127)

 

| | コメント (0)

2022年3月27日 (日)

御礼 JARL全国区域内選出理事候補者選挙立候補ご挨拶 JG1KTC 高尾 義則

御礼 皆様よりご支援を賜り厚く御礼申し上げます


JARL 2022 通常選挙 理事候補者選挙


JARL全国区域内選出理事候補者選挙立候補


ご報告 ご支援御礼

多くの皆様よりご支援を賜り心より厚く御礼申し上げます.

選挙管理会から,候補者が定数を超えなかったため,無投票当選の確定について通知をいただきました.

ありがとうございました.

引き続き,会員皆様の満足度向上・会員サービスの更なる充実に努めて尽力します.

 

ご挨拶とご報告はこちらからご高覧をお願いします ➡ こちらから

 

◆収支均衡に向けて財政改善並びに会員数も27年ぶりに増加に転じ2年連続増加に!

◆総務省「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線アドバイザリーボード」に構成員として参画

これまでの実績を基に,皆様のお力をお借りしてワンチームで,会員皆様の満足度向上・会員サービスの更なる充実に努めて組織運営に尽力します

 

Jg1ktc1 皆様には,日頃より格別のご指導ご支援を賜りまして厚く御礼申し上げます.
日本アマチュア無線連盟 会長を務めております JG1KTC 高尾 義則 でございます.

さて私儀,引き続き皆様のお役に立ちたく,会員皆様,理事各位,支部長各位のご推挙をいただき,全国区域内選出理事候補者選挙に立候補いたしました.ご支援を賜りたく,ここにご挨拶を申し上げます.


在任中は,代表理事会長を拝命し,会員皆様主役の組織運営に努め,関係機関や関係の皆々様との連携を密にし,会員皆様 ファーストを念頭に会員皆様の満足度の向上に取り組み,将来を担う方々のご入会など会員増強並びに収支均衡に向けて財政改善(2020年度特定資産取崩19百万円,2021年度はさらに改善)に努めると共に,将来に存続できる組織運営,包括免許など意見・要望を提出し,会員皆様が快適にアマチュア無線をお楽しみいただけるように尽力して参りました.


会長就任後は,長年務めた大学を早期退職し,会長職(無報酬・ボランティア)に専念し全身全霊を捧げて一生懸命に取組んで参りました.


会員皆様がアマチュア無線を快適にお楽しみいただけるよう更に努めて参ります.
批判だけて,会員皆様が快適にアマチュア無線を楽しむことが出来ますか?

単なる収支バランス改善の名の下に,会員皆様へのサービスのご提供中止や皆様にご不便やご迷惑をおかけすることがあってはなりません.組織一丸となった建設的な取り組みが必須です.

反対ノーと言うことが改革ではありません.

皆様の視点に立ったJARL運営,社団法人として秩序ある健全なJARL運営,と将来に存続できるJARLを継続いたします.

引き続き会員皆様ファースト,会員皆様主役の組織運営に努め,会員皆様の満足度の向上,会員サービスの充実に努め組織一丸となり皆様が快適にアマチュア無線をお楽しみいただけるように組織運営に努めて参ります.

これまでの理事活動の実績を基に,何事にも積極的に取り組んで参る所存です.

何卒,お力添えを賜りたくここに謹んでお願い申し上げます.


◎JG1KTCの略歴

 JARLコンテスト委員、アワード委員、 コンテスト審査分科会委員を歴任
 JARL東京都支部監査指導委員として長期間支部運営に携わる
 
2008年~JARL全国選出理事当選 連続7期14
年間
 公益法人改革実務委員、定款・規則等改正審議委員会委員、
 財政・機構検討WGメンバー、財政問題検討WGメンバー、
 会員増強組織強化委員、アマチュア無線フェスティバル実行委員等を歴任、
 
JA1RL運用委員長、会員増強組織強化委員長など
 2014年~副会長
 2016年6月~会長(無報酬) 現在に至る 

  ◎職業等
 学校法人 東邦大学 勤務(JARL会長就任後早期退職)
 医師卒後臨床研修評価機構サーベイヤー(医師研修評価)
 日本アマチュア無線振興協会(JARD)評議員
 公益財団法人 日本無線協会 評議員
 

■JG1KTCの日々の活動報告はこちら

■Facebookでも活動を報告こちらを

 

全国区域内選出理事候補者選挙立候補者
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
   理事・会長 JG1KTC 髙 尾 義 則
 〒143-0014 東京都大田区大森中3-23-7
 Tel/Fax :03-3766-6308 Mailjce01306@mifty.com

| | コメント (0)

2022年3月22日 (火)

JARL会員数が2年連続で前年度比増加!

JARL会員数が2年連続で前年度比増加!

 

2022032203日本アマチュア無線連盟(JARL)の会員数ですが、昨年は27年ぶりに増加、各メディアでお取り上げいただくなどアマチュア無線界の大きなニュースとなりました。

 

その後も引き続き会員増強活動に積極的に取り組み、会員増強企画や各種キャンペーンの継続、関係団体・企業などとの連携強化、さらにアマチュア無線やJARLのPR推進などにより、令和3年度末(令和4年3月7日現在)における会員数が66,076名と前年同期比で288名増となり、2年連続で会員数増加となりました。

 

会員の皆様方をはじめ、関係各位のご支援ご協力の賜物と深謝申し上げます。

引き続き会員皆様の満足度向上、会員サービスの更なる充実に努めて連盟運営に取り組んで参ります。


詳細はこちらをご高覧ください ➡ こちら

| | コメント (0)

2022年3月15日 (火)

「ハムフェア2022」出展参加要項完成 送付開始!

「ハムフェア2022」出展参加要項完成!

 

2022031402 今年のハムフェア(アマチュア無線フェスティバル)2022は、3年ぶりに8月20日(土)21日(日)の開催を予定しています。

 

この度、出展参加要項が完成しましたので、2021年に出展をお申込みをいただきました皆様に発送を開始しました。

 

未着の方、新たにご出展を検討されていらっしゃる方は事務局あてご請求をお願いいたします。

 

ハムフェアのご案内はこちらを ➡ こちら

| | コメント (0)

2022年2月16日 (水)

第39回関東UHFコンテストに雪の山岳から参加!

400局に迫る多くの皆様ナンバー交換TNX!

第39回関東UHFコンテストに雪の山岳から参加!


2022021101 関東地方では今年も2月11日(祝)の建国記念日に39回を数える関東UHFコンテストが開催されました.

コロナ禍,前日から大雪との天気予報に無理は厳禁,今年も自宅からの参加を検討しました.

天気予報の雪雲の動きをみると,前日10日の夜半に埼玉県西部を抜けるのと降雪が少ないとの情報もあり,スノーモード付4WD+スタッドレスタイヤに滑り止めを持参し,埼玉県内へと車を走らせました.

関越自動車道を川越インターで降りて,移動運用のメッカとも言われた「奥武蔵グリーンライン」方面に慎重にハンドルを握りました.

2022021102 「奥武蔵グリーンライン」を顔振峠から,黒山展望台(標高約600m),飯盛峠(標高約770m),苅場坂峠(標高818m),大野峠,白石峠を経由して,堂平山(標高857m)の手前の比企郡ときがわ町剣ヶ峰駐車場(標高約820m)へ,パウダースノーで真っ白の駐車場にはどなたもおりませんでした.

25cm~30cmいやそれ以上の積雪,圧雪し一角をお借りしました.

夜が明けると,眩しい朝日が差し込み,おひさまに感謝です.

2022021103 車内はぽかぽか,装備はいつものお手軽スタイル,早速,車のルーフキャリアにコリニアGPアンテナを差し込んで画像のようにQRV,いつもながらの車内からぬくぬくスタイルでコンテストに参加,積雪のある環境下でのGPアンテナの電波伝播を研究・解析しながら運用を楽しみました・・・.

433MHz帯でCQを出すと,JG1DKJ澤田JARL東京都支部長からコール,「ハムらde無線フェア」の準備を進めていますとのことでした.今からとても楽しみです.

午前9時,コンテスト開始,7N1WJL国立市の小林さんとのナンバー交換を皮切りに6時間コンテストを楽しみました.(17日に小林さんからJARLにQSLカードが届いておりビックリでした.ありがとうございました.)

続いて,JARL東京都監査指導委員長のJA1ISN西田OMからもコールいただきました.元気なお声「移動運用ビックリです」と激励をいただきました.

FMぱるるんの「OMのラウンドQSO」の番組にご出演されているJA1NFQ中島さんからもお声がけいただきました.

30年ぶりにカムバックされたJK1VGN横浜市の野村OM,いつもコンテストにアクティブなJJ1PSM倉田OM,30年も以前にアワード・コンテスト委員会でご一緒させていただいて以来のお付き合いJH1FVE高野OM,フェイスブックでお世話になっているJK1BYI辺見OM,JE1BPO早川OMはじめ多くの皆様,いつもQSLカードを直接届けていただくJI1SAZ渡辺OM,JARL東京都支部の委員として長くご活躍されたJI1TYY橘OM,学生時代が懐かしいJE1BBV三田OM,JARL関東地方本部長H1LWP島田OM,7M3HYT伊藤OM,墨田ウエーブACやACCでお世話になっているJA1IQK田場OMやJA1CTX木原OMの元気なお声にパワーをいただきました.

「The Expedition Award」に挑戦いただいている7K3QUX木村OM,7M1VUE木村OMは親子で参加とのこと,JI1BIF横浜市の相馬OMら多くの皆様から「ラジオ聴いてますよ!」との激励も頂戴しました.

デルタループアンテナでお世話になっているJA1CP入谷OM,オリパラ記念局「JA1TOKYO」の運用でもご活躍いただいたJA1FAS植草YLからも,いつもお世話になっているCQ出版社「CQ ham radio誌」編集部のJI1NME鈴木YLからもコールいただきました.

昨年,HNKのニュース報道番組「ニュースシブ5時」のアマチュア無線特集の制作にご協力いただいたJL1JAH野口OMからもお声がけいただきました.

沢山の感動,ご紹介できなかった皆様,ごめんなさい!

久々,6時間フルオペレーション,430MHzで377局,1200MHzで15局,計400局に迫る大変多くの皆様方と交信を楽しむことが出来ました.

いつも,移動運用を楽しむハムの日「ペディション・デー」ご参加いただいているJL1GHM高木OMとの交信を最後にQRTしました.

今年も,本年に入って初めての交信の方とは新年(旧正月?)のごあいさつ,コンテスト中の交信ですが短い無線談議?をしながらナンバー交換させていただきました.

開局されたばかりのニューカマーハムの方も多数,エアーモービル以来久しぶりに交信いただいた方も多数,28年30年ぶりなどカムバックされた方も多数,ついついお帰りなさいと申し上げてしまいました.

WAKAMONOアマチュア無線イベントに参加された方との交信,青少年お試し入会で入会された方との交信,JARLのアマチュア無線ラジオ情報番組「Radio JARL.com」を聴いていただいている皆様,メッセージもありがとうございました.

表彰制度を新設し開始した10年ごとの「会員在籍表彰」について,コンテストの賞状もいただきましたとの喜びの声も,JARL運営への評価もいただき,引き続きの激励も多数頂戴しました.皆様,ありがとうございました.

GPアンテナ1本のお手軽スタイルですが「標高というタワーの威力は絶大」を実感することが出来ました.移動運用でまた多くの感動に出会うことができました.

交信いただきました皆様,ありがとうございました.

交信に至らなかった皆様,申し訳ありません.次回ぜひ交信をお願いいたします.

皆様,寒い日か続いております.コロナ禍でもあり,お身体ご自愛ください.春がそこまで来ています!

| | コメント (0)

2022年2月13日 (日)

JARL全国区域内選出理事候補者選挙立候補ご挨拶 JG1KTC 高尾 義則

JARL 2022 通常選挙 理事候補者選挙


JARL全国区域内選出理事候補者選挙立候補ご挨拶

 

こちらをご高覧をお願いします ➡ こちらから

 

◆収支均衡に向けて財政改善並びに会員数も27年ぶりに増加に転じ2年連続増加に!

◆総務省「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線アドバイザリーボード」に構成員として参画

これまでの実績を基に,皆様のお力をお借りしてワンチームで,会員皆様の満足度向上・会員サービスの更なる充実に努めて組織運営に尽力します

 

Jg1ktc1 皆様には,日頃より格別のご指導ご支援を賜りまして厚く御礼申し上げます.
日本アマチュア無線連盟 会長を務めております JG1KTC 高尾 義則 でございます.

さて私儀,引き続き皆様のお役に立ちたく,会員皆様,理事各位,支部長各位のご推挙をいただき,全国区域内選出理事候補者選挙に立候補いたしました.ご支援を賜りたく,ここにご挨拶を申し上げます.

在任中は,代表理事会長を拝命し,会員皆様主役の組織運営に努め,関係機関や関係の皆々様との連携を密にし,会員皆様 ファーストを念頭に会員皆様の満足度の向上に取り組み,将来を担う方々のご入会など会員増強並びに収支均衡に向けて財政改善(2020年度特定資産取崩19百万円,2021年度はさらに改善)に努めると共に,将来に存続できる組織運営,包括免許など意見・要望を提出し,会員皆様が快適にアマチュア無線をお楽しみいただけるように尽力して参りました.

会長就任後は,長年務めた大学を早期退職し,会長職(無報酬・ボランティア)に専念し全身全霊を捧げて一生懸命に取組んで参りました.

会員皆様がアマチュア無線を快適にお楽しみいただけるよう更に努めて参ります.批判だけて,会員皆様が快適にアマチュア無線を楽しむことが出来ますか?

単なる収支バランス改善の名の下に,会員皆様へのサービスのご提供中止や皆様にご不便やご迷惑をおかけすることがあってはなりません.組織一丸となった建設的な取り組みが必須です.

反対ノーと言うことが改革ではありません.

皆様の視点に立ったJARL運営,社団法人として秩序ある健全なJARL運営,と将来に存続できるJARLを継続いたします.

引き続き会員皆様ファースト,会員皆様主役の組織運営に努め,会員皆様の満足度の向上,会員サービスの充実に努め組織一丸となり皆様が快適にアマチュア無線をお楽しみいただけるように組織運営に努めて参ります.

これまでの理事活動の実績を基に,何事にも積極的に取り組んで参る所存です.

何卒,お力添えを賜りたくここに謹んでお願い申し上げます.


◎JG1KTCの略歴

 JARLコンテスト委員、アワード委員、 コンテスト審査分科会委員を歴任
 JARL東京都支部監査指導委員として長期間支部運営に携わる
 
2008年~JARL全国選出理事当選 連続7期14
年間
 公益法人改革実務委員、定款・規則等改正審議委員会委員、
 財政・機構検討WGメンバー、財政問題検討WGメンバー、
 会員増強組織強化委員、アマチュア無線フェスティバル実行委員等を歴任、
 
JA1RL運用委員長、会員増強組織強化委員長、
 2014年~副会長
 2016年6月~会長(無報酬) 現在に至る 

  ◎職業等
 学校法人 東邦大学 勤務(JARL会長就任後早期退職)
 医師卒後臨床研修評価機構サーベイヤー(医師研修評価)
 日本アマチュア無線振興協会(JARD)評議員
 公益財団法人 日本無線協会 評議員
 

■JG1KTCの日々の活動報告はこちら

■Facebookでも活動を報告こちらを

 

全国区域内選出理事候補者選挙立候補者
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
   理事・会長 JG1KTC 髙 尾 義 則
 〒143-0014 東京都大田区大森中3-23-7
 Tel/Fax :03-3766-6308 Mailjce01306@mifty.com

| | コメント (0)

2022年2月 1日 (火)

総務省「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線アドバイザリーボード」開催!

JARLから会長JG1KTC高尾義則が参画!

総務省「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線アドバイザリーボード」開催!


1月26日,総務省は,ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線に係る制度・環境等の実現に向けての助言・提言を有識者から得ることを目的として「ワイヤレス人材育成のためのアマチュア無線アドバイザリーボード」の開催を発表しました.


同アドバイザリーボードに,日本アマチュア無線連盟から会長JG1KTC髙尾義則が構成員として参画しております.ご報告申し上げます.

 

総務省の発表はこちら ➡ クリック

 

hamlife.jpさんのWEBはこちら ➡ クリック

| | コメント (0)

2022年1月30日 (日)

ウエムラスピリット 8J1NAOMI 植村直己さん生誕80周年記念特別局開局!

ウエムラスピリット!

8J1NAOMI 植村直己さん生誕80周年記念特別局開局!

 

2022012903 1月29日、東京都板橋区の 植村記念財団 植村冒険館に、日本を代表する世界的冒険家 植村 直己さんの生誕80周年記念特別局 8J1NAOMI が開局しました。おめでとうございます。

 

植村 直己さんは、東京都板橋区在住 JG1QFW のコールサインをお持ちのアマチュア無線家でした。

 

20220129001 開局セレモニーに出席、免許状をお渡しし、ご祝辞を申し上げ7MHz帯をオペレートさせていただきました。

 

7MHz帯にて、JH8ZGZ 植村直己帯広野外学校アマチュア無線クラブ(JE8JSX 坂森 勉 会長)との交信を皮切りに、7/144/430MHz帯にて運用を開始しました。

 

体験局や移動運用も行われる予定です。植村直己さんの、夢に向かって何事にもひたむきに一生懸命な姿勢は今も世界の人々に愛され続けています。そんな「ウエムラスピリット」は挑戦することの素晴らしさを教えてくれます。

 

20220129003 サポートいただきましたJARL東京都支部(JG1DKJ 澤田 倉吉 支部長)の皆様ありがとうございました。

 

 

日本アマチュア無線連盟の報告はこちらを ➡ クリック

植村冒険館はこちら ➡ クリック

| | コメント (0)

2022年1月19日 (水)

ご協力のお願い トンガ王国の火山噴火災害関連非常通信に備えて

ご協力のお願い!

「トンガ王国の火山噴火災害関連非常通信に備えて」

 

日本アマチュア無線連盟では、下記のとおり「トンガ王国の火山噴火災害関連非常通信に備えて」のお願いを発出しております。


皆様、非常通信周波数周辺での運用にあたっては十分にご注意いただきますようお願いたします。

 

◆日本アマチュア無線連盟が発出しておりますお願い

トンガの火山噴火災害に伴う非常通信がおこなわれる可能性がありますので、 IARU第3地域の非常通信周波数(3.600 MHz, 7.110 MHz, 14.300 MHz, 18.160 MHz, 21.360 kHz)周辺での運用にあたっては、十分にご注意いただきますようお願いいたします。

 

追記 会員皆様にお届けしましたメールマガジンでもご案内させていただきました。皆様ご協力をお願いいたします。

| | コメント (0)

2022年1月17日 (月)

遭難船舶の人命救助に貢献した会員を日本アマチュア無線連盟が表彰!

 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟
 遭難船舶の人命救助に貢献した会員を連盟表彰!

 表彰式に泉田裕彦衆議院議員が出席し祝福

 

2022011501 2022年1月15日、人命救助活動に貢献された新潟県支部(JR0BAT 小川 忍 支部長)所属の JE0WYH 竹内氏、JJ0SYY 山鳥氏の表彰に新潟県長岡市にお伺いしました。
(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

新潟県長岡市のアトリウム長岡にて開催されたJARL新潟県支部「令和3年度第2回新潟県支部クラブ代表者会議」の席上、表彰状を贈呈いたしました。人命救助にあたられたお二人に深く敬意を表します。

2022011504 当日は、パイルアップをさばく国会議員として知られているJARL会員の 泉田 裕彦 衆議院議員(国土交通大臣政務官、内閣府大臣政務官、復興大臣政務官)もお祝いに駆けつけてくださり、お祝いのお言葉をいただきました。御多忙な中、ありがとうございました。

 

なお、日本アマチュア無線連盟では、昨年8月21日に新潟県日本海沖で発生した船舶遭難事故の際に、アマチュア無線を通じて人命救助に貢献した3名(宮城県支部所属JL7RKY 桜井幸夫氏、新潟県支部所属JE0WYH 竹内崇臣氏、新潟県支部所属JJ0SYY 山鳥和彦氏)にその功績を讃えて「連盟表彰」を機関決定しております。

詳細はこちらを ➡ 遭難船舶の人命救助に貢献した会員を連盟表彰!

hamlife.jpさんでもご紹介いただきました ➡ こちらを

 

| | コメント (0)

2022年1月 4日 (火)

JARL中央局「JA1RL」が QSOパーティに参加!

ナンバー交換ありがとうございました!

JARL中央局「JA1RL」が QSOパーティに参加!

 

2022010301 1月3日、JARL中央局「JA1RL」が東京都豊島区大塚のJARL本部からQSOパーティに参加しました。

 

午前10時過ぎから運用を開始、3.5MHz帯~1200MHz帯にQRV、18時頃まで1,300局を超える多くの方々とナンバー交換、新年のご挨拶を交わしました。

 

私も運用委員としてオペレート、7MHz帯並びに430MHz帯にQRV,約240局の方々とナンバー交換、新年のご挨拶を申し上げました。皆様、ありがとうございました。

 

7MHz帯では、コンディションと都市ノイズに悩まされながらの運用、コールいただきましたが交信に至らない状況もありました。何卒お許し願います。

 

詳細はこちらをご覧ください ➡ JARL中央局「JA1RL」が QSOパーティに参加!

| | コメント (0)

2022年1月 3日 (月)

伊豆半島からQSOパーティに参加!

皆様 ナンバー交換ありがとうございました!

伊豆半島からQSOパーティ参加!

 

皆様、QSOパーティはいかがでしたか? 

 

2022010206 1月2日、私は箱根駅伝と一緒?に伊豆箱根方面へ。画像のようなお手軽移動運用スタイルにてQSOパーティに参加しました。
霊峰富士山は、恥ずかしがって?隠れていました。

 

2022010207 144MHz帯にて、14時過ぎから20時過ぎまで、途中休憩を挟んで、200局を超える皆様方に新年のご挨拶を申し上げることが出来ました。皆様、交信ありがとうございました。

 

430MHz帯はバンド内がとても賑わっており、空き周波数を見つけることが出来ませんでした。

 

QSLカードは、9日にビューローに発送しました。

| | コメント (0)

2022年1月 2日 (日)

今年も自宅から箱根駅伝を応援!

今年も自宅から箱根駅伝を応援!

2022010201
例年、箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)を自宅近くの大森梅屋敷,第一京浜国道沿道から応援しておりました。


今年も主催の関東学生陸上競技連盟並びに日本デレビ画面で自宅で応援・観戦とのメッセージが発信されましたので、自宅でテレビ放送を見ながら応援しています。(画像は日本テレビの放送より:Tnx)


今年も、上空ではヘリがホバリングしながら日本テレビ放送網の生中継を支えていました。

2022010203
自宅から機体を激写を試みましたが残念!

写真は、生中継を支える2機の日本テレビの報道取材用ヘリコプター。


往路、復路、今年はどんな感動が待っているのでしょうか。

主催者並びに関係の皆様、運営スタッフの皆様、中継スタップの皆様、に感謝です。


東京箱根間往復大学駅伝競走公式サイトはこちら

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

謹賀新年 本年もよろしくお願い申し上げます 

 謹 賀 新 年


20220101001 旧年中はたいへんお世話になりありがとうございました。

 本年もよろしくお願い申し上げます。

引き続き、会員皆様の視点に立った組織運営、満足度の向上、魅力ある組織、財政改善、皆様が快適にアマチュア無線をお楽しみいただけるように全身全霊を捧げて努めます。

倍旧のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

JARL会長挨拶はこちらをご高覧ください。

クリック ➡ 会長挨拶


2022年 元旦 JG1KTC 高 尾 義 則

 

| | コメント (0)

2021年12月31日 (金)

お知らせ 生放送!新春特別番組「朝までぱるるん2022」に出演!

生放送!新春特別番組「朝までぱるるん2022」

JG1KTCも生出演させていだたきます!


20190101-radiojarl_20211231221001 日本アマチュア無線連盟のラジオ情報番組「Radio JARL.com」(ラジオ・ジャール・ドット コム)の番組制作にご協力いただいております茨城県水戸市のコミュニティ放送局「FMぱるるん」(水戸コミュニティ放送株式会社、JOZZ3AN-FM、76.2MHz)では、毎年元旦の早朝午前1時から6時まで、全国のアマチュア無線家の皆様向けに新春特別番組「朝までぱるるん2022」を生放送いたます。
(画像はJARLのラジオ情報番組「Radio JARL.com」収録の様子)


令和4年1月1日午前1時から午前6時までの5時間の生放送、パーソナリティは演歌歌手の JI1BTL 水田かおり さん、
アマチュア無線家やアマチュア無線関係者の皆様に電話を通じてインタビューを生放送いたします。


放送はインターネット経由でリッスンラジオ並びにサイマルラジオでリアルタイムでお聴きいただけます。


hamlife.jpさんのWebサイトでも聴き方などをご案内いただいております。


hamlife.jpさんのお知らせはこちらを ➡ 朝までぱるるん2022


皆様、是非お聴きください。

 

| | コメント (0)

QSOパーティは1月2日から7日まで開催 6日間連続参加してお年玉プレゼントをゲットしょう!

QSOパーティは1月2日から7日まで開催

6日間連続参加してお年玉プレゼントをゲットしょう!


20220102001_20211231091601 昨年からQSOパーティの開催期間が1月2日午前9時から1月7日21時までに延長しています。

開催期間の延長、お一人でも多くの方に6日間連続参加いただきたく、今年もお年玉特別企画として、6日間連続してご参加いただいたJARL会員の局へ抽選で下記の記念品等がプレゼントされます。

◆ ハンディトランシーバー : 3台
◆ JARLオリジナル手ぬぐい : 100名

6日間、毎日異なる1局以上と交信し、合計20局との交信を達成された方は、ログシートに異なる局と交信された6日間の交信記録を記入して書類を提出してください。
忘れずにサマリーシートの 「意見欄」に「連続日交信」と記入してください。

ぜひ6日間連続で参加してみませんか!

QSOパーティのご案内・規約はこちらから

| | コメント (0)

2021年のJARL活動などアマチュア無線界を総括!

2021年のJARL活動などアマチュア無線界を総括!

2021年もたいへんお世話になりました。快適にアマチュア無線をお楽しみいただけますように積極的に連盟運営に取り組み活動させていただくことが出来ました。皆様のご支援の賜物、心より厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

2021年の日本アマチュア無線連盟の活動やアマチュア無線界の動向を時系列に総括しました。

2021年は、記録と記憶に残る日本アマチュア無線連盟並びにアマチュア無線界にとってとても大きな1年となりました。


1月:QSOパーティの開催期間を6日間に延長!

2月:「アマチュア無線の社会貢献活動での活用」について総務省から意見募集結果が公表される


3月
:27年ぶりにJARL会員数が前年比で574名増加

アマチュア無線の社会貢献活動並びに中学生のアマチュア無線の体験機会拡大の制度の見直しが3月10日電波法施行規則等の関係省令や告示等の改正が公布・施行される

新スプリアス移行期限の延長についての意見募集


4月
:初のキャッシュバックキャンペーン JARLフレンドリーショップ会員ありがとうキャンペーン!


5月
:東京2020オリンピック・パラリンピックの特別コールサイン(8J#OLYMPIC)PR局の運用開始


6月
:複数のメディアでアマチュア無線が取り上げられる。

ニュース・報道番組の「newsイット!」(フジテレビ系列)に出演、番組制作に協力、日本経済新聞、産経新聞


7月
:東京2020オリンピック・パラリンピック記念局(JA1TOKYO)の開局運用


8月
:コロナ禍のため新スプリアス規格への移行期限が「当分の間」と延長された


9月
:ハムフェア2021を新型コロナウイルス感染症の感染並びに感染拡大防止のため開催中止


10月
:国際防災デーで福島県郡山市から通信訓練に参加

NHKの情報番組「ニュース シブ5時」でアマチュア無線の特集を放送。番組制作に協力!


11月
:一般社団法人への移行後10年を記念し10年単位の「会員在籍表彰」を開始

「アマチュア無線の社会貢献活動での活用のガイドライン」を掲載。

| | コメント (0)

2021年12月30日 (木)

「JARL NEWS」2022年冬号(新年号)を刊行!

「JARL NEWS」2022年冬号(新年号)を刊行!


2021123001 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)の機関紙「JARL NEWS」2022年冬号(新年号)が我が家にも到着しました。(画像は冬号の表紙:クリックすると拡大します)

皆様のお手元にも届きましたでしょうか?
併せて「JARL NEWS」2022年冬号の電子版も公開しております。

紙面8ページのQTCでは、JG1KTC 高尾 義則 の年頭のご挨拶「アマチュア無線界のさらなる飛躍を!」掲載しております。ぜひともご一読いただけますと嬉しいです。

2021123002 特集カラーページでは「アマチュア無線フェスティバル・ハムフェア45年の歴史を振り返る」と題して、ハムフェアの歴史をP.47から8ページにわたって掲載しています。

残念ながら、2020年2021年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため開催を見合わせました。多くの皆様より開催をとのお声もたくさん頂戴しておりました。

2022年は、ハムフェアを心待ちにされておられる方々のために、安心・安全の措置を講じた上で、ぜひとも開催したいと考えております。無事開催できることを願って、待ちきれないお気持ちでいっぱいの皆様方のために特集を組ませていただきました。

ハムフェア前史では、1975年1976年に開催された「全日本ハムペンション」を、1977年からは東京国際貿易センター(晴海)にてハムフェアを開催、1996年には東京ビッグサイトに会場を移して開催となり、1999年から3年間はパシフィコ横浜にて開催いたしました。

ハムフェアでは、大変人気の高い記念局がQRVしておりますが、発行されたQSLカードを「記念局QSLカードコレクション」と題して一挙掲載しております。

ハムフェアの歴史や発展の様子など、たいへん貴重な内容構成となっていますのでぜひご高覧いただけますでしょうか。

10ページの「JARL Express」JARLの事業等の近況報告誌面では、JARLも番組制作に協力したNHKの報道・情報テレビ番組「ニュース・シブ5時」の特集「人気再燃!?アマチュア無線」の制作の詳細等を掲載させていただきました。

2021123003 さらに、アマチュア無線の社会貢献活動での活用におけるガイドライン制定、国際防災デーに伴う通信訓練に参画、新法人移行後の会員の皆様の在籍年数による会員表彰開始についてなどを掲載しております。

会員の皆様の表彰につきましては、リーフレットを同封して、Webからのダウンロードの方法並びに表彰状+フレームの頒布についてもご案内させていただきました。ぜひご活用いただけますと嬉しいです。


その他 アマチュア無線を次世代を担う青少年に広げよう(総務省リーフレットご紹介)第51回6m.AND.DOWNコンテスト入賞局発表 第64回フィールドデーコンテスト入賞局発表 2022.IARU.HF.World.Championshipコンテストへの連盟本部局(HQ局)の公募 ハムフェア2022.開催要項ご案内 アワード(国土地協会2022年カレンダー全2021123004 国市町村マップ発行、JARL発行府ワードの電子申請ご案内など) 第18回国際アマチュア無線連合第3地域総会がリモート会合で開催報告 JARLインフォメーション(第56回・第57回理事会報告など) ◆JARDインフォメーション ボーイスカウト日本連盟のアマチュア無線体験プログラムをJARLが支援 第53回東海ハムの祭典開催報告 東京都・神奈川県支部合同アウトドアミーティング2021in八王子開催報告 地方総合通信局規正局とJARLアマチュアガイダンス局の連携運用報告 アマチュア無線の世界で広がる青少年育成への取り組み 青少年お試し入会キャンペーンのご案内 ご活用ください現在実施中の各種キャンペーン等のご案内 会員の皆様へのお得なクーポン(ケーズデンキ) 地方だより(各地の行事やイベント) 地方で開催されたコンテスト結果 クラブニュース/QSP ARISSスクールコンタクト報告(ボーイスカウト小野第1団)通信と未来へ!KDDIミュージアムなどなど、今号も盛りだくさんな内容となっています。

ぜひともご高覧くださいますようお願い申し上げます。

hamlife.jpさんでもご紹介・ご案内をいただきました。ありがとうございました。

◎現在、日本アマチュア無線連盟では、会員皆様に次のような情報発信を行っております。
機関誌「JARL NEWS」を3ヶ月毎に発行(年間4回)しております。それを補完するために、毎月、アマチュア無線専門月刊誌「CQ ham radio 誌」に日本アマチュア無線連盟編集のページFROM J.A.R.L.(JARL情報16ページ)に情報を掲載、隔月発行の「ハムワールド誌」のJARL NEW誌面にて活動報告など情報を掲載、JARLメールマガジンを毎月2回(5日と20日)発行しております。
さらに、毎週日曜日の午後9時から30分間、ラジオ情報番組「Radio JARL.com」(ラジオ・ジャール・ドット・コム)の放送にて情報をお届けしております。
見て聴いて、目と耳で、日本アマチュア無線連盟の各種情報をご入手いただきアマチュア無線を快適にお楽しみいただけますように努めて参ります。

 

===============================================
 JARLのラジオ情報番組“Radio JARL.com”放送中!
 毎週日曜日21:00~21:30/FMぱるるん76.2MHz
 インターネットのサイマルラジオ並びにリッスンラジオで
 同時配信.パソコンでお聴きいただけます。
 バックナンバーなど番組ホームページはこちらから
===============================================

| | コメント (0)

2021年12月23日 (木)

CQ ham radio 誌 2022年1月号発売中!

CQ ham radio 誌 2022年1月号発売中!


Cq20220101 年の瀬を慌ただしくお過ごしのことと思います。寒さ厳しく大雪など荒れた天候となり本格的な冬の到来となりました。皆様のお住まいの地域はいかがでしょうか。暖かくして風邪などひかぬようにお身体ご自愛のほどお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の新たな変異株「オミクロン株」の市中感染が確認されるなど心配が増幅してきました。健康にかかわる重要なことですのでソーシャルディスタンスの確保など、初心に戻って取り組んで参りましょう。

さて、CQ ham radio 誌 通巻906号 2022年1月号が発売になりました。
すでにお手元にお持ちの方もいらっしゃるかと思いますがご案内させていただきます。


◎2022年1月号新年号の特集・誌面は

今月の特集は「2022年のアマチュア無線、コロナ禍でもハムを楽しもう!」と題して、サイクル25に突入した2022年はHF帯の電波伝搬を楽しもうと題して、今後の太陽活動とコンディション予想や,さらにサイクル25で期待できるバンド・モードについて紹介していのます。

そして新たな年におススメのアマチュア無線の楽しみ方、人気のデジタルモードFT8運用はもちろん,コロナ禍で人気沸騰のソロキャンプ・一人で楽しむキャンプ&無線など,新たな提案を紹介しています。
ぜひ記事を参考にしていただき、2022年の目標を立てて引き続きアマチュア無線をエンジョイしませんか。

密を回避した遠征受信で大満足!~フィールド受信で楽しむBCL アフターコロナの遠征記~ D-STAR最新事情と楽しみを広げるヒント~2022年のD-STAR にぎわうデジタル音声通信ネットワーク~2022年のC4FM&WIRES-X 技術進歩がもたらすHF機の未来~HF用ファイナルアンプの今後を考える 海外交信の手段が増えた今だから~2022年は英語力を磨こう! 米国におけるHFアクティビティーと2022年の期待感~ニューヨークから見た空模様 ハムと社会の繋がりを考える~アマチュア無線の防災等での社会貢献とSDGs など、エキスパートの方々が執筆されております。

さらにトピックス、ユーザー・レポート、テクニカルセクション、DX WORLD、連載など、新連載も登場し盛りだくさんの誌面構成となっております。ぜひ参考にしていただきアマチュア無線をエンジョイしてください。

◎FROM J.A.R.L.(JARL情報)ピンク色のページ
日本アマチュア無線連盟にて編集しておりますピンク色の16ページの誌面では、2022年に75回目の開催となるQSOパーティをご案内させていただきました。

20220102001 電波の上で新年のご挨拶を交わすQSOパーティ、2021年から1月2日から7日までの6日間に開催期間を延長いたしました。その歴史も誌面にて紹介しております。
ステッカーと12支達成で記念楯の頒布は1974年から始まり、1990年には開催期間を1日間から、2日の午前9時から3日の21時までに延長、当時、私も委員として期間延長を審議いたしました。2021年からは、さらに多くの皆さんにご参加いただきたく6日間に開催期間を延長するに至っております。


さらに、12支達成された方への記念楯の頒布ですが、2021年から新たに、2巡目3巡目4巡目を達成された方には、金・銀・銅の記念楯の贈呈も開始いたしました。


そしてもう一つ、開催期間中の6日間を連続でご参加いただいた皆さんには、抽選でオリジナル手ぬぐいや最新ハンディトランシーバのお年玉プレゼント「お年玉特別企画」を2022年もご用意しました。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

また、JARLは2021年11月1日に新法人に移行して10周年を迎えました。新法人に移行後、連続して正員として在籍されアマチュア無線の向上と連盟事業の発展に寄与された会員の皆様を表彰させていただくことと致しました。表彰についてもご案内させていただきました。

さらに「2022 IARU HF World Championship」コンテストの連盟本部局(HQ局)の公募について、入会者をご紹介いただいたJARL会員の方々ににQUOカードをプレゼント、さらに抽選で最新ハンディトランシーバが当たる「入会金無料キャンペーン」のご案内、KDDIミュージアムのご案内、あのときJARLは~昭和の自体とアマチュア無線~、ニューカマー&お試し入会キャンペーンのご案内、各地の行事カレンダー、各地域のイベントなどをご案内させていただいております。
ぜひご高覧いただけますと嬉しいです。

◎別冊付録は
1月号の別冊付録は、毎年好評の「ハム手帳(HAM NOTEBOOK)」です。カバンに入れて持ち歩いて便利に使えるアマチュア無線家向けの情報が満載のスケジュール帳です。バンドプラン、DXCCエンティティー、JCC/JCGリスト、欧文・和文通話表などなども掲載しています。
2022年も「ハム手帳」をお傍に、一緒に過ごしてみませんか。

◎1月号の「新移動運用セミナー」誌面は (P.230~P.231)
担当させていただいております「新 移動運用セミナー」誌面、2022年も当コラムを担当させていただきます。移動運用でアマチュア無線を盛り上げて行きたいと考えます。倍旧のご指導ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

屋外へ出るのがおっくうになるこの季節、でも寒い季節には寒い季節だけの魅力もいっぱいあります。装備はしっかり冬装備、無理せずに余裕をもった計画で、安全第一を念頭に応答率がアップする移動運用を楽しんでください。

◆アウト・ドア・インフォメーション「QSOパーティで移動はじめ!」
2022年も,電波のうえで新年のご挨拶を交わすQSOパーティ(JARL主催)が1月2日~7日に開催されます。参加しやすくなったQSOパーティ、さらに開催期間中の6日間を連続で参加された方には抽選でプレゼントも。
2022年は移動先から新年のご挨拶を交わしませんか。標高というタワーの威力は絶大、ロケーションの良い運用ポイントや珍市珍郡などに移動して参加はいかがでしょうか。移動運用でのご参加をご案内させていただきました。

◆ありがとうコール移動運用報告!
1年間交信していただいた各局や、安全に移動運用が楽しめたことなどいろいろな出来事に感謝して、各地で移動運用を愛好される方々による「ありがとうコールの移動運」が行われました。報告を紹介させていただきました。


◎移動運用の冬装備 安全を願って! 
冬用タイヤで安全を確保して移動運用を楽しみましょう!
Cq20220102 寒い季節の移動運用も車を活用すれば手軽にそして快適に楽しむことが出来ます。寒いと億劫になりがちですが楽しまれている方も少なくありません。年末大売り出し、カーショップでは「クルマの冬装備」と銘打って各社の冬用タイヤや滑り止め装置の展示特価販売が行われています。
寒い季節には移動運用には行かないからと夏タイヤのままという方も少なくありませんが、四季を通して多発している車のトラブルの中でタイヤ関係トラブルは第2位と上位に位置しています。

2021winter筆者の長年の寒い季節の移動運用の経験を基に、冬用タイヤ選択の際の注意点などを執筆させていただきました。
ぜひ参考にしていただき、冬用タイヤの装着と滑り止め装置の携帯、安心装備で応答率のアップする寒い季節の移動運用を楽しんでいただけますと嬉しいです。

ひとことコーナーでは、愛好される皆さんのコメント等を紹介させていただきました。

 

========================================================
 JARLのラジオ情報番組“Radio JARL.com”放送中!
 毎週日曜日21:00~21:30/FMぱるるん76.2MHz
 インターネットのサイマルラジオ並びにリッスンラジオ
 同時配信.パソコンでお聴きいただけます。
 バックナンバーなど番組ホームページは こちらから
========================================================

| | コメント (0)

2021年12月13日 (月)

無線局免許申請書等の様式が改正されました! 

1年間は旧様式にて申請可能!

無線局免許申請書等の様式が改正されました 


総務省より、令和3年12月10日に無線局手続規則で定められている無線局免許申請書等の様
式改正の発表がありました。

JARLでは1年間の猶予、これまで使用しておりました様式の使用についてお願いして参りました。

なお、アマチュア局関係の変更点については下記のとおりです。申請の際にはご注意をお願いいたします。

 

◎電波利用 電子申請・届出システムLiteを利用した場合は、これまでと変更ありません。(システム側で対応)

◎これまで使用してきた様式も1年間(令和4年12月9日まで)使用可能です。改正前の申請書等の様式を使用して申請をおこなう場合には下記の事項を追記ください。


 ※「欠格事由」
の箇所に手書きで「処分歴なし」と記入いただき提出ください

 ※ 令和4年12月10日からは改正前の申請書等の様式は使用できません

 

◆令和3年12月10日に改正された無線局免許申請書等の新様式はこちらを

  クリック ➡ 総務省電波利用ホームページ

 

| | コメント (0)

«JARL入会金無料キャンペーン開催中!